この木、何の木 ? ・・・ 「ハンカチノキ」です。


  暑中見舞い申し上げます  2014年盛夏



      大暑


      今日は・・・「大暑」です。

● 大暑(たいしょ)は、二十四節気の1つ。 7月23日ごろ、およびこの日から立秋までの期間をいいます。

・ 時折、夕立がやってきて、厳しい太陽が照りつけて、大地も蒸し返るような暑さの日々になります。 1年中で最も暑さが厳しい季節です。

・ 急に暑くなりますので、日射病、熱中症だけではなく、水の事故にもご注意ください。




 大暑の雨・・・札幌は5ミリ超。14日ぶり

・ 今日の北海道内は、気圧の谷が通過している影響で、道南や道央を中心に、久しぶりにまとまった雨が降りました。

・ 札幌管区気象台によると、降り始めから23日正午までの降水量は、札幌市は9・5ミリで、降水量が5ミリを超えたのは14日ぶりです。



  
  予報では、明日から、また真夏日の気温になりそうです。

  大暑ですねぇ。 汗を拭きふきグッタリの日々が続きます・・・はぁ



     shiho5.jpg Shiho さんから、てぬぐいのはんかちを頂きました。

        素敵な和のデザインです。 ありがとう、大事に使います。 




 この木、何の木 ? ・・・ 「ハンカチノキ」です。

        ハンカチノキ44


                 花言葉:清潔

● ハンカチノキとは・・・

・ 中国の西部から南部に分布する落葉性の高木で標高1200m~1500mの日当たりのよい斜面に自生します。 生長すると樹高20mに達し、幹の直径は1mにもなります。

・ 属名のダビディアはこの植物を発見したフランス人の神父アルマン・ダビットの名前にちなみます。 ダビット神父はジャイアントパンダを発見した人物としても有名です。 和名のハンカチノキや別名のハトノキは大きな白い苞に由来します

       ハンカチノキ3



 ダビッド ● アルマン・ダビット (1826 - 1900) は、フランス人宣教師、植物、動物学者

・ ジャイアント・パンダを中国で見つけ、西洋に紹介しました。 プラント・ハンターとしては、ハンカチの木(The Dove Tree、学名:Davidia involucrata)を中国の西南部の雲南省に発見し、持ち帰ったことで知られ、その名前「ダビディア(属)」に残ります。 

・ この木は中高木になり、春に新葉が伸びてから梢に2枚の大きな白い苞(葉が変形したもの)のある花が咲き、美しい眺めになります。 葉の間から垂れた風情が、ハンカチが風になびいているように見えることからこの名がつけられました

・ また、ジャイアントパンダがヨーロッパの人々に知られるようになったのは、1869年のことでした。  ダビッド神父は中国西部奥地で見つけたこの動物を黒白のクマと考えて、ウルスス・メラノレウクカと名付けました。  ギリシャ語で「メラス」は黒、「レウコス」は白を意味します。 「ウルスス」はヒグマやホッキョクグマの属名です。

               パンダ2

・ ダビッド神父は、この動物の骨格標本と毛皮をパリの動物学者アルフォンス・ミルヌエドワルに送りました。  ミルヌエドワルがこの標本を詳しく調べた結果、彼の得た結論は「外見はダビット神父が言うようにクマに似ているけれども、骨や歯の構造はレッサーパンダやアライグマに近い」というものでした。 

・  さらに彼は、ダビッド神父がつけた属名ウルススの代わりに、当時パンダとして知られていた唯一の動物であったレッサーパンダと足の構造がよく似ているという意味の「アイルロポダ」と名付けたのでした。

・ こうして現在ジャイアントパンダの学名として通用している学名「アイルロポダ・メラノレウカ(黒白のパンダ足)」が生まれたのです。

          フランス人の神父アルマン・ダビット

・ 中国・四川省夾金山のふもとの宝興県には、アルマン・ダビッド神父を記念して、大理石の像をが建てられています。 





            胡蝶蘭

      就職内定・・・おめでとう!  Ms.MISAKI





              パパ

      暑い~ぃ ! 大丈夫、ハンカチがあるからね。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード