えっ! 押すの・・・?

  好天の6月最初の日曜日です。

  札幌市内の中、高校は、定期試験が目前・・・どうしょう ?  そんな会話も・・・です。



● 6月1日・・・札幌市内を一望する藻岩山の山開きです。

・ 藻岩山の標高531メートルにちなんで、毎年5月31日が「もいわ山の日」とされ、この前後の数日には各種イベントが催されています。
 
・ 藻岩山は、アイヌ民族から「インカルシペ」(いつも上って見張りをするところ)と呼ばれていました。 この山はアイヌにとっての聖地であり、山腹にはカムイシュネ(神の灯火)が灯るさまが眺められたといいます。

・ 山頂展望台からは石狩平野、そして石狩湾までを一望することができ、夜には札幌市街の夜景を楽しめます

       夜景

・ 北東斜面にはシナノキ、ミズナラ、シラカバなどの広葉樹が生い茂る藻岩原始林があり、1921年(大正10年)3月3日に北海道で最初の天然記念物に指定されました。
 
・ 一度も人の手が入ったことのないという厳密な意味での原始林ではなく、天然林にあたります。 天然記念物になる以前から伐採などの利用が禁止され、今日に至ります。 広さは291ヘクタール。
 




        サッポロ


           時計台の 下で逢って
          私の恋は はじまりました
          だまってあなたに ついてくだけで
          私はとても 幸せだった
          夢のような 恋のはじめ
          忘れはしない 恋の街 サッポロ

          淋しい時 むなしい時
          私はいつも この街に来るの
          どこかちがうの この街だけは
          なぜか私に やさしくするの
          恋人なのね ふるさとなのね
          ありがとう私の 恋の街 サッポロ





 第56回北大祭開催が迫る・・・! 

       第56回北大祭

・ 今年度の北大祭は、6月5日(木)~8日(日)に北海道大学札幌キャンパスにて行われます。

● 北大祭テーマ 「ひだまり」

・ 北海道大学は学生たちが学業を、研究者たちが研究を行う本拠地であり、かつ市民の憩いの場です。 そんな北海道大学で行われる大学祭は、初夏の太陽から放たれる温かい光や、参加している北大生の活気と情熱によって来場者を温かくつつみこむものであってほしいとの願いを表しているのが「ひだまり」です。

● 北大祭は・・・

・ 北大祭は、各学部・学科の学生や、留学生などがそれぞれ開催する祭(各祭)によって構成されています。

・ 1年生やサークル団体などが中心となって出店する楡陵祭に加えて、農学祭、理学祭、歯学祭、獣医学祭、医学展、薬学祭、工学祭、保健学科祭の各学部祭、留学生が腕を振るい作った各国の料理を楽しむことができる、インターナショナルフードフェスティバル(IFF)が同時に行われるため規模が大きく、毎年8万人が来場しています。

         第56回北大祭2

・ 特に、南北1.2㎞にわたるメインストリートが、楡陵祭とIFFなどの模擬店で埋め尽くされている光景は壮観です。 また、各学部祭ではそれぞれの学部棟を活用し、学部の特色を反映した個性豊かな企画を多く行う予定です。

    皆様のご来場を心よりお待ちしております!



 よさこいソーラン祭りも・・・

・ 2014年第23回YOSAKOIソーラン祭り 6月4日(水)~8日(日)開催! 札幌大通公園を中心に行われる北海道の初夏の一大イベントです。
 

         よさこい


    YOSAKOIソーラン祭り もマンネリ化・・・市民主体から、観光化 !

    サッポロ市民は、食傷気味ですね。
  



 水の飲み過ぎは危険 !? ・・・ 飲み続けて怖い「水中毒」

・ 夏が近づき、水分補給が重要な時期になってきています。 水を飲むことはダイエットにつながるし、体内の老廃物を尿として排出することで流行のデトックス(体内に溜まった毒物を排出させる)にもつながるといって、大量の水を飲む人がいます。 しかしそこには「水中毒」の危険性も潜んでいるのです

          水 2

・ 水を飲むことがダイエットに効果的な理由はさまざまあります。 まず水を適量摂取することで、血液がさらさらになり、血のめぐりが良くなります。 血のめぐりが良くなるということは、代謝が上がるということ。 その結果、基礎代謝(自然に消費されるカロリー)が増加し、体温が上昇しダイエット効果がみこめます。

・ ほかにも食物繊維が水分を含んで流れやすくなることで腸がきれいになり、便を排出しやすくなります。 便秘はダイエットの敵ですから、これも効果的です。 また体内の老廃物を汗として排出したり、尿として排出してくれるので、リンパ腺の流れも良くなり、デトックスにも効果的なのが水の適量摂取なのです。

・ 水を飲むことはダイエットやデトックスに有効と述べました。 しかしそれはあくまで、「適量摂取」の場合のみ、少ない場合は熱中症などにかかりやすくなる危険性があります。 しかし意外に知られていないのが「過剰摂取」の場合。 ダイエットしたいから……デトックスしたいから……と大量の水を人間が飲むともたらされる結果は、「死」です

・ ここに一つの記事があります。 「トイレに行かずにどれだけ水を飲めるか」、あるアメリカのラジオ番組が、看護師の注意も振り切り、水を挑戦者に飲ませ続けたところ、28歳の女性が水7リットルを飲んだところでリタイア、その日の午後に「水中毒」で死亡しました。

・ 水を飲んで死亡?と思われた方も多いのではないでしょうか。 しかし実際に死者がでているのです。 まず、さきほど述べたダイエットに適切な水は、常温に近い水であり、冷蔵庫等で冷やした水の場合、細胞が活動低下してしまい逆に代謝が低下していまいます。

・ そして、たとえ常温であっても大量の水を飲み続けると、体重の70%と言われる水分割合が崩れてしまい、細胞が膨張していきます。 その結果、身体がむくむようになり、血液中のナトリウムイオン濃度が低下します。 このナトリウムイオン濃度というものは塩分濃度とほぼ同意義で、熱中症にかかった人が塩を与えられるように、低下するとするだけ以下の症状が現れてきます

 ・軽度の疲労感を感じるようになる。
 ・頭痛や嘔吐の症状が出るようになる。
 ・気分が不安定になり、神経過敏や注意散漫になる。
 ・痙攣・昏睡の症状が出るようになる。
 ・呼吸困難に陥り、死に至る。


・ ここでスポーツドリンクを飲んで回復させようと思ってはいけません。 スポーツドリンクのほとんどは水でできており、更に症状を悪化させてしまいます。 対策は塩分と糖分の早急な補給が必要になります。

            水3

・ ではどうしたら水中毒をふせぐことができるのでしょうか。 まず摂取量は1日1.5リットル~2リットル程度に抑えましょう。 また水は冷やさず常温で飲みましょう。 また塩分・糖分を特に夏季は充分に摂取しましょう。 トイレを我慢せずに尿として水を排泄することも重要な要素です。



  いかがでしたでしょうか。 

  水で死に至る水中毒の危機、たかが水だからと侮ることなく、適量で健康生活を送りましょう!。



 上半期最も売れた本は…「ふくらはぎをもみなさい」

・ 出版取次大手の日本出版販売(日販)とトーハンは、今年上半期(ともに集計期間は2013年12月1日~今年5月28日)のベストセラーをそれぞれ発表しました。

・ それによると、総合の上位は同じ順位。 1位はテレビの情報番組などで何度も紹介された、槙孝子の「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」(アスコム)で、発行部数は93万部。

            槙孝子の「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」(アスコム)

・ 2位は、水野敬也・長沼直樹の「人生はニャンとかなる! 明日に幸福をまねく68の方法」(文響社)で70万部。

            水野敬也・長沼直樹の「人生はニャンとかなる! 明日に幸福をまねく68の方法」(文響社)

・ 3位が本屋大賞を受賞した和田竜の「村上海賊の娘(上・下)」(新潮社)で、54万7000部(上巻)でした


             和田竜の「村上海賊の娘(上・下)」(新潮社)2



  指圧の心は母心、押せばいのちの泉湧く・・・の指圧ブームも、遠い昔になりました。

   浪越徳治郎氏の銅像。  マリリン・モンローが来日した際、指名で7回も指圧をした・・・ブームの立役者、浪越徳治郎 (2000年没)も銅像に変身 ?




     あぁ、肩こり・・・?   ふくらはぎを揉んだら !


           ツボ押し マッサージャー

           えっ! 押すの・・・?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード