Merci (メルシー)!

  連休明けの気だるさも乗り越えて・・・と。

  あら、今週も明日で・・・早くも週末が来ます。 

  カーネーション そして、11日は「母の日」です。

  何たって、母は強し ! です。 



 「母の日」に人気沸騰・・・アジサイ「万華鏡」
 
・ 「母の日」の贈り物としての定番は「カーネーション」ですが・・・島根県が開発したアジサイのオリジナル品種「万華鏡(まんげきょう)」に人気が集まっているそうです。


     あじさい


・ 「万華鏡」は、花の中央が青かピンク、ふちは白というアジサイ


     あじさい2
 

・ 平成17年から県農業技術センターで育種され、24年に初出荷されました。 同年の花のコンテスト「ジャパンフラワーセレクション2012~2013」では最優秀賞を受賞です。



   丈夫で、長持ちするので・・・   

   フラワーショップでも、品薄で仕入れできない程の人気とか・・・。

   まぁ~、来年の「母の日」に・・・どうぞ !



 パンが大人気のPAUL(ポール)・・・札幌ステラプレイス店OPEN

・ パンのフランス老舗・PAUL(ポール)が、サッポロに初登場にしました。


        PAUL 札幌ステラプレイス店


・ フランス発祥のパン屋で、フランス全土はもちろんイギリス等ヨーロッパ、アメリカはもちろんドバイやモロッコにまで店舗を構え、世界25カ国・450店舗を展開しています。 日本では、敷島製パンから独立したレアール パスコ ベーカリーズがワールドフランチャイズとして経営しています。 


○ PAULの歴史

・ 19世紀の終り、フランス北部の町リールに開店

・ 5代目のフランシス・オルデルは、大規模なパン工場を創設し、ムーランブルーの名でMONOPRIX(モノプリ)やAUCHAN(オーシャン)などの 百貨店に卸しをする一方で、さらに伝統的なパンを探求し、現在のPAULを作り上げ、拡大していきました。  19世紀の原点に立ち返って、当時の小麦粉を契約栽培し、同じ製法で作ったことが成功への鍵となりました。

・ 日本でも現地に限りなく近い味を伝えます。  輸入規制のある生鮮食品(卵やサンドウィッチの具材)以外はすべてフランスと同じにしているそうです。  ハード系のパンはフランスから、契約栽培農家に作らせている専用の小麦粉を取り寄せ、現地と同じ設備でスクラッチ製造しています。  デニッシュペストリーは冷凍空輸して日本で焼成しています。


・ 忠実に再現しているのは材料、製法、技術だけではありません。  19世紀のフランスをコンセプトにした店舗デザインも直輸入です。


         PAUL 札幌ステラプレイス店2

         PAUL 札幌ステラプレイス店3  PAUL 札幌ステラプレイス店4


・ 黒塗りのクラシックな外観、パンの並べ方、そして店内に飾られた絵や、パンにまつわるさまざまな道具もすべて、フランスの店舗と同じものを 取り寄せているそうです
 


   4月24日オープン以来、連日行列が出来ていますが・・・

   ベーカリーショップとしては、異色の佇まいでブティックを思わせます。

   パンの味は・・・残念ながら、まだ、食べていないのですよ。 



    パリ33 

◆ フランスパンは・・・

・ フランスパンは、小麦粉・塩・水・イーストのみで作られるフランスのパリ発祥のパンの総称です。


         パン


・ フランスパンは、その硬さが大きな特徴です。 基本的に生地には砂糖を使わないため、フランスパンはその片端だけを手に持ってもパンが中折れしないほどの硬度があります。 英語で「クラスト」(crust)と呼ばれる外皮部分は煎餅のようにパリパリしており、フランスパンの独特の食感と香りを生み出しています。 

・ また、卵、乳製品、油類などの副材料を使わないのも特徴で、それゆえ作り手の技術が味を左右するため、フランスパン作りはパン職人になる上での難関であるともいわれます。

・ フランスパンに使われる小麦粉は、一般のパンに使われる強力粉ではなく、グルテンが少なめの準強力粉もしくは中力粉です。 発酵後、オーブンに入れる直前に生地に剃刀あるいはクープナイフで斜めに切れ込みを入れ、焼きあがる過程で独特の亀裂が広がった形状になります。



   日本版では銘柄米でしょうか、パンにもこだわりがございます。


          こだわり

              Merci (メルシー)



           わ・わわぁぁ
                  
            わ・わわぁぁ~!!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード