いやいや、無きにしもあらず・・・

  30.8℃・・・サッポロは暑さの中に・・・・。

  節電で建物の中は、ムシ×2・・・汗はたっぷりです。

  ビルの陰の心地よさです・・・。




 地球上で最も黒い「黒色」が開発される ― 光を飲み込む「バンタブラック」。 ブラックホールに最も近い世界

・ イギリスの研究者は、科学界の「新しい黒」・・・「バンタブラック」、「スーパーブラック」と呼ばれる黒色を開発しました。

・ この素材は、可視光の透過率0.035パーセントで、世界記録を打ち立てました。 人間の目が、その形と大きさを認めるのに苦労するくらい黒く、ブラックホールの様相を呈しているともいわれています。

・ ちなみに、もしこの素材をドレスに使うとしたら、とてつもなく高価な服になる上、着ている人の頭と手足がまるで浮いているように見えてしまうらしい

 地球上で最も黒い「黒色」

 可視光透過率0.035%の世界記録を樹立

・ この素材はサリー・ナノシステムズ社が、カーボンナノチューブを使って、天文カメラ、望遠鏡、赤外線スキャン システムで使用するために開発したものです。

・ 素材の開発は、アルミホイルの上で進められました。 実際はアルミホイルがでこぼこな状態でもバンタブラックによって覆われた部分は、光が吸収され、完全に滑らかに見えます

 "ブラックホール"に最も近い黒色

・ 技術者はバンタブラックは光学機器のナノテクノロジー応用において、イギリスが成し遂げた偉大な発展だと語っています。

・ そして、色彩科学の教授であるリーズ大学のスティーブン・ウェストランド教授は、「この素材は、高感度望遠鏡の能力をさらに向上させ、迷光を減らします」、 また「これらの新しい素材は我々が入手可能な中で最も黒く、我々が想像する"ブラックホール"に最も近いものだ」とも語っています。


  黒いね。 すべては闇の中 ! は、政治の世界ですが・・・。

             無きに等しい

          無きに等しい・・・いやいや、無きにしもあらず


 <サッカー日本代表>新監督はアギレ氏 (元メキシコ代表監督)

・ 日本サッカー協会は、日本代表の次期監督に、元メキシコ代表監督のハビエル・アギレ氏(55)が就任すると発表しました。

         新監督にアギレ氏

・ メキシコ人のアギレ氏は2002年と10年のワールドカップ(W杯)で、母国を率いて決勝トーナメントに進出。 今季はスペイン1部リーグ、エスパニョールの監督を務めました。 W杯など大舞台の経験が豊富で、ボールを保持して主導権を握る日本の攻撃的なスタイルを継承、発展させてくれる人物という日本協会が描く次期監督の条件に合致したとか・・・

・ 日本はW杯ブラジル大会の1次リーグで1分け2敗に終わり、決勝トーナメント進出を逃します。 敗退後、イタリア人のザッケローニ監督が退任を表明。 後任監督選びを一任された原博実・同協会専務理事が、水面下で交渉を進めていました。


  日本のサッカー界をリードしていく重要な任務を一任 ?   

  ボールを保持して主導権を握る日本の攻撃的なスタイル(各国のチームがしていること・・・)・・が、出来なかったから敗退したのでは ?

  日本のサッカー界の現状を一番ご存じない日本サッカー協会でございます。



 皮肉にも原因は“ビートルズ”・・・ジョージ・ハリスン記念樹の松の木が枯れる。

・ 2001年に肺がんにより58歳で他界していた元ビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスン。 彼の死を悼み、アメリカ・ロサンゼルスに植樹された松の木でしたが、それが害虫にやられてしまいました。 ファンの残念がる声に市議会議員が“復活”を約束しています。

     ジョージ・ハリスン記念樹2

・ 「ビートルズ(Beatles)がビートルズ(Beetles)に殺られてしまった!」アメリカのメディアが、こぞってこんな見出しを付けて伝えているこのニュース。 イギリスを離れ、アメリカ・ロサンゼルス市の豪邸に暮らす中で2001年11月に肺がんにより死去した元ビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンの功績を称え、2004年にグリフィス天文台があるグリフィス・パークに植樹された松の木が、すっかり変色してしまったのです。

・ Beetlesとはご存知の通り、昆虫の中でもカブトムシやクワガタをはじめとする甲虫類をさします。 なんとも皮肉な話ですが、高さ約3m超となっていたその木に、害虫となるキクイムシやテントウムシが大量に発生して枝が白灰色になってしまったことが今週になって明らかにされました。 ひどい干ばつもダブルパンチとなっているとみられ、被害が生じたのはこの木ばかりではないとか・・・。

・ すぐれた芸術家、ミュージシャンであり、バングラデシュ難民救済など人道支援に尽くし、ガーデニングを愛した偉大なジョージ・ハリスン。 ゴールドの文字でそんな言葉が刻まれた“The George Harrison Tree”のプラークはまだ新しい。 ハイキングに訪れる多くの人々が立ち止まって写真に収めるなどしていた松の木であっただけに、市議会議員は「同じ場所にいずれまた木を植えるつもりです」と宣言しています。



  まぁ、松・・・いや、蓼(タデ)食う虫も好き好き・・・であります。


 蓼食う虫も好き好きの「蓼(タデ)」は・・・ 刺身のつまなどに用いられる赤褐色の植物。 辛みがあり古くは生薬として用いられたものであり、好きこのんでそれだけ食べる人もあまりいないが、タデが好きでそればかり食べている虫もいることから・・・

           (タデ)

 「蓼食う虫も好き好き」とは・・・、人の好みはそれぞれで、他人から見れば「えっ」というような交際相手や趣味を持つ人もいるという意味で用いられることわざです。  




            まつ


            松の木ばかりが まつじゃない
           時計を見ながら ただひとり
           今か今かと 気をもんで
           あなた待つのも まつのうち・・・





 「巨大ケチャップ瓶」売りに、アメリカ・イリノイ州の名所で高さ50m

・ アメリカ・イリノイ州南部の町コリンズビルで、国家歴史登録財にもなっているケチャップ瓶型の給水塔が、売りに出されたそうです。 高さは約50メートルで、「世界最大のケチャップボトル」とも言われています。

    巨大ケチャップ瓶2

・ 紅白に彩られたこの塔は町の名所で築65年。 愛好家らは購入先が見つからなければ取り壊しの可能性があると懸念しています。 この塔はケチャップの瓶詰め業者のために1949年に建造されました。

・ 共同所有者は、この塔は1995年に有志の支援により修繕されたと説明。 購入者が保存してくれるよう願うと話していますが、現時点で、購入の申し出はないといいます。

・ コリンズビルは、毎年ケチャップ・ボトル・フェスティバルが開かれるなど、ケチャップの町として知られています。



    ここは、ひとつ・・・たっぷりのケチャップで   バーガー

    松ドナルドで・・・! 



   明日、25日は豊平河畔で「花火大会」・・・

           花火

              夏は盛りでございます・・・。
 



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード