あなた、何を食べていますか ?


  前線を伴った低気圧の影響で、北海道内は4日夜から5日にかけで大雨です。

  サッポロも蒸し風呂のような湿度、そして激しい雨足が行きつ戻りつで最悪の天候です。


  5日正午現在の24時間降水量は、上川管内幌加内町朱鞠内で196・5ミリ、留萌管内羽幌町で159・5ミリ、名寄市で152・5ミリとなり、いずれも観測史上最大を記録。  

  住民避難や床上浸水の地域も・・・宗谷、上川、留萌管内などの一部には洪水警報が出ています。


  JRも運休が相次ぎ、道路は通行止めの区間も・・・北の大地は、水の中です。




 都道府県別の「食料自給率」、2012年度は20県で低下

・ 農林水産省は5日、2012年度(概算値)の都道府県別食料自給率を発表しました。 それによると、カロリーベースの食料自給率が最も低かったのは東京都で1%です。

・ 次は神奈川県と大阪府が同率の2%、埼玉県が11%となっています。 一方、最も高かったのは北海道の200%で、以下、秋田県の177%、山形県の133%と続きます。 前年度比は、13道県で上昇、20県で低下、14都府県で横ばいです。

・ 生産額ベース食料自給率についても東京都の4%が最も低く、次いで大阪府の6%、神奈川県の14%との順に・・・。 反対に最も高かったのは宮崎県の248%で、以下、鹿児島県の231%、青森県の226%と続きます。 前年度比は、25県で上昇、11道県で低下、11都府県で横ばいとなっています。


● 同省が併せて発表した2013年度の食料自給率によると、カロリーベースの食料自給率は39%と、4年連続で同じ水準でした。 政府は食料自給率50%の目標を掲げていますが、低水準が続いています。


  食料自給率22

  食料自給率33

・ 米は、消費増税前の駆け込み需要などで需要量が微増したものの、小麦や大豆の国内生産量が減少したことが響いたとか・・・。

・ 生産額ベース食料自給率は前年度比2ポイント減の65%と、過去最低だった2008年度に並びましだ。 各品目を通じて、円安の影響などにより輸入単価が上昇。 野菜は、輸入野菜の大部分を占める中国産たまねぎの不作により輸入単価が上昇し、輸入額が増加です。 果実は、りんごの国内生産量が減ったことなどから、国内生産額が減少しました。



  食の安全を考えても、やはり食料自給率を高めるのが最良ですね。

  中国の期限切れ鶏肉も・・・あなた、何を食べていますか ?



 トリかえせ ? も、7月既存店売上高は前年比17.4%減・・・顧客離れ進む   ( マクドナルド )

・ 日本マクドナルドの7月の既存店売上高は前年同月比17・4%減で、過去10年では最も大きな減少幅となっています。

   日本マクドナルド
 
・ 6カ月連続で前年実績を下回るなど「年初から予断を許さない状況が続いていた」(同社)が、中国食品会社の期限切れ鶏肉問題の影響が大きく出ました

・ 7月の客数は9・6%減で、15カ月連続で前年実績を下回っています。 また、客単価も8・6%減で15カ月ぶりの減少です。 ついで買いのアイテムである「チキンナゲット」や「チキンクリスプ」などの「鶏肉関連商品を販売できなかった店舗が一定期間あったことが響いた」ことに加え、客離れが深刻化している状況が浮き彫りになっています。

・ また、7月に展開していた夏場のキャンペーンについても、中国鶏肉問題の影響を受け、前年の実績を下回ったもようです

・ 8月に入っても、客数や販売の状況は、鶏肉問題発覚以降とほぼ同じという状況で、依然厳しい状況が続いているといいます。



  業績回復の機会を・・・トリで、トリ逃がした! 

 
 花粉は4割減ったのに・・・重症の割合、昨年並み

・ 今春の花粉は昨春より4割減ったのに、花粉症の症状があった人のうち重症だった人の割合は昨年並み。 こんな調査結果を、気象情報会社ウェザーニューズがまとめました。

            花粉症2

・ スギとヒノキの花粉が飛んだ時期がずれたためで、同社は「例年は症状が軽くなるシーズン後半にヒノキ花粉のピークが現れ、重い症状の期間が長引いた」としています。

・ 症状は2~5月、同社のスマートフォンアプリ利用者約6万8千人に調査。 「非常につらい」、「つらい」、「ややつらい」、「大丈夫」の4択から回答してもらった。 花粉量は全国千カ所に設けた専用機器で観測。 北海道はシラカバ花粉が対象でした。

           花粉症

・ その結果、半数は「大丈夫」と回答。 内訳をみると、「非常につらい」は10%、「つらい」は24%で、重い症状を訴えた人の合計は3人に1人で昨年の31%と並び、「ややつらい」は67%でした。



  花も嵐も~、あいや、花粉も台風も踏み越えて・・・行くが男も女も生きる道であります。 ハィ



 家康 ● 徳川家康の遺訓・・・。

 「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
 不自由を常と思えば不足なし。 こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
 堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
 勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
 おのれを責めて人をせむるな。
 及ばざるは過ぎたるよりまされり。」



※ この遺訓は、実際の作者は徳川光圀らしいのです。 

 元幕臣の池田松之介が光圀の遺訓を、家康の自筆花押文書の体裁にして日光東照宮に奉納したのが始まりです。 

 偽装ですが・・・家康の作とされたからこそ、後世に残ったのでしょう。




             パパ9


           近くの道でも、疲れます・・・!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード