一生に一度だけ・・・!!

  

  11月もスタート・・・。 連休明けで、早くも4日。

  サッポロは街角にも、雪の舞う日がやって来ました。 強風つづきの毎日です。
 

         ゆきふり2


       白い世界も、刻々と・・・迫り来るようです。


 一生に一度だけ!・・・ 明日は171年ぶりの「ミラクルムーン」

         十三夜 11月

・ 明日5日は 171年ぶりの名月です。

・ 旧暦では今年は9月に「うるう月」が入るため、明日5日は「うるう9月13日」。 十三夜の月が2回見られるのは171年ぶり。 台風20号に邪魔されずに楽しめる所が多そうです。


◆ 171年ぶりの名月 広くお月見日和

・ 旧暦8月15日の「十五夜」だけでなく、旧暦9月13日の「十三夜」も昔から美しい月として楽しまれてきました。

・ 「十五夜」は中国から伝わったものですが、「十三夜」は日本独自の風習で、「十五夜」の月を見たら、「十三夜」の月も見ないと縁起が悪いといわれていたそうです。

・ そんな「十三夜」の月が、今年は、171年ぶりに2回楽しめるのです! 

うるう月とは

・ 一般に「旧暦」と呼ばれる「太陰太陽暦」では暦と季節のずれが大きくなって、ひと月分くらいになるとずれを修正するために「うるう月」を入れます。

・ 今年は通常の9月の次に「うるう月」が入ったので「うるう9月」に。 9月に「うるう月」が入るのは、とても珍しく、前回は1843年でした。 (江戸時代で、ちなみに黒船来航が、その10年後の1853年です。)

うるう月のおかげで、十三夜が2回

・ 明日11月5日は、旧暦『うるう9月13日』ということで、「後の十三夜」です。 ちなみに、旧暦『9月13日』だった約1か月前の10月6日の夜は、関東から北では、お月見にはあいにくの天気でした。

      5日

・ 上記の星空指数を見ると、今回の「後の十三夜」は、お月見日和の所が多そうです。



   171年ぶりの月を、ぜひ、皆さんの目で楽しんで下さい。

  
   こちらは  おつっっっ・・・・と、見えたか ?

 ストリートビューに胸の谷間が・・・グーグルに罰金2,000ドル

・ おっと、ラッキー、じゃなかった。

・ カナダ裁判所から罰金を命じられたグーグル。 その原因となったのは、ストリートビューに写り込んだ女性の谷間画像でした。

   2胸の谷間
 
・ この女性が、無断でストリートビューに掲載されたことはプライバシーの侵害であり、精神的苦痛を受けたとして裁判所に訴えたのです。 撮影されたのは2009年でした。

・ 裁判所は、彼女の主張を全面的に受け入れはしませんでしたが、2,250カナダドル(約2,000ドル、約20万円)の罰金をグーグルに課す判決を下しました。



  恥かしいとは思えないスタイルのよい女性ですが、本人はやっぱり嫌かも・・・?


 ジョン・レノンのギターが競売へ・・・1億円超えの予想も

・ ビートルズのメンバーだったジョン・レノンが1960年代に使用していたギターが、今月競売に掛けられます。 イギリスのオークション会社は、落札価格は40万~60万ポンド(約7300万~約1億1千万円)と予想しています。

    ギターを弾くジョン・レノン

   ロンドンのスタジオで、今回競売に掛けられるギターを弾くジョン・レノン=1966年

・ ギターはアメリカ・グレッチ社製で、1966年発表のビートルズの曲「ペイパーバック・ライター」の収録で使用されたものとか・・・。 レノンから1967年にギターを譲り受けた、いとこの男性が保有していました。

・ オークション会社は、このギターの由来の確かさなどから「過去30年間に売りに出たレノンのギターの中で、最も重要なものの一つ」としています。



  まあ~、マニア垂涎のお品・・・でもなくなってきました。 なにせ、お値段が・・・。 


 古い本の「ニオイ」は・・・コーンスターチで消臭

・ 物置や押入れに置きっぱなしになっている本には、本特有の「古臭いニオイ」が染みついているかもしれません。 そんな時、コーンスターチをいくらか振り掛けると、本にダメージを与えずに臭いを取り除くことができます

・ 本の表紙の両側を少し開いた状態で、新聞紙などの上に立たせます (こうしておくことで、コーンスターチを再利用する時に簡単に掃いてまとめることができます)。

  2古い本

・ ページを扇形に広げて、本の上からコーンスターチを振り掛けて表面を覆います。 一晩、そのままで置いておき、コーンスターチを振り落としましょう。 これで、ニオイの取れたキレイな本になるのです。

・ コーンスターチを落とす時に本を振って、ページを綴じている部分を傷つけないようにお気をつけください。



  臭い物に蓋をする・・・の通り、蓋の変わりはコンスターチでありました。


● コーンスターチ  は、トウモロコシから作ったデンプン末。 食品・繊維・紙類の糊料として利用されます。

・ コーンスターチ(トウモロコシのデンプン)と片栗粉(ジャガイモのデンプン)では、水を加えて加熱した時に出来る粘りに違いがあります。 コーンスターチの粘りは温度が下がってもあまり変わりませんが、片栗粉は温度が下がると粘りが弱くなります。



 「9.11」跡地に、全米一の高層ビル開業・・・初テナントは出版社

・ 全米一高いビル「ワン・ワールド・トレード・センター(One World Trade Center、1WTC)」が3日開業し、初の商業テナントとして「ヴォーグ」、「ニューヨーカー」、「バニティ・フェア」などの雑誌を発行する大手出版グループ・コンデナストが入居しました。

  VOGUE.jpg  The New Yorker  Vanity Fair 

・ 2001年9月11日の同時多発テロで崩壊した世界貿易センターのツインタワー跡地に建設された新タワーが、象徴的な門出です。

                ワン・ワールド・トレードセンター2

・ ニューヨークのビージー通りにある1WTCは、「9・11記念博物館」のすぐそばにあります。  1WTCは、5つのタワーからなる複合施設の中心的な建物で、104階建て、高さ540メートル。 これは1776フィートに相当し、アメリカが1776年にイギリスからの独立を宣言したことにちなんでいます。 一般の人が訪れることができる100~102階の展望デッキは来年の春にオープンする予定です。

・ 建築家デービッド・チャイルズがデザインした1WTCは、シンプルなライン、針のような尖塔が特徴で、鏡のような窓が日光を浴びてまぶしく輝くニューヨークの新しいランドマークとなっています。

・ この他のテナントとしては、チャイナセンター・ニューヨークやスポーツスタジアムの運営などを手掛けるレジェンズ・ホスピタリティ・グループ、連邦官公庁の物資調達を担当する一般調達局が入ることになっています。

・ 1WTCはニューヨーク・ニュージャージー港湾公社が所有し、運営管理はダースト・オーガニゼーションが行う。 ダースト・オーガニゼーションの広報担当者によると、オフィススペースの約6割のテナントがすでに決まっているとか・・・。



  衝撃の一瞬から、はや13年・・・。

  現況は・・・The NewYorker の表紙が物語ります。 ハイ



   強風で飛ばされる~・・・防止2




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード