今日だけの主役 !?



            父の日

  6月15日・・・父の日です。

・ 父の日は、父親に感謝の気持ちを示すために制定された日です。  毎年、6月の第3日曜日(その年の15日から21日ぐらいの間)が父の日とされています。 

・ 母の日はカーネーションを贈るのに対し、父の日はバラを贈るのが基本です。 

○ 父の日の歴史

・ 父の日は、アメリカ出身のソノラ・ブルース・ドット夫人により1909年に提唱され、彼女の父に対する感謝の思いから生まれました。

・ ドット夫人は、6人兄妹の末っ子としてワシントン州スポーケンで生まれます。幼い頃、ドット夫人の父ウィリアムは北軍の軍人として南北戦争に招集され、その期間は母親が一家を支えていました。 しかし父親の復員後、母親は過労によりこの世を去ってしまいます。

・ その後、父親は再婚せず、男手一つで6人の子供たちを育てることになりました。 そして子供たちが立派に育ったのを見届け、ウィリアムも病気で亡くなってしまいます。

・ その頃アメリカでは、アンナ・ジャビースが母の日を提唱し、広がり始めていました。 そこでドット夫人は、「母の日のように、父親に感謝する日もあるべき」と考え、1909年に牧師協会へ嘆願し、翌年に初めて父の日の祝典が行われました

・ パーティー後、ドット夫人が亡き父のお墓に白いバラを捧げたことから、父の日のシンボルフラワーはバラになったといわれています。 その後、1916年に当時の大統領ウッドロー・ウィルソンがスポーケンを訪れて父の日の演説を行ったことにより、アメリカで父の日が広く認知されるようになりました

・ そして1972年、アメリカで正式に国の記念日として父の日が制定されたのです。 アメリカで父の日が親しまれるようになった後、世界的にも父の日が実践されるようになります。





 WCAP.jpg  やはり・・・日本完敗! うぬぼれ日本では・・・?

・ サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で14日(日本時間15日)、コートジボワールに1―2で逆転負けです

・ ザッケローニ監督が「最も重要な一戦」と位置付けた初戦でコートジボワールに逆転負け。 試合後、指揮官は「自分たちのサッカーができなかった」、長谷部主将も「相手がよかったというより、自分たちのサッカーをピッチで表現できなかった」と語り、ともに4年間築いてきた日本のサッカーを大舞台で発揮できなかったことを嘆いたとか・・・

          先制

・ 現行の32チームで行われるようになった98年フランス大会以降、黒星スタートを切った46チーム中、1次リーグを突破したのは4チーム。 データ通りならば日本の1次リーグ突破の確率はわずか8・7%です。 

・ C組はコロンビアとコートジボワールが勝ち点3、日本とギリシャが勝ち点0となった。 次戦は日本が19日(日本時間20日)にギリシャと、コートジボワールは同日、コロンビアと対戦します。




◆ コートジボワールが20本、日本は7本・・・日本完敗! 

・ 国際サッカー連盟(FIFA)が試合後に発表したデータによると、シュート本数はコートジボワールが20本(うち枠内シュート数は10本)に対し、日本は7本(同4本)。 

・ 選手別にみると、コートジボワールでは勝ち越しゴールを決めたジェルビーニョ、同点ゴールのボニら4人が両チーム最多タイの4本を放ったが、日本は本田の3本が最多でした。 ほかの選手は内田、山口、長谷部、途中出場の大久保が1本ずつにとどまり、大迫、香川、岡崎らは1本もシュートを打てなかった。

・ ボール支配率ではコートジボワールの57%に対し、日本は43%でした。



  最新のFIFA 世界ランキングでは、日本46位、コートジボワール23位。 この実力差をご存知なかったのでしょうね・・・きっと。

  日本では代表はヒーロー扱い、外国に移籍も1~年で放出される実力では、勝ちは高望みでございます。 

  所詮はマスコミがつくりあげた絵に描いたモチです。

  負ければ掛かった経費は、個人負担にする・・・彼らはプロですから、最低限この位の緊張感が必要でないでしょうか・・・ね。 



 パンダのW杯勝敗占い、中国当局が「レッドカード」

・ 中国・四川(Sichuan)省の国営パンダ繁殖研究基地が計画していた赤ちゃんパンダたちによるサッカーW杯ブラジル大会の試合結果予想が、開幕戦のキックオフ数時間前に当局から「レッドカード」を突きつけられて中止になりました。

・ これに先立って国営新華社通信は、四川省南西部のパンダ繁殖研究基地で、W杯の勝敗を占うため1~2歳の赤ちゃんパンダ隊が結成されたと報じていました。

           パンダ「予言」

・ 報道によれば赤ちゃんパンダたちは、グループステージでは餌が入った3つの籠から1つを選んで、勝ち、負け、引き分けを予想。 決勝トーナメントでは対戦国同士の旗がついた2本の木のどちらに登るかで勝者を占う予定でした。

・ しかし、国営パンダ保護センター「中国保護大熊猫研究中心」の広報担当者によると、赤ちゃんパンダたちが今大会の勝敗を予想する機会はなくなったという。 その理由について、この広報担当者は「当局によって勝敗予想は中止された」と述べるにとどまっています。

・ 赤ちゃんパンダたちには、2010年のサッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で8試合の結果予想を的中させ話題を呼んだドイツの「占いタコのパウル」の中国版として世界の注目を集めるとの期待がかかっていました
 


   中国が出場していないのに、と云うことでもないでしょうが・・・!

   今、中国に世界の関心が集まるのは、国益を害する・・・うん、よく解かる ?




              ムーミンパパ

              今日だけの主役 !?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード