夢気分で・・・飛んでみましたけど ?

 
 桜吹雪のサッポロの街・・・初夏の訪れへ一歩一歩です。


 明日、11日は「母の日」です・・・。

 
     母の日



 連休明けから、景気も薄日模様の気配でしょうか。

 消費税アップの影響も小幅のようですが・・・。
 



 中小企業の半数近くが賃上げ・・・ベアは34%  ( 日本商工会議所調査 )

・ 全国の中小企業の半数近くが2014年度に賃上げを実施、または実施見込みであることが1日までの日本商工会議所の調査で分かりました。 賃上げ内容は給与全体の底上げにつながるベースアップ(ベア)が34%に上っています。


        アップ・ベースアップ・給料アップ


・ ベアの理由には「人材の定着やモチベーション(やる気)向上」が最も多い。 日商は「大手企業やライバル会社に人材を引き抜かれないため、ベアに踏みきった面もある」と分析しています。

・ 今回の調査で賃上げを実施、または実施見込みとした企業は48.6%となりました。 業種別の賃上げ企業の割合は、建設業が54.1%と最も高く、製造業54.0%、卸売業47.7%と続いています。





           探し物はなんですか?

             探しものは何ですか?
            見つけにくいものですか?
            カバンの中も つくえの中も
            探したけれど見つからないのに

            まだまだ探す気ですか?
            それより僕と踊りませんか?
            夢の中へ 夢の中へ
            行ってみたいと思いませんか ?

            休む事も許されず
            笑う事は止められて
            はいつくばって はいつくばって
            いったい何を探しているのか

            探すのをやめた時
            見つかる事もよくある話で
            踊りましょう 夢の中へ
            行ってみたいと思いませんか ?

            探しものは何ですか?
            まだまだ探す気ですか?
            夢の中へ 夢の中へ
            行ってみたいと思いませんか ?



           探し物は恋なんです


  恋は・・・ひょっとして、足元にあるかも ?


          間違い




  時代とともに消え行くもの ! そして、生まれてくるもの !   

 さよなら! 「線路上のバー」 NY、70年代から運行・・・通勤客に惜しまれ

・ 会社帰りにアルコールを楽しめる「線路上のバー」にお別れです。 ニューヨーク市中心部を平日夕方に出発、郊外の住宅地へ向かう通勤電車に連結され、ビールやワイン、カクテルなどを販売するバーを備えた車両が9日、営業を終えました。 常連の利用者は「一つの時代が幕を閉じた」と惜しんでいます。


          バーカー2


・ 「バー・カー」の愛称で呼ばれる車両は1970年代につくられ、メトロノース鉄道ニューヘブン線で走行。 しかし老朽化が進み、川崎重工業が製造した飲食設備のない新型車両に置き換えられます。


    バーカー  バー・カーで乾杯


・ 揺れる車内で飲むことができるようコップを入れる台を取り付け、座席はソファのように並んで腰掛けられました。 アメリカの通勤電車には20世紀、同様の車両が多くみられましたが、座席数増加などを背景として姿を消していきました。



  飲みながら・・・帰宅へが出来なくなります。 日本で再開したら・・・JRさん


 これぞ! 本当の空飛ぶホテル! フォーシーズンズのプライベートジェット

・ 最近、各航空会社が力を入れているのは、ビジネスクラスやファーストクラスなどの上級クラス。 その進化は目覚ましく、その快適さから、「空飛ぶホテル」なんて称されることも少なくありませんが、ついにホテル業界が手がける本気の「空飛ぶホテル」が現れました


   空飛ぶホテル!


・ 先ごろ、フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツでは、ブランド仕様のプライベートブランドジェットを導入し、世界一周旅行を就航することを発表。 プライベートジェット旅客機を独自のブランド仕様にカスタマイズして就航させるのは、ホテル業界としては世界初の試みです。

・ 使用機体はボーイング757。 胴体および尾翼にフォーシーズンズのロゴがついた、アイコニックなデザインになっています。 外装・内装ともにフォーシーズンズ社内のデザイン・チームがカスタマイズしたとあって、上品で洗練された雰囲気です。 座席はわずか52席しかなく、広々として贅沢な空間になっています。 座席はハンドメイドのレザーシートで、もちろん完全なリクライニングが可能で快適な眠りを約束してくれます。


          空飛ぶホテル!2


・ 機内食も5つ星ホテルならではの特別メニューです。 現地ホテルのシェフとプライベートジェット専属シェフが協同で考案したという料理は、旅先の文化や食も取り入れ、フレッシュな食材にこだわった逸品。 ワインとの素晴らしいマリアージュも期待できます。 機内には、複数のシェフに加えて、コンシェルジュが常駐します。 乗客52名のために温泉療法やゴルフなど、あらゆる旅の計画の相談に乗ってくれるとか・・・。

・ まるで夢のようなプライベートジェットですが、搭乗は2015年2月からスタートする世界一周ツアーに参加しましよう。 ツアーでは各訪問先のフォーシーズンズホテルにも滞在するので、空の上と地上という2つの場所でフォーシーズンズブランドの宿泊を楽しめるというのもユニークさです。 ツアーには、大学教授や旅写真家といった専門家チームも同行し、旅先に関する様々なレクチャーもしてくれるそうです。

・ すでに2015年には3つのツアーが予定されています。 まずは2月に「Around the World」と題した24日間の世界一周旅行を催行。 ロサンゼルスから始まり、ロンドンで終了する旅程で、ダイナミックな都会、エキゾチックな島、息を飲むような自然など9つの旅先を訪れます。 気になる価格は、11万9000ドル(2名1室の場合の1人あたり ※1ドル=102円の場合、約1214万円)。 料理などがすべて含まれているとはいえ、やはり価格もスペシャルではあります。

・ 2015年のツアーとしては、ほかに芸術をテーマにした16日間で6都市の旅を訪れるツアー「Backstage with the Arts」(4月)、前述とは行き先の違う24日間の世界一周旅行「Around the World」(8月)を予定しているそうです。



  ありそうでなかった、ホテルブランドによるプライベートジェットでの世界一周の旅ですが・・・。

  ラグジュアリーすぎる旅の世界に、夢気分だけでも誘われてみては ?




          空を飛ぶムーミン

        夢気分で・・・飛んでみましたけど ?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード