まぁ~、気合をいれて、お気張りやす !

  
  青空高く・・・秋、真っ盛りの日曜日。 絶好の行楽日和です。

  でも、陽が沈んで来ると、寒気が・・・あぁ、温かい「おでん」がいいです・・・。

  今、コンビニ業界は、「コーヒー」に並行して「おでん」戦争に突入・・・ですね。



           おでん
  
  「おでん」の季節・・・となれば、では、ちょっとアルコールとなります・・・が。


 合コンでは同性を意識する? アルコール事情から判明した女性心理

 ジャックダニエル ・ 女性とお酒・・・「ジャックダニエル」が、全国の20代未婚女性を対象に「イマドキ女性のアルコールに関する意識調査」を実施しています。
 

  「あなたはハイボール(ウイスキーのソーダ割り)を好きですか?」。 近年、流行している「ハイボール」についての設問です。

 合コン11

・ 結果、「大好き」または「まあ好き」と回答した女性は69.3%。 一方、「どちらかと言えば苦手」「苦手」と回答した人は19.5%。 人気の飲み方として浸透しているハイボールですが、女性の約5人に1人は苦手と感じているようです。


 ハイボールが「どちらかと言えば苦手」「苦手」と回答した女性に限定して“苦手な理由”を質問。

 合コン22

・ すると、上から「味が苦手」(43.6%)、「美味しいと思えない」(41.0%)、「甘くないから」「アルコールがきつそう」(19.2%)という声が挙がりました。

・ 「おじさんのイメージが強いから」という回答は2.6%と低く、かつては確かにあった「ハイボール=おじさんのお酒」というイメージを持つ女性は少ないようです。


 「いろいろなアレンジでアルコールを楽しむとき、ベースのお酒によく使うものはどれですか?」

 合コン33

結果、1位「ウイスキー」(47.8%)で、2位は「スイーツのような甘いフレーバードウイスキー」(31.3%)、3位は「焼酎」(20.8%)というトップ3となりました。

・ ウイスキーのアレンジはハイボールが人気ですが、フレーバードウイスキーのアレンジも人気なのです。


 「合コンの席で注文すると『男性の目を意識していると思われそう』なお酒はありますか?」。

 合コン44

・ 第1位「カシスオレンジ」(59.5%)、第2位「コーヒー系リキュールのミルク割り」(51.7%)、第3位「カシスソーダ」(18.3%)。 なんと「カシスオレンジ」と「コーヒー系リキュールのミルク割り」は過半数以上の女性が選択しています。 

・ 要するに定番の“甘いカクテル”が「男の目を意識していると思われそうなお酒」と言えるわけです。 逆に言えば、このお酒を飲む女性と一緒にいたい・・・男性としては、意識されている可能性があるわけ・・・?


 「合コンの席でお酒を注文するとき、何を意識しますか?」。

 合コン55

・ 結果、1位は「女性(同性)から浮かないようにしたい」(37.8%)で、2位は「男性から可愛いと思われたい」(16.8%)。 

・ 合コンの場で男性を意識するよりも2倍、女性は同性を意識しているらしいです。 女性間の見えない心理戦です!


 「今後、合コンで注文したいドリンクは何ですか?」。

 合コン77

・ 果たして1位は「ウイスキーやリキュールのミルク割りなどアレンジ飲み」(23%)が獲得し、2位には同率で「カシスソーダ」、「ソルティドッグ」(17.7%)がランクインしています。 


 「女子会で、女性(同性)の目を気にして気疲れした経験はありますか?」。

 合コン66

 「ある」と回答する女性は37%にも達しています。 

・ 合コンの席とともに、女性は常に同性の視線を意識していることが露わになりました。
 


  あ・ぁぁぁ、やっぱり女性って大変だぁ~。

 

 意外と知らない紙幣のナゾ・・・肖像になる基準は? 今まで最も登場したのは?

・ 何気なく使っている一万円札や千円札といった「紙幣」。 

・ この紙幣に描かれている肖像は、よく見ると全部右側にあるのはご存じですか?  なぜ全部右側なのでしょうか?  他にも、肖像に選ばれる人物の基準はあるのでしょうか?


           紙幣


◆ 覚えておくと役に立つ?  お札にまつわるトリビアたち!


● 紙幣の肖像は、全部右側がルール……ではない

・ 国立印刷局によると、基本的に右側に配置しているだけで、特に右側でないといけないルールはないそうです。
 
・ ちなみに、大正時代に発行された「日本銀行兌換券乙拾円券」という紙幣は、肖像が左側に描かれています。


● 肖像画の選出基準は、精密な肖像画が入手できる人

・ 多くの人が疑問に思っていることの一つが、「紙幣の肖像のモデルはどういった基準で選ばれるのか」ということでしょう。
 
・ まず、新たに肖像を選ぶ際は、財務省と日本銀行、そして国立印刷局の3者が協議し、最後は財務大臣の認可によって決定されます。

● 肖像の選出に際しては・・・

日本国民が世界に誇れる人物
・一般的によく知られている人物
・偽造防止の面から、なるべく精密な人物像の写真や絵画を入手できる人物


が主な選出理由になるそうです。 世界的に誇れる文化人だとしても、精巧な描写の基となる「素材」がないとセキュリティー面で適さないということです。


● 紙幣の肖像になった人物は、全部で17人!

・ 上記のような理由をクリアして肖像が選ばれるわけですが、肖像になった人物は全部で何人なのでしょうか?  

・ 肖像が印刷されたのは1881年(明治14年)に発行された「改造紙幣壱円券」が最初です。 このときの肖像は日本書紀にも登場する「神功皇后」でした。

・ そこから現在まで、この17人が紙幣の肖像として登場しています。

  ・神功皇后  ・板垣退助  ・菅原道真  ・和気清麻呂
  ・武内宿禰  ・藤原鎌足  ・聖徳太子  ・日本武尊
  ・二宮尊徳  ・岩倉具視  ・高橋是清  ・伊藤博文
  ・福沢諭吉  ・新渡戸稲造 ・夏目漱石  ・野口英世
  ・樋口一葉

※ 2000年に発行された二千円紙幣の裏面に「紫式部」が描かれていますが、国立印刷局のHPでは「肖像ではない」と扱われているため、一覧から除いております。


● 肖像の登場回数トップは聖徳太子!

・ 肖像として登場した人物の中で、一番登場回数が多いのが「聖徳太子」です。 1930年発行の「乙百円券」に初めて登場し、1958年発行の「一万円券」まで合計7回登場しています。 聖徳太子の一万円紙幣は1986年まで使われていたので、年配の方は懐かしいのではないでしょうか。


● お札には、動物もたくさん登場している

・ 人物の肖像が注目されがちですが、さまざまな動物も登場しています。 これまでに、ネズミやイノシシ、ハトやライオンなど実在の動物が8種類登場しました。 

・ また、一万円札には架空の生き物である「鳳凰」も描かれています。

● お札の重さは約1グラム!

・ お札の重さは約1グラムです。 ということは、1億円の場合は1万円が1万枚なので約10,000グラム=約10キログラムと意外と重いようです。 また、お札の高さは100万円で約1センチの高さになります。

・ 1億円なら、縦に積めば約1メートルの高さです


● ホログラムの目は、怪しいものではなく「行章」

・ 紙幣に印刷されているホログラムは角度によって「目」のような印が浮かび上がります。 これは日本銀行の行章です。 日本の「日」の古代書体がモデルとされています。


● 紙幣は、本当に和紙でできている

・ 紙幣に使われている原料は、ただの紙ではなく「ミツマタ」という和紙の材料に使われる植物と、「アバカ(マニラアサ)」という織物などに使われる丈夫な植物が使われています。 1879年に最初に紙幣を製造するときに採用され、現在でも変わらず使われています。

・ ちなみに、紙幣の寿命は、一万円紙幣で4-5年、五千円紙幣と千円紙幣は1-2年とされているそうです。 身近な紙幣ですが、「意外と知らないこと」も多かったりします。
 

 
  諭吉さんと仲良くしたいのに・・・。 

  寄ってくるのは漱石さんが多くて・・・とお悩みですか ?




      はたらけど
     はたらけど猶わが生活(くらし)樂にならざり
     ぢつと手を見る


                              ( 石川啄木 )





    23日は、秋分の日2 です。  秋、一直線ですね。 



              ムーミンキャラクター2

      まぁ~、気合をいれて、お気張りやす !



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード