・・・血の気を失くしました !

  
  明日から11月・・・霜月(しもつき)です。

  「霜月」は文字通り、霜が降る月の意味です。 

  7日は「立冬」、いよいよ冬のスタート・・・。



           椿

    ● 11月の花  椿 Camellia

・ 日本や中国を原産とし、万葉の時代から日本人に愛されてきたツバキ。 ヨーロッパに渡ったのは18世紀。 東洋的で端正な美しさに「日本のバラ」という賛辞が捧げられます。

・ 19世紀には小デュマの原作小説に基づき書かれたオペラ「椿姫」にも主人公の女性を象徴する花として登場します。


    ● 花言葉 「控えめな優しさ」 「誇り」

    ※西洋での花言葉   Language of flowers

   「You’re a flame in my heart(あなたは私の胸の中で炎のように輝く)」




 今年のトレンドは「アナ雪」・・・アメリカのハロウィーン仮装合戦

・ ハロウィーン、アメリカの「仮装合戦」はいっそう派手になりつつあります。 

・ 今年の流行は、映画「アナと雪の女王」のエルサや映画「マレフィセント」でアンジェリーナ・ジョリーが演じた妖精のコスチュームが子供から大人まで人気があるようです。

      アナと雪の女王のコスプレ    映画「マレフィセント」でアンジェリーナ・ジョリーが演じた妖精

・ マンハッタンのレンタル衣裳店によると、フードのついたマレフィセントの黒い革ドレスのレンタル料は450ドル(約5万円)。 エルサのきらきら光るドレスはもう少し高額だという。 

・ これに対し、ドラキュラなどのコスチュームは平均60ドル(約6600円)と若干手頃です。

          ハロウィン 仮装

・ 同店のスタッフは「伝統的なハロウィーンのコスチュームはほとんど見かけなくなった。 ネットやメディアの影響だろう」と話しています。

・ アメリカ全国小売連盟(NRF)は、アメリカ人が今年のハロウィーンにかける費用を74億ドル(約8100億円)と予想。 このうち28億ドル(約3100億円)が子供や大人、ペットの仮装にかかる金額です。 中には1人で数千ドル(数十万円)をかける人もいるとか・・・。

・ レンタル衣裳店には、映画「トロン」で登場人物たちが着用していたものと似た、青い蛍光色の電飾で覆われた衣装もあり、「文字通り、何でもありだよ」とかです。


          ドラキュラ
  ドラキュラは人気低下で・・・血の気を失くしました ! 



 いつまでも老けない・・・美女になるための「5つの習慣」

 「高価な化粧品を使っているのに老化が止まらない…!」このように化粧品に気をつけるのはもちろん大事ですが、老化は外側からのケアだけじゃ防ぐことはできません。

              美女

・ 「ずっと若々しく綺麗なままでいたい」そんな方のために・・・ネット記事から若さを取り戻すアプローチです。

● ピンクの下着をつける

・ ピンクは成長ホルモンを分泌させるアンチエイジングカラー。 もし、若々しい肌を保ちたいのなら、素肌に直接つける下着をピンクにするのがオススメ。 ピンクの色彩効果でお肌もプリッとして見えます。

● 恋をする

・ 好きな相手のことを想うと幸せな気分に浸れます? 実は、恋も立派なアンチエイジングの1つ。 胸がトキめくことで脳内の女性ホルモンの分泌が活性化されるので、髪やお肌がツヤツヤになっていきます。

・ 恋をしている人が輝いて見えるのは、ちゃんと理由があるのです。

● 睡眠を最優先にする

・ 深い眠りについている時は成長ホルモンも分泌されるので体も若返ります。 また、睡眠不足はシミ・シワ・クマ等の恐ろしい老け見えの原因になります。

・ 憂さ晴らしや出会いを求めて飲み会を最優先にするよりも、質のいい睡眠を心がけて若々しさをキープしましょう。 こちらの方がストレスも軽減できて、見た目も魅力的になれます。

● 興味のあることに挑戦する

・ 「もう年だから…」こんな言葉を口癖にしていませんか? どんなことにおいても、年齢を気にして諦めてしまうのは本当にもったいないことです。

・ “年齢不詳”と呼ばれる人達は、興味のあることには何でも挑戦し、皆さん活き活きとした顔つきをされています。 周りの目など気にせず自分の心に素直になって、心の若さを取り戻してみませんか?

● 最新の音楽に触れてみる

・ カラオケに行くと後輩たちが歌う曲についていけない、最近の曲の良さが理解できなくなった、こんな思いをしたことはありませんか?

・ 「近頃の曲はどれも同じ」なんて決めつけず、きちんと最新の音楽に触れてみてください。 きっとその曲のいい面が見つかり、流行を知ることが出来ます。 こうやって流行を身をにつけることで若々しくいることが出来ます。


・ 内面を変えることは想像以上に効果的。 これを機に今までの自分の行動を見直すと、いいことが起こるかもしれません。



     いつまでも老けない ?  ど根性カエル2 クックッ !



 「とても珍しいことだ」 ・・・ニューヨーク市で新種のカエル発見

・ 地球上で最も人口密度の高い場所であっても、自然はあっと驚かせることがあります。 ニューヨーク市内で新種のヒョウガエルが見つかりました。 

・ アメリカ国内で新種のカエルが発見されたのは30年ぶり。 このカエルは、840万人が暮らすニューヨーク市の真ん中でずっと気づかれずにいたようです。

  発見されたヒョウガエル (Rana kauffeldi)2

 「とても珍しいことだ」と、このカエルを発見した研究者チームの生物学者は述べます。

・ 研究者チームはこのカエルの存在について2年前に、「Molecular Phylogenetics and Evolution」誌に初めて報告しました。 しかしこのときの研究はこのカエルの遺伝的特殊性に焦点を当てたもので、当時はミナミヒョウガエルの一種だと考えられ、まだ名前がつけられていなかった。

・ 今月「PLOS ONE」誌に発表された新研究は、ニューヨークで見つかったこのカエルは新種とみなすべき特徴を備えているとし、ニューヨーク市に未発見のカエルが存在する可能性を20世紀半ばに指摘していた偉大な爬虫両生類学者、カール・カウフェルド(Carl Kauffeld)に因んでRana kauffeldiと命名しました。

・ R. kauffeldiは皮膚にやや特徴的な斑点を持ちます。 何よりも顕著な特徴は交尾期の鳴き声です。 研究者はR. kauffeldiの鳴き声を、「繰り返さない単音のクックッという声」と表現しています。 

・ これは、同地域に生息する他のヒョウガエルの繰り返すいびきのような鳴き声とは異なっているとか・・・。

 

   クックッ! 生まれも育ちも大都会でござる・・・よ  と根性ガエル



         ハロウィン

        まぁ~ ハッピー ハロウィーン
             




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード