きっと あなたと・・・

 ヒャッ・・・。 風の冷たさに、おっととです。

 天候も下り坂のようです。
 

 明日は、「昭和の日」祝日です。 でも、昭和も遠くになりましたね。




 元ローマ教皇2人が「聖人」に・・・バチカンで列聖式

・ ローマ法王フランシスコは27日、バチカンのサンピエトロ広場で、2人の元ローマ法王・・・故ヨハネ・パウロ2世(在位1978〜2005年)と故ヨハネ23世(同1958〜63年)の2人を「聖人」と認定する列聖式を開きました。

   列聖式2

・ 列聖式には信者ら約50万人が出席し、前法王のベネディクト16世やヨハネ・パウロ2世の「奇跡」で病気が治癒したとされるキリスト教カトリック信徒らも参列しました。

・ 聖人になるには死後に引き起こした奇跡の認定が必要です。 ヨハネ・パウロ2世の場合、フランス人修道女、マリー・シモン・ピエール・ノルマンさん(53)の若年性パーキンソン病と、コスタリカ人女性のフロリベス・モラ・ディアスさん(50)の脳動脈瘤(りゅう)の治癒が奇跡と認められた。

・ ディアスさんは医師から「手の施しようがない」と言われたが、2011年、ヨハネ・パウロ2世を「聖人」の前段階である「福者」とする式典のテレビ中継を見た後、病状が劇的に改善したといいます。

・ ディアスさんは列聖式前、バチカンで記者会見し、「『立ち上がりなさい。恐れるな』と励ますヨハネ・パウロ2世の声を聞いた」と語っています。

・ ヨハネ・パウロ2世の奇跡認定作業に参加したイタリア人神経科医のカルロ・ヨビネ氏(59)は「神秘はある。 信じる者は奇跡に神の意思を見いだすのだ」と主張しています。

・ 一方、宗教から距離を置くイタリアの市民団体「無神論者・不可知論者連合」のラファエレ・カルカノ書記長(47)は、カトリックの「奇跡」を「自然・物理の法則の侵害」と指摘します。 「教会は人間の神聖さを超自然的な事象の認知に求めてきた。 奇跡をなくしたら聖人がいなくなってしまう。 教会は奇跡を必要としている」と分析しています。




  神の奇跡は、信じることから・・・でしょうか。
 

  キューピット  愛の奇跡も・・・まずは、愛することからです。 

  『立ち上がりなさい。恐れるな』  愛は惜しみなく・・・です。 ハイ  




           女性シルエット

         愛が生まれて そして 息絶えるまで
        時間はどのくらい ?
        もいちど 巡り会いたい 生まれ変わったあとも
        きっと あなたと・・・

        夜中のテレビでは 哀しいニュースばかり
        最後まで この指を 離さずにいてね
        少しずつ 少しずつ 夜は流れ
        眠れずに 眠れずに あなたを想う

        今すぐ会いにゆきたい 夢中になれる時は短かすぎて
        本当は大切なこと 何も告げずに
        別れてしまう気がして

        わかってる ふりをする 自分を壊したい
        ときどきは 泣かせてね 少女みたいにね
        少しずつ 少しずつ 朝を待って
        いつの日か いつの日か 孤独を知るの

        愛が生まれて そして 息絶えるまで
        時間はどのくらい ?
        もいちど 巡り会いたい 生まれ変わったあとも
        きっと あなたと・・・

        少しずつ 少しずつ 朝を待って
        いつの日か いつの日か 孤独を知るの

        今すぐ会いにゆきたい 夢中になれる時は短かすぎて
        本当は大切なこと 何も告げずに
        別れてしまう気がして

        愛が生まれて 息絶えるまで
        時間はどのくらい ?
        もいちど 巡り会いたい 生まれ変わったあとも
        きっと あなたと・・・


               

               ハート型のクローバー


      時は短かすぎて・・・時間はどのくらい ? 



 世界最大のブルーダイヤ・・・来月競売へ

・ 競売大手クリスティーズは、5月に世界最大のブルーダイヤモンド(13.22カラット)のリングを競売にかけることを発表しました。 出品者の氏名は明らかにされていません。
     世界最大のブルーダイヤモンド
・ ブルーダイヤモンドの両脇には、同じく梨形のダイヤモンド(1.00カラットと0.96カラット)があしらわれています。 関係者によると、ブルーダイヤモンドは希少なため、2100万~2500万ドル(約21億円~約25億円)の値が付くと予想されているとか・・・。



  ブルーでも、ピンクでも・・・お好きなものを自費でどうぞ !


 世界最小の雑誌表紙・・・塩粒2000分の1の大きさ

・ スイスにあるアメリカIBMの研究所が、塩1粒の2000分の1大の彫り物を制作できる技術を開発し、世界最小の雑誌の表紙を制作しました。

           最小表紙2

・ 制作されたのは、11×14マイクロメートル(1マイクロメートルは0.001ミリメートル)の大きさで、先月発行されたナショナル・ジオグラフィック・キッズの表紙。 3Dプリンター技術に似たテクノロジーを使用してポリマーに画像を彫り込みました。

・ この機械の発明者の1人である科学者のUrs Duerig氏は「ナノレベルで岩を彫るような感じ」だと語っています。 機械は冷蔵庫ほどの大きさで、コストは約50万ユーロ(約7000万円)。

・ この技術はトランジスタの製造のほか、貨幣や旅券、アート作品の偽造防止などに使用することが可能だといいます。



  何、どこにある・・・ほどの、目にも見えず ?

  そのようなダイヤモンドであれば、何粒でも・・・どうでしょうか。




           木とあなたと

            木とあなたと・・・



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード