気分も風邪まかせで・・・咳。 ゴホン・・・・

  サッポロは好天に恵まれた週明け・・・。

  秋の深まりを感じ、陽の温もりにホッとする日々になりました。



  今日、9月29日は・・・「招き猫の日」

         招き猫

 「くる(9)ふ(2)く(9)」(来る福)の語呂合わせから、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会が記念日に制定しました。

・ この日を中心に、伊勢の「おかげ横丁」の福招き猫祭をはじめ、日本各地で記念行事などが開催されます。

・ 右手上げは「金運招来」、左上げは「千客万来」といわれています。


               両手上げ


   諸手を挙げて喜ぶ・・・そんなことも少ない昨今で・・・!

   諸手を挙げて待っていますよ・・・お~い !


   淋しい・・・、悲しい・・・ニュースが多いですね。



           一生一度きりの別れならばいいものを
          人は幾度となく 悲しみを繰り返す
          手さぐりの中でふと抱かれるような
          甘い思い出は通りすぎてゆく

          振り返ることなく 明日だけをみつめながら
          いつか来た道と気づかずに歩いた
          そこは幸せと不幸の別れ道
          悲しみおぼえた 出逢い道

          私だけのあなたには なってくれるはずがない
          心のぬくもりも今は
          わすれてみるわ わすれてみよう
          揺れる二人の 夢もよう ・・・


         水に浮かぶ枯葉


          水に浮かぶ枯葉に目を向けると
          丁度今の私 同じようにみえた
          風に打たれ雨に打たれ たどる道は
          苦しみおぼえた迷い道

          はかない恋の ほろにがさを知って
          強がりはよせよと口ずさんでみます
          あふれる涙はとめどなく流れて
          とまどう私は 闇の中

          私だけのあなたにはなってくれるはずがない
          心のぬくもりも今は
          わすれてみるわ わすれてみよう
          揺れる二人の 夢もよう ・・・



          選択2


  あぁ、この山道を行かなければ・・・残念、幸せと不幸の別れ道になってしまいました。 

 拡大する御嶽山噴火の被害

・ 死者10人に・・・新たに6人、心肺停止5人も・・・山頂付近に24人 !

・ 御嶽山(3067メートル)の噴火で、28日に発見された人と合わせ、24人が心肺停止で山頂付近に取り残されているますが、ガス濃度が高まり救助隊が近づけず、救出は30日以降に持ち越されています。

・ 誠に残念ながら心肺停止状態では、生存の見込みは無いに等しいでしょう。

・ 山頂近くの御嶽神社付近は硫化水素を含んだガスが充満していて、救助隊の二次災害の恐れも・・・平常では静かな自然も、厳しい残酷な一面を現しています。


          御嶽山の噴火



◆ 過去20年間で多くの死者を出した火山噴火は・・・

1994年 インドネシア:人口が集中するジャワ島中部に位置する同国で最も活動的な活火山、ムラピ山が噴火し、60人以上が死亡、約6000人が避難を強いられた。

1995年 フィリピン:ミンダナオ島南部にあるパーカー火山の噴火口が崩壊し、少なくとも70人が死亡、30人が行方不明となった。 なお、4年前の1991年には首都マニラの北80キロにあるピナツボ山の噴火で800人以上が死亡している。

1997年 イギリス領モントセラト:カリブ海のモントセラト島の火山の噴火により、モントセラトの政庁所在地プリマスが壊滅状態に。 高温の岩石と火山灰雲の火砕流に巻き込まれ20人が死亡、または行方不明になった。

1999年ペルー:首都リマ北東部のアンデス地域で発生した突然の火山噴火で地滑りが起き、同地域の5村が土砂に埋まった。

2002年コンゴ民主共和国(旧ザイール):同国東部にあるニラコンゴ火山の噴火でゴマ市中心部と住宅区域数か所が破壊され、70人以上が死亡した。

2010年インドネシア:ムラピ山で起きた1872年以降で最大の火山爆発により、少なくとも350人が死亡。 同山は1930年にも大規模な噴火を起こし、1300人が犠牲となった。

2014年インドネシア:スマトラ島にある活火山、シナブン山が大規模な噴火を起こし、少なくとも16人が死亡。 同山は2010年に噴火するまで400年間にわたり休火山状態だった。

2014年日本:御嶽山(3067メートル)が突然噴火し、山頂付近で「心肺停止」状態の登山者31人が救助隊により発見された。 同山は何の前触れもなく噴火し、火山灰、岩石、水蒸気を噴出。噴火発生後、これまでに4人の死亡が確認されている。 日本では1991年、雲仙の火山噴火で43人が犠牲になっている。

・ 史上最悪の火山噴火は、インドネシアで1883年に発生し、3万6000人以上の犠牲者を出したクラカトア火山の爆発とみられている。 この噴火では、噴出した火山灰、岩石、噴煙が上空20キロ以上にまで到達、周辺の地域は暗闇に包まれた。 また噴火で発生した巨大な津波は世界中で感知された。



  地球上では、毎年のように噴火、そして地震と・・・マグマが渦巻く地球内部です。

  いつ、どこが・・・予想もできない天地の異変でしょうか。




 「マッサン」の放送始まる・・・舞台の余市では鑑賞会

 NHKの新しい連続テレビ小説「マッサン」の放送が29日朝から始まりました。

・ 舞台の一つとなる北海道の余市町では、町の人たちが集まって初回の放送を見る会が開かれました。 連続テレビ小説「マッサン」は国産のウイスキーづくりに取り組んだ竹鶴政孝とスコットランド出身の妻、リタをモデルに描く人情喜劇で、余市町の人たちも参加して撮影が行われました。

         政孝とリタ

・ 29日朝は、余市宇宙記念館にある大型スクリーンの前に町の人たちが120人ほど集まり、初回の放送を見る会が開かれました。 放送では冒頭、年老いた主人公の「マッサン」こと亀山政春が余市町のニッカウヰスキー余市蒸溜所で昔を振り返るシーンが流れ、会場の人たちはスクリーンを食い入るように見つめていました。

        ニッカウヰスキー余市蒸溜所

・ 連続テレビ小説「マッサン」は、来年3月末まで合わせて150話放送されます




 書籍   『マッサンとリタ ジャパニーズ・ウイスキーの誕生』 

・ オリーヴ・チェックランド著、和気洋子訳

            マッサンとリタ 

・ 「マッサン」放送を機に多数刊行された竹鶴政孝とリタ夫人の関連書のなかでも、版元がNHK出版だけにもっともオフィシャル感の強い一冊。

・ 著者は長らく日英交流史の研究に携わったイギリス人女性(2004年没)で、本書はもともと『リタとウイスキー 日本のスコッチと国際結婚』という邦題で1998年に日本経済評論社より刊行されたもの。

・ 今回「マッサン」放送にあわせて増補改訂のうえ復刊されました。




 NHK朝ドラ“主役”でニッカ攻勢・・・50万円の限定ウイスキーも発売

・ ニッカウヰスキーが、ブレンデッドウイスキーの新ブランド「ザ・ニッカ」を今月30日に発売します

 同ブランドの数量限定ボトル「40年」(参考本体価格50万円)も発売です。 ニッカ創業者、竹鶴政孝の生涯を描くNHK連続テレビ小説「マッサン」も追い風に、国産ウイスキー各社は市場のさらなる活性化を目指します。

・ ウイスキー新ブランド「ザ・ニッカ」の12年物(左)。 右は700本限定、1本50万円の40年物

           ブレンデッドの新製品登場

・ 700本限定の「ザ・ニッカ40年」は、同社史上で最高価格。 1945年に蒸留した同社最古の原酒などをブレンドした、重層的で芳醇な香りの逸品です。

・ 通年販売する「12年」(同5000円)は、従来のブレンデッドウイスキーよりも比率を増やしたモルトのコクと、グレーンのまろやかな甘さが調和。 いずれも竹鶴が自ら考案した狛犬と兜のエンブレムを瓶にあしらい、高級感を演出しています。

・ 「竹鶴生誕120年、創業80年という記念の年にふさわしいウイスキーができた。 新しい旗艦ブランドへと育てたい」と意気込んでいます。



● ウイスキー業界の期待・・・高価格帯の本格ウイスキー

・ 今年上期の国内ウイスキー需要は前年同期比で約4%成長。 拡大を支えているのはここ数年来のハイボール人気ですが、それを入口にファン層が広がった高価格帯の本格ウイスキーは、より大きな伸びを示しています

・ ニッカの1~8月販売実績をみると、「ブラックニッカ」の6%増に対して「竹鶴」は39%伸長。 今後の「マッサン効果」も期待し、竹鶴の年間販売計画を当初比2割増、前年比4割増の186万本に上方修正しました。

・ キリン ディスティラリーも、主力 「富士山麓」の販売が約10%増と好調。 最大手サントリー酒類は昨年から20億円を投じ、原酒生産力を4割引き上げました



 毎回、テレビ画面を食い入るように見つめ、手にするのはハイボールで・・・

 これこそ、正統派「マッサン」の観覧作法でございます。 

 これを、日課(ニッカ)とされれば、言う事なしです。 ハイ




     気分も風邪まかせで・・・咳。 ゴホン・・・・


       パソコン

           眼も虚ろな日々で・・・! 


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード