なに! 明日も30℃になるの・・・・ ?

  猛暑 今日のサッポロは、最高気温32.4℃。


       熱中症症状          

  熱中症にはご注意ください。


  いよいよ、明日で7月もラスト・・・。

  楽しい夏休みだぁ~と、張り切っているのは子どもたち。

  あぁ大変と、財布の紐を締めるのは・・・・ 親たちでしょうか。

  暑さで汗、やりくりで冷や汗と・・・です。





         青ばら2

  明日で勤務終了は、Shiho さん。  shiho55.jpg お疲れさまでした。

  淋しくなります。  でも、ありがとう・・・ね。




  さまざまな夏です。 汗と涙の甲子園も・・・。



              ハイビスカス

         ジェラシー
         愛の言葉は
         愛の裏側
         ジェラシー

         夕焼けの空

         窓辺にたたずんでる君を見てると
         永い年月に触れたような気がする
         夕焼けの空のどこかで
         忘れた愛が忍び込む
         流れるのは 涙ではなく汗

         君によせる愛はジェラシー
         春風吹き 秋風が吹き さみしいと言いながら
         君によせる愛はジェラシー ジェラシー

         ハマユリ

         はまゆりが咲いているところをみると
         どうやら僕等は海に来ているらしい
         ハンドバッグのとめがねが
         はずれて化粧が散らばる
         波がそれを海の底へ引き込む

         ジェラシー
         愛の言葉は
         愛の裏側
         ジェラシー

         女性2

         ワンピースを重ね着する君の心は
         不思議な世界をさまよい歩いてきたんだ
         誰にも云えない事がある
         泣く泣く僕も空を見る
         むなさわぎで夏が来るのが恐い

         君によせる愛はジェラシー
         春風吹き 秋風が吹き 悲しみに暮れながら
         君によせる愛はジェラシー
         君によせる愛はジェラシー ジェラシー
         Oh- ジェラシー


                 ラベンダー花束



 18世紀のスペイン船から金の聖体箱を発見・・・アメリカの宝探し一家

・ 家族で宝探しに挑み続けるアメリカ・フロリダ州サンフォードの一家が、約300年前に沈没したスペインのガレオン船から、金でできた聖体箱を発見しました。

           スペインのガレオン船 

            ・・・・スペインのガレオン船・・・・

・ シュミット一家は、1715年に現在のフォートピアス沖で沈没した船から、聖体を運ぶのに使われていた金の小箱を回収しました。 この船は、中南米のスペイン植民地から本国に財宝を運んでいたが、ハリケーンに見舞われて沈没したそうです。

 シュミット一家が財宝を発見したのはこれが初めてではないのです。 昨年9月には合計50万ドル(約5100万円)相当の金の鎖と金貨を発見しています。



  お宝ハンターで、一攫千金を・・・。  

  でも、愛はお金に返られません !  えぇ、ジェラシーです。



 ついに解明・・・ピラミッドの石を運ぶ方法

      ピラミッド

・ 2.5トンの石をどう運んだのか?  考古学者と機械工学者を悩ませてきたピラミッド往年の謎がついに解明の時を迎えたようです。 アムステルダム大学研究班が辿り着いた回答は、実に灯台下暗しなものでした。

         ピラミッドの石3

・ ピラミッド建造方法については諸説ありますが、一番のネックは「摩擦」。 古代エジプト人は岩を採石場から建造場所まで大きなソリに乗せて運んできました。 ただの板切れで、端が上にくるんと曲がってる、何の変哲もない普通のソリです。

・ でも、こういうソリに2.5トンの荷物を乗せて引っ張ると、どうしても砂にめり込んで、小さな砂山が前にできてしまいます。 あんまり大きな山にならないうちに、いちいち砂を除けてやらないと、前には進めません。

● 砂が濡れていたらどうでしょう?  そう、山はできません。

・ 砂を適度に湿らせてやると、「capillary bridges(毛細血管ブリッジ)」という、砂粒同士を繋ぐ毛細血管状の超微量の水滴・・・が砂に行き渡って、砂粒同士が2倍硬くなるのです。 それだとソリの前にも山ができないし、引っ張るのに必要な力も半分になるのです。

● 多分そうやって運んだんじゃないか・・・。 大学のプレスリリースにはこうあります。

・ 物理学者らは、エジプトのソリの実験室バージョンを砂のトレイに入れ、引っ張るのに必要な力と、砂に染み込ませた水の量ごとに砂の硬さを調べてみた。 硬さは血流計で測り、ある一定の分量の砂が崩れるのに必要な力を調べた。

・ すると、砂が硬ければ硬いほど、引っ張るのに必要な力は少なくなった。  乾いた砂だと前に小山ができてしまうので、地面が硬い砂の方がソリの移動は遥かに簡単だった。

・ 言われてみれば、ヴィクトリア朝時代に発見されたジェイホテプ墓にはエジプト中期王朝の王の巨像をソリに乗せて引っ張る奴隷の絵が残っています。 そのソリの前の方には砂に水を撒く男が描かれているのです。

  ピラミッドの石2

・ 上の絵がそれです。  ほら…いますよね、右足の前に…!





             パパ

        なに! 明日も30℃になるの・・・・ ?





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード