まぁ~、コーヒーを飲んでから・・・!  

 時折、小雨が舞う日中です。

 サッポロの街は、初夏の薫りがほのかにです・・・。

 百花繚乱のシーズンが近づいてきました。



 無事、たどり着きました・・・桜前線、根室にゴール

・ 根室市は13日、チシマザクラの開花を宣言しました。 平年より5日早く、昨年より14日早い開花となります。 3月18日にスタートした全国のサクラ前線は根室市の開花で終着しました

・ 根室市によると、午前8時30分頃、根室地方合同庁舎敷地内にある標本木で、花が10輪咲いているのを確認、同11時に開花を宣言しました。

             開花したチシマザクラ2

・ 2010年に気象庁根室測候所が廃止されて以降、開花宣言は根室市が行っています。




 それ、なに ?  札幌国際芸術祭 !


             札幌国際芸術祭


 目標2万枚の前売り券、売れたのは1週間で8枚。 今日までで20枚ちょっと ! 

・ 札幌市が7月19日~9月28日に開催する札幌国際芸術祭のメイン展示「都市と自然」の前売り券の販売が1日に始まりましたが、7日までの1週間で販売が8枚にとどまっているとか・・・。

・ 札幌市は、芸術祭を「創造都市さっぽろの象徴的な事業」と位置づけています。 開幕前日までに前売り券約2万枚の販売を目標にしていますが、印刷物の発行の遅れなどでPRが不足。
 
・ 担当者は「鈍い出足になったが、今月末までには概要が分かるパンフレットなどが発行されるので巻き返したい」と意気込んでいるそうです。

・ 1日に販売が始まった前売り券は、道立近代美術館(札幌市中央区)と札幌芸術の森美術館(同市南区)で展示を鑑賞できます。 近代美術館は都市化と近代化に焦点をあて、芸術の森美術館は木や森をモチーフにし、両館で芸術祭のテーマ「都市と自然」を完結させる・・・はぁ~




 完成目前のビルが20度傾く、倒壊の危険も ( 韓国 )

・ 韓国の忠清南道牙山市で12日午前、建設中の7階建てビルが約20度傾き、倒壊の危険が高まっています


       韓国 ビルが20度傾く


・ ソウル南方約100キロの牙山市にあるこのビルは、住居と商用施設が入り、昨年8月に着工。 今月末までに完成する予定でした。

・ 地元の消防当局は、ビルが倒壊する危険に備え、周辺に立ち入り禁止区域を設定しました。



  まだ、倒壊していませんが・・・厄介な現状回復ではあります。 ハイ


 脱ブスするにはどうしたらいい ? ・・・キレイ、カワイイ、ブスの境界線  nanapi

・ 女性にとって自分の外見が周りからどのように評価されているのかは死活問題ではないでしょうか? そこで「キレイ」「カワイイ」「ブス」の境界線が一体どこにあるのかを検証したいと思います。

・ 外見の評価は数値化できない、好みのタイプといった主観が入ってしまうとは重々承知ですが、女優やモデルのことをほとんどの人が美人だと評価するように、一応の境界線はあるように思います。

・ ネット上の意見や世間の声を参考に、なるべく客観的な基準を作ってみました。


 キレイ2  キレイ

・ まずは「キレイ」と言われる女性の外見についてです。 一般的に「キレイ」という評価は、端正な顔立ちをしている天然美人に用いられるようです。

◎ 顔が小さい

・ まず、キレイと言われる女性は顔が小さいです。 実際に芸能人を見かけたことがある人は分かると思いますが、最初に思うのは「顔ちっさ!」ということだったはず。 整形メイクという言葉が話題になっていますが、顔のパーツは化粧である程度ごまかすことが可能です。 一方、顔の大きさはなかなか隠すことができません。 キレイという評価を得るには、顔が小さいことが必須条件のようです。 顔の横幅の理想は15~16cmだそう。

◎ 鼻が高い

・ 鼻の高さもまたキレイと言われるのに必要な要素です。 こちらも顔の大きさと同様、なかなかごまかすことができないパーツの1つです。 ただ、高けりゃいいってものでもありません。 日本人の鼻は、目と目と間の部分がへこんでいるのが特徴ですが、このカーブが緩やかであることが重要です。 つまり、横から見たときに鼻がえぐれているように見えないことがキレイの条件だと言えます。

◎ 歯並びが良い

・ かつて「芸能人は歯が命」というコマーシャルがありましたが、歯並びのよさもキレイの絶対条件のようです。 笑ったときに見える歯がまっすぐにそろっているととても良い印象を受けますよ。 笑ったときに12本の歯が見えるのが美しい笑顔の条件だとか。

◎ バランスがとれている

・ 世の中なんでもバランスが大切です。 美しい顔に共通する黄金比率というものも存在するとか。

1:顔全体
・「髪の生え際から眉頭の下」「眉頭の下から鼻の下」「鼻の下からあご先」の長さが全て同じ
・「頭の頂点から眉頭の下」「眉頭の下からあご先」の長さが同じ

2:パーツの位置
・「髪の生え際から目の真ん中」「目の真ん中から唇の真ん中」の長さが同じ
・「頭の頂点から目の真ん中」「目の真ん中からあご先」の長さが同じ
・「目と目の間」の長さががちょうど目の横幅と同じ
・「唇の真ん中からあご先」の長さが「鼻の下から唇の真ん中」の長さの2倍

3:パーツの大きさ
・目の横幅が約3cm
・目の縦幅が横幅の1/3~1/2で約1~1.5cm
・唇の横幅が縦幅の約3倍
・下唇の縦幅が上唇の縦幅の1.618倍
・唇の横幅が黒目と黒目の間の長さに収まる
・鼻の横幅が目の横幅と同じ(理想は3cm)
・鼻の縦の長さが小鼻の横幅の1.5625倍

・ このように、細かい黄金比率を満たさないと美人とは言えないようです。

◎ 左右対称である

・ これもバランスと似たようなことですが、美しいとされる人の顔はほぼ左右対称です。

・ 自分で人の顔の絵を描いてみるとよくわかると思いますが、目の大きさや眉毛の位置などが左右バラバラだと決してキレイとは言い難いです。 顔の中心に鏡を立てて見たときに、左右に大きな差がなければ左右対称な顔であると言えます。



 カワイ3  カワイイ

・ 「キレイ」という評価には具体的な条件が多いので、生まれつきの美人でなければ得るのは難しいようです・・・。 では、「カワイイ」はどうでしょうか?「カワイイは作れる」と謳ったコマーシャルがありましたが、天然美人でなくとも「カワイイ」という評価を得ることは可能なんです!

◎ 髪にツヤがある

・ 髪は女の命ともいいますが、ツヤのある髪はそれだけで女性の魅力を高めてくれます。 カラーリングなどで傷んだ髪をそのままにしている方も多いですが、髪にツヤがあるのとないのとでは、印象がガラッと変わります。 マンガやアニメの美少女キャラには必ず天使の輪が描かれていることからも明らかです。

◎ 似合う髪型をしている

・ 髪型は顔の印象にも大きな影響を及ぼします。 髪型を変えて急に可愛くなった女性って、周りに一人は必ずいると思います。 特に輪郭によって似合う髪型は大きく変わるので、髪型を決めるときはどんな顔の形に似合うのかをしっかりチェックしましょう。

◎ 肌が綺麗

・ 肌の綺麗さもカワイイの要素の1つです。 触りたくなる、ふっくらとしたもち肌が理想的。 もちろん素肌が美しいのが一番ですが、ベースメイクでカバーすることもできます。

◎ 黒目が大きい

・ 最近は、カラーコンタクトで黒目を大きく見せる女性が多い。 もちろんやりすぎて白目の部分があまりにも少なくなってしまうと不気味ですが、黒目がちの目はやはりカワイイという印象を受けます。

◎ 二重である

・ カワイイという評価は、二重のパッチリした目の方が受けやすいようです。 これは、数値的には同じサイズであっても、一重より二重の方が目が大きく見えるからだと思われます。 もちろん一重でもカワイイと言われる女性もいますが、数としては少ないようです。

◎ 口角が上がっている

・ いつも笑っているように口角が上がっているとカワイイという印象をもたれやすいようです。 自分で鏡を見ながら実験するとよくわかりますが、口角が下がっているとそれだけで老けて見えてしまいます

◎ 丸顔である

・ カワイイという評価を受ける女性は、輪郭が比較的に丸い傾向があるようです。


 ブス22  ブス

・ 「ブス」と言われてしまう女性の条件です。 もちろん、これまで挙げてきた「キレイ」と「カワイイ」の条件を満たしていないことはもちろんですが、ブスを決定づける要素は具体的な見た目というより、本人の意識の問題が大きいようです

◎ いつもすっぴん

・ あまりにも濃すぎるメイクも良い印象は受けませんが、いつも全く化粧っけがないのもブスと言われる所以のようです。 どんな美人でも、すっぴんとメイクをした顔とでは後者の方がキレイというのがほとんどです。 すっぴんは確かに楽かもしれませんが、それに甘んじて自分を美しく見せようとする努力を怠る心がブスだと言われてしまうのかもしれません。

◎ 肌が汚い

・ 汚い肌はそれだけで不潔な印象を受けるものです。 乾燥してカサカサな肌も、油でテカった肌もどちらも見ていて良い気持ちはしません。 自分の肌質に合ったケアすることが重要なようです。

◎ ほうれい線が目立つ

・ ブスと言われてしまう女性の共通点としてほうれい線の濃さが挙げられました。 加齢とともに深くなっていくものですが、若い内からくっきりとしたほうれい線があると顔がたるんで見えてしまいます。 ほうれい線が深くなる原因は、老廃物がたまってしまうことなので、毎日しっかりマッサージをしましょう。

◎ 頬骨がはっている

・ こちらもブスと呼ばれてしまう女性の共通点です。 横から見た時に、鼻と頬骨が同じくらいの高さだとキレイやカワイイとは言い難いかも…。 でも、正面から見た顔ならメイクで頬骨の高さをカバーすることも可能です。 チークを少し濃いめに入れるといいです!

◎ 目が小さい

・ 顔の中でも一際存在感の強い目。 目の印象が薄いとそれだけで「薄い顔=ブス」と思われてしまうかも…。 目元はメイク次第で印象がガラッと変わりますから、いろいろ研究してみましょう。
 


● おわりに

・ 他にも「ブス」だと思う女性の特徴には、「食べ方が汚い」、「いつも同じ服を着ている」、「卑屈」など、具体的な見た目だけでなく、生活習慣や内面の要素も多く挙げられていました。 

・ このことから分かるように、「キレイ」という評価を得るには生まれつきの天然美人でないとなかなか難しいかもしれませんが、「カワイイ」と「ブス」の境界線は意外と曖昧です。 すっぴんだと「ブス」呼ばわりされるけど、メイクをすると「カワイイ」と言ってもらえるという女性は多いと思います。 メイクや日々のメンテナンスを怠らなければ、生まれつきの美しさはなくとも脱ブスすることは可能です。 

・ また美人じゃないけど「カワイイ」と言われる女性の共通点は、似合うメイクや髪型といった自分の魅力を最大限に引き出す方法を理解しているというう点だと思います。 

・ やはり、カワイイは自分の努力で作れるものです。 まずは自分に似合うメイクや髪型を見極めて脱ブスしましょう! 




    太郎  画家・岡本太郎・・・曰く

  女性の数は世界中に何千億といるんだ。 一人一人の人生があり、顔があるんだから、これが美人、これがブス、と型を決める必要はないじゃないか。 
  そんなことに、クヨクヨするひまがあったら、もっと君自身、心を輝かし、純粋さを顔に出すことを考えたほうがいい
 




 美人は三日で飽きる ブスは三日で慣れる!・・・か?  パパ2

◆  デートを重ねるごとに容姿の影響は小さくなるのか?

・ デートを重ねていくうちに、外見よりも性格のほうが大事になってくるのではないか? そう仮説を立てて実験をおこなったのは、アメリカの社会心理学者ユージーン・マテスです。

・ マテスは、実験に参加した男女をカップルに組み合わせて、週1回40分のデートを5回おこなってもらい、そのたびにデート相手の好感度を9点満点で測定するという実験をおこないました。

・ まず、1回目のデート後の好感度チェックでは、外見が魅力的な異性の好感度は6.38点、魅力的ではない異性の好感度は6.34点という結果になりました。

・ 魅力的な異性の好感度がやや上回ったのですが、第一印象においては外見が重要だということを考えれば、まあ納得のいく結果といえるでしょう。


◆ 少なくとも5回目のデートまでは外見の影響が大!

・ では、2回目以降はどうなったのでしょうか? もし、デートを重ねていくうちに、外見よりも性格のほうが大事になってくるという仮説が正しければ、両者の差が縮まったり、あるいは、魅力的ではない異性の好感度が上回ったりするはずです。

・ ところが、残念ながら仮説とは真逆の結果となってしまいました。 1~5回目までの結果は以下のとおり。

・魅力的な異性の好感度・・・(1)6.38 (2)6.69 (3) 6.75 (4)6.75 (5)6.69

・魅力的ではない異性の好感度・・・(1)6.34 (2)6.04 (3)5.88 (4)6.13 (5)6.16


・ 見てのとおり魅力的な異性の完勝です! 1回目から5回目まですべてのデートで魅力的な異性の好感度が上回っただけでなく、魅力的ではない異性との差は縮まるどころか広がる傾向にあります。

・ もちろん、デートが5回で終わらず、このさき10回、20回とさらに回数を重ねていけば、結果は変わってくるかもしれません。 ただ、少なくとも「美人は3日で飽きる」というのは誤りで、容姿の影響はなかなか消えないのです。




 考えにに詰まったら、やっぱり歩くのがベスト ( 研究結果 )

・ 「創造力を高めたいなら、仕事場を出て散歩をしなさい」。 これは昔からよく言われているアドバイスです。 このたび、実験心理学の専門誌「The Journal of Experimental Psychology」で、このアドバイスの効果が実証されました。


          歩く


・ 論文はスタンフォード大学の研究チームによるもの。 小規模な実験を複数行って、ウォーキングに創造力を高める効果があるかどうかを確かめました

・ 実験は基本的に、被験者にさまざまな条件でウォーキングをしてもらい、その前後に創造力をはかる試験を実施するという形で行われました。

・ ほぼすべての学生が、ウォーキング中には大幅な創造力の向上を示しました。 1つのモノの使い道をいくつも考えるという試験において、大部分の被験者では回答数が約60%も増加しました。 しかもその回答は「目新しく、かつ適切なもの」だったそうです。

・ ウォーキングを終えて腰を下ろしたあとでも、被験者のクリエイティブな発想力は顕著な伸びを示しました。この(2つ目の)実験の場合、ウォーキングのあとの試験では、ウォーキングの前に比べて被験者の回答数が有意に増加し、回答の質も主観的に見て向上していました。

・ 最後に、ウォーキングと創造力の実生活における関係について、また別の一面を評価するために、実験の一部を屋外で行いました。 屋外でのウォーキングは、無機質なオフィスの中でトレッドミルに乗るよりも「創造力の向上に大きく貢献するだろうと考える人は少なくないでしょう」。 ところが驚いたことに、この推測は実験で裏切られました。

・ 被験者たちは、スタンフォード大学の緑豊かな心地良いキャンパスを8分間散歩したあとでは、同じ時間を屋内で座って過ごした場合と、屋外で座って過ごした場合のどちらと比べても、よりクリエイティブな発想を示しました。 ところが、外で散歩した場合の結果と、そのあと室内で無機質な壁に向かってトレッドミルに乗った場合の結果を比べても、顕著な違いは見られませんでした

・ ウォーキングには、一時的であるにせよ確実な効果があるようです。 もっとも、なぜウォーキングが創造力の向上に役立つのかは、明確にはわかっていません。 

・ 研究チームでは、気分の向上と関係している可能性や、ウォーキングによって脳のエネルギーが適度に発散されるおかげで自由な空想が可能になるなどの仮説を掲げています。 また、今回の被験者は全員大学生で、もともと日々の生活の中でクリエイティブ・シンキングを鍛えられていることも考慮すべきでしょう。



   ともかくも散歩は害になるものではありません。 

   発想に行き詰まりを感じたなら、体を動かしてみるのも悪くないでしょう。





  まぁ~、コーヒーを飲んでから・・・  パパコーヒー




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード