さぁ~、11月です。 と言ってもさぁ~・・・。

  
 11月  さぁ~、11月です。 と言ってもさぁ~・・・。

 2014年も残すところあと2カ月をきり、すっかり肌寒くなってきました。 

 風邪などを引かないように注意したい季節の変わり目です。

 相次ぐ値上げのスタート・・・電気を消して暗くいきますか。




 11月の記念日「いい○○の日」って・・・

・ 11月は「いい○○の日」ラッシュ・・・です。  『日本記念日協会』によると、約30も「いい○○の日」が登録されているそうです。

・ 中には「なるほど」というものもありますが、「強引すぎじゃない?」、「そもそも “いい” 必要か?」と思わざるを得ないものもあります。 そんな11月の「いい○○の日」をまとめて紹介です。

         いいひ

● 「いい○○の日」

 11月1日:いい姿勢の日
 11月3日:いいレザーの日
 11月5日:いい男の日・いい酵母の日
 11月7日:いい女の日・いいおなかの日
 11月8日:いいバッグの日・いいお肌の日・いい歯並びの日
 11月9日:いい靴の日
 11月10日:いい頭皮の日・いい友の日・いい音オルゴールの日
 11月11日:いい出会いの日、
 11月13日:いいひざの日
 11月14日:いい石の日
 11月16日:いい色の日・いいいろ塗装の日
 11月18日:いい家の日
 11月19日:いい息の日
 11月20日:いい乾物の日
 11月22日:いい夫婦の日
 11月26日:いいプルーンの日・いい風呂の日・いいチームの日
 11月29日:いい肉の日、いいフグの日、いい服の日

と、ざっと28もの「いい○○の日」が記念日として登録されています。


● 理解できるものもある ?

・ 記念日として必要かはともかく、理解できるのは「いい男の日」、「いい女の日」の2つ。 「いい男の日」と「男の日」では “いい” が付くか付かないでだいぶ意味合いが変わってしまうから・・・。 

・ ちなみに「いい男の日」は資生堂が、「いい女の日」はたかの友梨ビューティクリニックが制定しています。


● 「いい」が必要かどうか……

・ それ以外は正直、“いい” が必要かと言われると・・・。 11月29日の「いい肉の日」、「いいフグの日」、「いい服の日」は2月9日でよかったんでは? と思ったりもします。

・ 11月26日に登録されている3つの記念日も、2月6日でいいような気も・・・。


● 「いいひざの日」とは

・ パッと見て気になったのは11月13日の「いいひざの日」。 てっきり『沢村忠』の真空飛び膝蹴りを称える記念日かと思いきや、寒さが増してひざが痛み出す時期に関節痛の薬を開発するゼリア新薬工業株式会社が制定した日でした・・・。

・ とはいえ、どの記念日も様々な思いを込めて制定したことには違いありません。 「いい○○の日」が続く11月、あなたにぴったりの記念日が見つかるかもしれません。
 


  あぁ、どうでも・・・いい日。 まずは、いい月になりますように・・・?


 犬の名前と言えば、「ポチ」・・・なぜ?

 11月1日はワンワン・ワンで「犬の日」。 毎年この日に合わせて発表される「犬の名前ランキング」では、今年も「ココ」が総合ランキング1位を獲得。 続いて2位に「チョコ」、3位に「マロン」と愛犬たちの可愛い名前が続きます。


        ポチ


     ♪ うらのはたけで ポチがなく
      しょうじきじいさん ほったれば
      おおばん こばんが ザクザク ザクザク
 
                          (童謡)「花咲爺」


          花咲爺


・ さて、犬の名前といえば昔からの大定番が「ポチ」ですが、この「ポチ」というネーミングの由来をご存知でしょうか?  「ポチ」が犬の名前の定番となったのは明治時代になってから。 いくつかの説がありますが、現在有力視されているのがこの3つです。

① 犬の柄「ぶち」がなまって「ポチ」になった。

② フランス人宣教師がペットの犬を「Petit(プティ)」と呼んでいるのを聞いた当時の人々がその語感を真似して「ポチ」と呼び始めた。

③ イギリス人が番犬に「Go porch(ポーチ)」と言っているのを聞いた人々から「ポチ」という呼び方が広まっていった。


・ ちなみに明治43年に朝日新聞が掲載した「犬の名前ランキング」では、1位がポチ、2位がジョン、3位がマルだったそうです。 今とは大分違いますが、共通しているのはその語感の良さと呼びやすさ。



  こういうデータを目にすると、犬と人間の距離の近さを再認識しますが・・・お~い、ポチ。


◆ ポチ袋

・ 心づけ・お年玉などを入れる小さな紙袋、祝儀袋。

    ぽち袋

・ ポチ袋の「ポチ」は、関西の方言で芸妓や茶屋女などに与える祝儀のことでした。  祝儀を「ポチ」と呼び始めた由来は定かではありませんが、非常に少ないことを「これっぽっち」というように、「ポチ」には「小さな(これっぽち)」や「ほんの僅か」という意味があります。

 「少ないですが」という謙虚な気持ちで渡したのが始まりです



  犬のポチも・・・小さい、かわいい、からきているかもしれません。 (新説 ? )


 クリスマスイブ伝説は本当?・・・「24歳が一番可愛い」

・ 「女子の最も可愛い時期は24歳」なんていう女子クリスマスイブ伝説が巷では囁かれているとかいないとか。

・ どうもクリスマスのケーキに例えられ、24が欲しがられるピーク、25がギリギリ、それ以降はもう旬じゃない・・・と言われているのです。

           24歳が一番可愛い?

・ しかし、そんな若けりゃいい理論は一昔前の話。 今時そんな話がまかり通っているワケはないよね? いや、そうでもないとのネット記事です。

・ なぜ24歳が圧倒的に支持されているのでしょう? そのワケは・・・。


● 1.見た目

・ 大学生は若さゆえに年上からちやほやされて調子に乗りがちですが、心の内では「まだガキだな」なんて思われているかも。 とにかく若ければ価値があるというような、単純な話ではないみたいです。

・ 20代中盤、親離れもして自分の生活を自分で歩んでいるたくましさがありながら、まだあどけない若さも持っている24歳への支持層は厚いようです。

● 2.結婚に焦ってない

・ 20代後半になればなるほど、そろそろ腰を落ち着けたくなります? そうすると彼氏にかかる圧力はぐんと増えます。
 
・ 結婚をできれば先延ばしにして、ふらふらと遊びたいと思っている男性にとっては、外圧をかけてこない24歳くらいが楽に付き合えるのだとか。

● 3.落ち着いてきてる

・ 人によっては学生のこともありますが、多くの人が社会にでている年頃。 新人ではなく後輩も出来た頃でしょうか? 生活が変わるバタバタの時期も超えて、慌ただしいながらも生活が落ち着いているころなのかもしれません。

・ 暇を持て余しているわけでもなく、かといって大きな責任に悩まされているわけでもない、落ち着いて付き合える時期なのでしょう。

● 4.「可愛い」の期限は20代前半

・ 確かに25歳を超えてくると、AKBの制服を着て踊るのはいくら可愛くてもちょっときつい?となる年頃かも。 お世辞を抜きに可愛いと言ってもらえる期限はこの24歳が大きな分かれ目のようです。

・ 25歳くらいを境に、可愛さを追求するよりも綺麗さを追求したほうがいいのかもしれません。

● おわりに

・ あくまで「見た目の面から24歳が良い!」という人と、落ち着きや結婚の焦りがないなどの「内面的な面から24歳が良い!」という2つに大きく分かれていました。

・ ただ、前向きに考えれば可愛いだけ以外の武器が年をとると効いてくるということ。 色気や綺麗さ頼りがいなど、見た目以外の部分がポイントになるのかもしれません。



  可愛いは過ぎた。 では、めざすは・・・?


 「自分を金持ちだと思ってない」・・・アメリカの大金持ちの知られざる側面

・ 大金持ちと聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?  強欲で、投資ばかりしていて、富を誇示している? 

     ドル2

・ アメリカの調査会社が発表した報告によると、一般的なイメージとは異なる側面が浮き上がってきました。 その思わぬ側面をDaily Worthが紹介しています。

● 自分を金持ちだと思ってない

・ 調査会社がアメリカのトップ8%にあたる資産を持っている人に、自分たちはどの程度のお金持ちだと思うか、0(貧乏)から100(お金持ち)の間で答えるよう求めたところ、答えの平均は63.91だったそうです。「真ん中よりちょっと裕福」という認識なんですね。

● 努力と教育が鍵

・ 大金持ちと聞くと、代々裕福な家系に生まれた人なのではないかと思いがちですが、そうでもないようです。 大金持ちになれた要因について本人たちに聞いたところ、努力と教育が最も重要だと答えた人が多かったとか。

● 投資では専門家の協力を得ている

・ 遺産でお金持ちになったわけじゃないなら、自分でやった投資が当たったんじゃない? というイメージもどうやら違うみたいです。 大金持ちのうちの75%は、専門家のアドバイスをもらったり、専門家を雇って投資をしてもらっているそうです。




     大金持ちとは云いませんが・・・ダラ銭なら・・・

          ムーミン ぽち袋

     当店でも、多種多様の袋をご用意しております。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード