一目だけでも・・・

  居眠りしたくなるような、のどかな天気・・・。

  夕日が高層ビルを照らします。
  
  

         JRタワー
  

 「ムスク」の香りを放つ"ヴァンパイア鹿"が60年ぶりに発見される !! (アフガニスタン)

・ アフガニスタン北部にある山間部で、絶滅が危惧されていたカシミールジャコウジカの生存が確認されました。 最後に目撃されたのは1948年、実に66年ぶりです。

          ヴァンパイア鹿

● 吸血鬼のような牙をもつレア鹿

・ 可愛らしい外見ですが、長く湾曲した牙を持っているところから"ヴァンパイア"とも呼ばれるジャコウジカ。 牙を持つのはオスですが、これは血を吸うためにあるのではなく、メスを惹きつけ、ライバルのオスを撃退するためのものなのです。

・ ジャコウジカは体長約1メートル、体高60センチほどで、オスは腹部に麝香(じゃこう)腺を持ち、繁殖期に強い臭いを放つ。 いわゆる『ムスク』といわれる甘く強い香気は古来より生薬や香料として重宝され、驚くほど高い金額で売買されてきましたが、密猟により数が激減し、現在は絶滅危惧種としてワシントン条約で保護されています。 そのため、現在香水などで使用される場合は、合成香料である合成ムスクが用いられています。

・ 野生動物保護協会(WCS)の調査隊は、今回このシカを5回目撃したという。 単独の同じオスを3回観察し、1回は大人のメスと若い一匹が一緒に観察されました。 5回目の目撃ではメスが単独でみられましたが、前回のメスと同じであるどうかは不明だといいます。

・ 目撃された場所は全て傾斜の厳しい、草木の生い茂る山岳地域で、調査隊は「シカは非常に見つけ難く、残念ながらカメラに収めることは難しかった」とか・・・。

● 危機に晒される絶滅危惧種たち

・ WCSアジアプログラムは、「ジャコウジカはアフガニスタンの生きた宝のひとつ」だとして、WCSと現地の提携団体が速やかにジャコウジカ保護に向けた対策を採るべきだと働きかけています。

・ 今回の66年ぶりの生存確認は喜ばしいニュースですが、未だにジャコウジカの密猟は続いています。 ブラックマーケットではなんと1キロあたり4万5千米ドル(約500万円)という高値で取引されているようです。



  カメラに収めることは難しかった・・・とは、残念 !  一目でも見られた のが幸いでした。


 一目惚れ3   一目惚れには ! ・・・ "二目惚れの機会"を・・・

・ 一目で恋におちる「一目惚れ」。 経験したことのある人も多いことでしょう。

・ また、「一目惚れ」までいかなくても、ぱっと見かけたその姿が気になったり、忘れられない、そんな経験は少なくないようです。 よく知らない相手とのそんな出会いを、プラスにするにはどう行動したらいいのでしょうか?

1.二目惚れの機会を作る

・ 一目惚れそのものを、自分も相手も納得できないことがあります。 そこで、もう一度見かける、またはもう一度会う機会を持つことはとても重要です。 二度目には、「あれ?」と感じるかもしれないし、「やっぱり!」と「二目惚れ」できるかもしれません。

2.情報収集

・ 一目惚れしただけでは、自分も相手もその先へと進むきっかけがありません。 そこで、まずは情報収集を行いましょう。 ただし、ストーカーに間違えられたり、怪しまれないように気を付けてください。

3.自己アピール

・ 自分の気持ちが確認できて、相手のこともある程度知ることができたら、今度は相手に自分のことを知ってもらいましょう。 間に入ってくれる友人・知人がいればいいのですが、未知の相手の場合は、「声をかける」とか「手紙を渡す」といった伝統的な恋愛のスタート方法がオススメです。

4.一目惚れであることを強調しない

・ お互いを認識できても、一目惚れであることを強調しないように気をつけましょう。 一目惚れは素敵な恋の始まり方ですが、ただの思い込みだと取られることもあるからです。

5.ゆっくり進む

・ 一目惚れという事実に舞い上がり、一方的にガンガンと攻めたり、突っ走ってしまわないように気をつけましょう。 相手にとっては、自分が出会ったばかりの人であることを忘れず、ゆっくりと関係を進めていくのがコツです。



   一目惚れから始まる愛は幸せをつかみやすいという統計もあるようです。 

   一目惚れは神様がくれた強烈な出会いのチャンスかも・・・しれません。 ハイ



 一目でも見たい ! 驚異の契約をロバート・プラントが蹴る・・・ツェッペリン、復活話に900億円

・ レッド・ツェッペリンのヴォーカル、ロバート・プラント(66歳)が、再結成に向けた5億ポンド(約906億円)以上の契約を断ったとか・・・

        ツェッペリン2

・ 1980年に解散して以来、2007年にロンドンで一夜限りの再結成ライブを行っただけの同バンドが、3都市35公演を行うワールドツアーに対する巨額契約が持ち上がった際、メンバーのジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズをはじめ、前回の再結成の際には亡き父ジョン・ボーナムに代わってドラマーを務めたジェイソン・ボーナムもこの話に同意したものの、ロバートだけが反対したのだといいます。

・ ヴァージン系列の経営者であるリチャード・ブランソン氏によるそのオファーには、ツェッペリンのメンバーの移動にはザ・スターシップと新たに命名されたジャンボ機が使用されるほか、その後方20列は1席10万ポンド(約1,800万円)で販売されることなどが含まれていました。 前述の関係者はサンデー・ミラー紙に「ブランソンは出来る限りをしようとしていました。 それだけお金を積んでもロバートを乗り気にさせるには足りなかったんですよ。 ブランソンはがっかりしています」と続けています。

・ また別の関係者によれば、ジェイソンには固定給が支払われる中、3人の創立メンバーはロンドン、ベルリン、ニュージャージーでの35公演で2億5,000万(約453億円)に関連商品からの収益となる7,000万ポンド(約127億円)が支払われる予定となっており、5都市であと45公演行うという選択肢もあったといいます。

・ この驚異の契約を蹴ったロバートは、以前からバンドメンバーと一緒にまたステージに立つつもりはないと言い切っていました。

・ 「俺が本当にみんなに好かれたいならどうするべきかは分かっているけど、それを実現する気はないんだ。 だから俺は失うものなんてないんだよ」

・ 「有名なヤツラならみな同じ道を通るもんさ。  それをいかに対処するかってだけの問題でね。 …俺は自分がいかに馬鹿げているか、それとも馬鹿げていたかが分かっているからね。 俺はポップシンガーか?  ロックシンガーか?  レッド・ツェッペリンのヤツ?  実際には自分の持っている音楽会社の中でその感情全てをさらけ出すすべを持っているただの男さ。 だから俺はやってくる全ての橋を燃やしているんだ」



  ツェッペリンは、・・・過去の人。  あぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・、900億円 !   

  現金を一目だけでもと、ただため息でござんす。


           
         人生いろいろ






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード