だれかを好きになることですよ !

  心地よい陽ざしに照らされた、今日のサッポロです。

  初夏の太陽が木々を・・・

  目には青葉 山ほととぎす 初鰹 の雰囲気です。 鰹のたたきが食べたいです・・・!



          鰹のたたき


  今年は鰹が不漁・・・高値も少しづつ回復とか。 

  世界的な需要の拡大で乱獲も・・・ああ、頼みの「ツナ」です。
 



 中国の美術学院キャンパス、「ハリポタ魔法学校」と話題に

・ 中国・河北省の石家荘市に建設中の建物が、小説と映画で世界的人気の「ハリーポッター」に登場する魔法魔術学校「ホグワーツ」に酷似していると話題を呼んでいます。

            ハリポタ魔法学校

・ この建物は美術学院のキャンパスの一部。 中国のインターネットユーザーやとメディアが、ホグワーツのようだと伝えたことで大きな話題になっています。

         「ハリーポッター」に登場する魔法魔術学校「ホグワーツ」

       「ハリーポッター」に登場する魔法魔術学校「ホグワーツ」

・ 地元メディアによると、キャンパスの建設費用は約4億人民元(約65億円)だそうです。



   まぁ~、何と申しましょうか。 いつもの手法でございます。 ハイ


 知っていましたか・・・2013年に発見された新種の生き物トップ10

1. オリンギト (学名Bassaricyon neblina)          オリンギト

・ 南米アンデスのコロンビアやエクアドルの山地に生息するアライグマ科の生き物。 ひっそりと木の上に住んでいました。

2. リーフテールゲッコー (学名Saltuarius eximius)   リーフテールゲッコー

・ オーストラリアの熱帯雨林にある岩場で見つかった、この新種のヤモリは岩場や木など周辺の環境に擬態して獲物を待ちます。

3. ティンカーベラ・ナナ (学名Tinkerbella nana)      ティンカーベラ・ナナ

・ コスタリカで発見された250マイクロメートル(0.25ミリメートル)の昆虫で、ピーターパンに出てくる妖精にちなんで名づけられたました。 2、3日しか生きられないそうです。

4 . リロプス・マレ (学名Liropus minusculus)

・ カリフォルニア南部カタリナ島沖で発見されたエイリアンに出てきそうな怪獣のような甲殻類。 でも大きさは3-4ミリメートルです。 透明なことからゴースト・シュリンプやスケルトン・シュリンプといわれます。

5. ターシノコッカス・フェニシス (学名Tersicoccus phoenicis)

・ 非常に清潔なはずの宇宙船や探査機が組み立てられる宇宙センターのクリーンルームで発見された微生物。 知らないうちに宇宙に飛んでるかもしれません。

6. 透明カタツムリ (学名Zospeum tholussum)

・ クロアチア西部のルキナ・ヤマ洞窟の地表から900メートル下で見つかった透明な2ミリメートルほどのカタツムリ。 一週間で数ミリから数センチしか動かず、真っ暗闇に住んでいるため目がありません

7. エドワルドシエラ・アンドリラエ (学名Edwardsiella andrillae)

・ 南極の棚氷の下から発見された体長2.5センチメートルほどのイソギンチャク。 そんな極寒にどう耐えているのか不思議です。

8. オレンジ・ペニシリウム (学名Penicillium vanoranjei)

・ チュニジアのタバルカで土の中からみつかった、集まるとあざやかなオレンジ色になる真菌です。 オランダ王室のオレンジ公にちなんで名づけられました。

9. カウェーサク・ドラゴン・ツリー (学名Dracaena kaweesakii)

・ このリストのなかでは最大の13メートルほどの木で、タイの山中で発見されました。 観葉植物として人気のドラセナの一種で、おそらく2500本ほどしかなく、コンクリートの材料となる石灰岩に生えているため、保護が必要になると考えられます。

10. アメーバ状原生生物 (学名Spiculosiphon oceana)

・ スペイン南東部の海岸から50メートルほどのところにある海中の洞窟で見つかった、単細胞生物としては大きい4-5センチメートルの生命体です


・ 専門家でないと発見できなそうな微生物だけではなく大きなものも・・・

・ 世界にはまだまだ知られていない名前のない生き物がたくさんいます。



  いつか自分も新種を見つけることができるか・・・そう思うとちょっとわくわくしますが・・・


 「ユダヤ人殺し」という名のスペイン小村・・・住民投票で改名決定

 「ユダヤ人殺し」という意味を持つスペインにある小さな村「Castrillo Matajudios」で、村名変更の是非を問う住民投票が行われ、400年以上前から続く名前が変更されることになりました

         「ユダヤ人殺し」という名のスペイン小村

・ 同村は北部ブルゴス市に近く、人口はわずか56人。 村名変更を問う住民投票は村長が提起したもので、投票の結果、29人が賛成、19人が反対。 残りは棄権か白票だったとか・・・

・ また、新しい村名として「ユダヤ人の丘」を意味する「Castrillo Mota de Judios」という名前への支持が多数でした。 史料によると、この名前は、同村の当初の村名に近いという。

・ スペインでは1492年にユダヤ人追放令が出されたほか、イスラム教徒も出国かキリスト教への改宗を迫られました



   何かと物騒ぎを起こしそうな村名で・・・

   いままで、問題にならなかったのが不思議でしょうか。



 キリストが話した言語めぐり異論、ローマ法王がイスラエル首相に

・ 中東歴訪中のフランシスコ・ローマ教皇は、イスラエルのネタニヤフ首相とエルサレムで会談。 その中で、キリストが約2000年前に話していた言語について、首相の説に法王が異論を挟む場面が・・・

             ローマ法王とイスラエル首相

・ ネタニヤフ首相は、「キリストはこの地で、ヘブライ語を話していた」と述べ、ユダヤ教とキリスト教には強い関連があると指摘しました。

・ 一方、教皇はキリストが話していたのは、ヘブライ語に近い「アラム語」だと異なる説を主張。 これに対して首相は「アラム語を話していたが、ヘブライ語も知っていた」と補足したそうです。

・ ユダヤ人だったキリストは、現在はイスラエルの占領下にあるヨルダン川西岸地域で生まれました。 同国北部のガリラヤで宣教活動を行い、エルサレムで死去したとされます

・ イスラエルの言語学者は、「キリストはアラム語を母国語としていた」としながらも、「ヘブライ語で書かれた当時の宗教文書が現存していることから、ヘブライ語も分かっていたはずだ」と説明しています。



   おいおい、今更・・・何を仰せでしょうか。 

   キリストは神の子でございますよ! 

   万の言葉はすべからくお話になるマルチリンガルであります ?  

   本当か ?  神のみぞ知るです。  ハイ



       そんなに悲劇的にならなくたって、
       イヌでもネコでもいいじゃない。
       大切なのは、だれかを好きになることですよ !


                     『漫画/ムーミン一家とメイドのイザベル』 



                パパ名言

                あ・ぁぁぁ・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード