魅力的な人と一緒に・・・


 いつの間にか、7月も下旬へ・・・。

 暑い陽ざしに、日陰の涼しさ・・・真夏です。

 今日から、大通公園の「ビアガーデン」がオープンです。

 TVニュースの画面は、おばさん達がジョッキーを傾けるシーンが・・・

      ビアガーデン

 「男は黙ってサッポロビール!」の時代は遠くに、今や「女はしゃべりまくって・・・」の時代ですか。




 80年代の2倍に・・・アメリカで若年層の「多世代同居」が急増

・ ピュー・リサーチ・センターのリポートによると、2012年時点で2世代またはそれ以上の世代で同居しているアメリカ国民は過去最大の5700万人で、総人口の18.1%に達しました。 このトレンドを牽引しているのは若年層で、特に07─09年のリセッション期に急増し、以後も増加が続いているといいます。

         多世代同居

・ 2012年時点で、25─34歳のヤングアダルト層の24%が多世代同居していました。 80年代から2倍超に増加したことになります。

・ 歴史的に多世代同居の傾向が高い85歳以上の比率は、これを下回る23%となりました。 人種や民族で見ると、マイノリティほど多世代同居率が高かった。

・ リポートは、若年層の親や祖父母との同居は晩婚化や学生生活の長期化とともに、大人社会に入る時期が遅くなっていることを示す兆候のひとつとも受け取れると指摘。  失業率上昇や賃金低下、若年層の教育水準低下により、親離れする能力が阻害されている可能性もあるとしています。



  日本でも同様の傾向が・・・?   

  親と同居して、節約 ?して、他の目的にであれば良いのですが浪費では困りますね。



 収入が低くてやっていけない? 結婚後も、親から「援助」をもらっている世代

・ 好況に転じつつあるとは聞くものの、消費税アップの影響もあり、金銭面で楽になった実感はまだ得難い現在の日本。 特に若い世代の経済状況は厳しく、「この収入では結婚できない」という声は何年も聞かれ続けています。

・ そうなると頼りがちになるのが、親の援助。 今の夫婦たちは結婚後、親にどんな援助をどのくらい受けているのか。 逆に、親に援助をしている人はどのくらいいるのか。 興味深いデータを紹介・・・。

○ 食品類は気軽にあげやすい!?  5人に1人は直接「お金」の援助

・ 「既婚者が受ける親からの援助に関するマーケティングデータ」によれば、結婚後、親に購入してもらったり、援助を受けたりした商品やサービス(複数回答)で圧倒的に多かったのは食品関係。 「食材(71.8%)」が圧倒的に多く、「飲料・お茶(38.0%)」「外食代金(32.4%)」「油脂・調味料(29.2%)」「お酒(24.6%)」と続きます。

・ 食品以外では、「外食代金(32.4%)」、「旅行代金・レジャー代金(10.6%)」などの間接的な金銭援助も、比較的高い割合です。 一緒に外食や旅行に行ったときにお金を出してもらう形です。 そして、「お小遣い(21.6%)」という形で直接お金をもらっている人も、5人に1人はいることが判明。

・ さらに、「住宅・マンション(2.2%)」、「自動車、その維持費(3.4%)」、「家賃(0.8%)」など、かなり高額の援助と推測できる項目もあります。 住宅など、大きすぎる買い物について親の援助を受けている人は、もう少し多いイメージもありましたが、皆さんはどう感じますか?

○ 年間6万円相当の援助。 家が近いほど頼りがちに!

・ 続いて、物を含めた援助はどのくらいの金額分になるかというと、金額換算して年間61,390円相当が平均値。 1カ月あたり5000円程度と考えれば、かなり手頃な金額ですが、これはあくまで平均値です。 住宅や自動車といった高額と思わしき援助をしている親もいれば、一方で、すでに年金暮らしで控えめに暮らしている、という親もいることでしょう。 外食や食品で考えれば、多くの家にとって、これくらいが気兼ねなく援助しやすい額なのかもしれません。 世代別では、特に若い20代が親の援助を多く受けています

・ また、実家からの距離が近い場合、3割以上が「月1回程度以上」と、かなり頻繁に何かしらの援助を受けており、「親が直接持ってきてくれる」という割合も高くなっています。 一方、実家が遠い場合は、「援助は年1回程度」、「実家に帰ったときにもらう」という人が多数でした。

・ ちなみにですが、「妊娠出産を機に、どちらかの実家の近くに引っ越した」という人も各世代15〜30%程度もおり、いろいろな部分で、親の援助、サポートを求めていることが伺えるデータでした。

○ 「親に援助している人」は、結婚後は1割以下!

・ では逆に、親に援助をしている人はどのくらいいるのでしょうか。 2012年の「社会保障・人口問題基本調査」によれば、親に経済的援助をしている人の割合は、未婚者では男性22.7%、女性21.1%と、男女とも2割強程度です。

・ しかし結婚すると、自分の親に援助をしている人は男性9.7%、女性6.8%、義理の親にしている人は男性4.4%、女性7.0%となり、結婚後のほうが減っている実態が明らかに。 理由としては、結婚後は新しい住居や子育て費用などで余裕がなくなる、あるいは実家を出たことでお金を納めなくなった、といったことが推測できるかと思います。

・ 親への援助をしない理由としては、「親が援助を必要としていない」、「両親が共に死去」などのほか、「自分の経済的理由」を挙げている人も少なからずいました。 特に20歳代男性が多く、「自分の経済的理由(17.5%)」、「自分が援助を受けている(32.0%)」と回答した割合は最多です 「収入が少なくて、結婚どころじゃない」という若い男性が少なくない実態が、数字からもわかる結果でした。

○ 頼らざるを得ない時代、でもいつまでも親も元気ではない

・ 双方のデータを比べると、「親から子どもの援助」のほうが積極的に行われている実態が明らかです。 親が高齢になってからも何かしらの援助をしてもらえるということは、元気でいてくれるからこそであり、懸命に働いてきて、ある程度の資産があるからこそです。

・ 老年期は多くの喪失を体験する時期で、明るく元気に、前向きに生きられない人も増えてくる世代。 年齢を重ねても、親が元気に生きていて、積極的に援助をしてくれるという人は、とても恵まれた環境と言えるのではないでしょうか。



  親のほうから進んで援助してくれるケースがほとんどですが・・・。

  親の心、子知らず・・・とよく申します。  

  しかし「親たちも、いつまでも元気ではない」ということもございます・・・よ。
 


 自分大好き!「自惚れ女性」の特徴

 自惚れ女2 ・ 皆さんの周りに、自分大好きオーラを振りまく自信過剰の女性 (※当然、おばさんも含む) いませんか?

1.自分を名前やちゃん付けで呼ぶ

・ 「~ね、この前ね」と文末に“ね”をつけ、媚び気味の猫撫で声で話す。 歳を重ねれば重ねるほどどんどん痛くなっていることに一向に気づかない。

2.鏡や窓ガラスを見つけるたびに自己チェックを欠かさない

・ 自転車でショーウィンドーを横切る一瞬の間でさえ、自転車にまたがる横バージョンの自分をチェック。

・ 店に入っても服を全く見ずに鏡へ直行し、全身のバランスからメイク崩れまでくまなくチェックするだけで店を後にすることもしばしば。

3.少しでも、目線が合った言葉を交わしただけで好かれてると勘違いする

・ 「あの人、私のことさっきから見てる」、「絶対あの人、私のこと好きだよ」が口癖。 しまいには「怖いから止めて欲しい」など、とんでもない自意識過剰発言を繰り出す。

4.自分とお揃いのものを友人が持っているのに気付くと、「それ間違いないよ」と上から目線

・ 自分のセンスに絶対的自信を持つ自惚れ女性。 友人の私物をチェックしては「私が持ってるほうがかわいい」と心の中でコソッとつぶやき。

・ 万が一自分とお揃いのものを発見した時は「これ私も持ってるの、間違いないよ」と友人のセンスを絶賛しつつ、自分のセンスの良さをアピールする。

5.「私って天才」と自分を褒める

・ 物事がうまくいくと「私ってやっぱり天才かも」と自己陶酔。 褒められても謙遜することなく「私って才能あるんですかね?」と問うなど、自分のポテンシャルに更に酔いしれる。

6.仕事や恋愛がうまくいかなくても、周りの見る目がないだけと自分を省みない。

・ 逆に仕事や恋愛に失敗すると環境のせいにし、「みんな、私の良さを分かってないな」と周りの見る目の無さに失望する。 

・ 分かってくれる人だけ分かってくれればいいという考えのため、滅多なことでは落ち込まず気持ちの切り替えがとても早い。

7.街でキャッチらしき人を見かけた途端に早歩きになる

・ 声をかけられる自信がある自惚れ女性は、キャッチらしき人を見た途端自然に早歩き。 たまに声をかけられないと、どうして?と拍子抜けする。

8.試着がやたら長い

・ 自分の目に絶大な信頼を寄せる自惚れ女性にとって、店員さんや友人の意見はご無用。 様々な角度から全身をチェックするためにも、試着室の中だけにとどまらず店内を堂々ウォーキングし複数の鏡でポージングする。



  いかがでしたでしょうか?  最近はおばさん層まで波及しているようですが・・・。

  パート仲間の女性が話している内容は、ご想像にお任せしますが・・・! 企業秘密なんぞ上の空ですね。

  独りよがりの告げ口、噂話、エトセトラ・・・自惚れ!も、つまりは自慢話で・・・わが世の春でございます。  

  若干、いや大幅な勘違い! はあるものの、負のオーラを放出するネガティブな女性よりもポジティブでキラキラした自惚れ女性のほうが魅力は勝るかもしれませんが・・・???


  
■ “魅力的な人の条件”とは・・・

 魅力的な人 ・ なぜかいつも魅力的なオーラを漂わせている人、あなたのまわりにもいませんか?

・ 魅力度が低い人には見られず、魅力度が高い人は持ちあわせているものは・・・。 あなたはいくつあてはまりますか?


 1:自分のことをよく知っている 

・ 自分の長所も短所も理解しており、その全てを受け入れている人です。 

・ 自分のテンションの上げ方を知っているので、一時的に落ち込むことがあっても悩みを消化していくことができます。 自分の取り扱い説明書を持っている人とも言えます。

○ 2:物事を前向きに捉えることができる 

・ 耳から入ってくるネガティブなことも、心に落とし込むまでにポジティブ変換ができるのがポイントです。 全てのことをポジティブに捉えることができます。

○ 3:とにかく明るい 

・ 笑顔でいるのはもちろん、ライフスタイルに“笑い”の時間を多く取り入れることが上手です。

○ 4:何事にも積極的である 

・ 「でも……」、「だって……」が口癖の方は今すぐやめてください。 むやみに否定的な言葉を発するのは禁物。 

・ 好奇心旺盛で口癖が「やってみます!」、「楽しそう!」という前向きな発言が多い方は、魅力的な存在です。

○ 5:素直である 

・ 他人のアドバイスを斜に構えて聞くのではなく、素直に受け止められるのがポイントです。

○ 6:魅力の五原則ができている 

・ 魅力の五原則である“挨拶、笑顔、身だしなみ、言葉遣い、立ち振る舞い”がしっかりできていることが基本です。 当たり前のことが当たり前にきちんとできる、マナー美人であることは重要な要素です。

○ 7:バカになれる 

・ 何事にも全力投球できることを表します。 遊ぶときは思いっきり遊ぶ、仕事をするときは仕事を思いっきりする。 

・ そういった、力の出し惜しみをすることなく、“今”に一生懸命になれることがポイントです。

○ 8:誉め上手である

・ 他者を認め、誉めることができる“心のゆとり”を持っている方は魅力的です。

○ 9:“陽”の気持ちをきちんと表現できる 

・ 「嬉しい」、「楽しい」、「美味しい」、「好き」、「愛してる」のような陽の言葉を、きちんと声に出して表現できる人であることです。

○ 10:謙虚である

・ 謙虚な気持ちがあれば相手を敬うこともできますし、全てのことに感謝の気持ちが生まれます。

・ 「ありがとう」という言葉をたくさん使える人には、どんどん運もまわってきます。

○ 11:夢を持っている 

・ 年齢に限らず、“夢”を持っていることです。 夢を持っている人はオーラが違います。



  いかがでしたか? ポジティブな姿勢は人を惹きつけます。 

  簡単にできることばかりです。 ぜひ今から試して魅力的なオーラを高めましょうか!



 ロッテリアがポテト食べ放題、60分以内なら何度でもおかわりOK。

・ ロッテリアは7月24日から、60分以内であれば何度でもおかわりができる“ポテト食べ放題”が実施されます。 期間は8月31日まで。

   ポテト食べ放題2

・ この企画はNTTドコモとのコラボによる「ポテホーダイ×カケホーダイキャンペーン」として行われるもの。 「フレンチフライポテトM」(270円)もしくは「ポテトMセット」を購入した人を対象に、店舗内で食事をすることを条件に、60分間“食べ放題”になるという太っ腹の企画です

・ なお、このキャンペーン専用の「ポテトM」は数に限りがあるため、なくなり次第終了となるとのこと。 また、不正行為(食べ残し、持ち帰り、グループでの権利譲渡など、店舗で不正と判断した場合)が確認された際は、追加で食べた商品相当額の支払が発生します。



        ビール  ビールに、フライポテトはいいです~ね。

ビール2 魅力的な人と一緒に、サッポロビール !


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード