ホットウイスキーを飲んで・・・

 
  今日のサッポロは雨の一日です。

  また、日本の映画界から訃報が・・・・。


 

 訃報 高倉健さん死去

 ・ 映画俳優の高倉健(たかくら・けん、本名・小田剛一)さんが、10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去したことが18日、わかりました。 83歳でした

              高倉健

・ 所属事務所によると、高倉さんは次回作の準備中、体調不良により入院。  その後、治療を続けていましたが容体が急変し、今月10日に亡くなりました。 なお、故人の遺志により、すでに近親者にて密葬を行ったとか。

・ 1931年に福岡県に生まれ、明治大学進学のために上京。 1955年、東映ニューフェイス2期生として入社します。 演技経験などは全くなかったが、翌1956年に映画「電光空手打ち」で主演デビューしました。

・ 映画スターとしての地位を確立したのは、1960年代に入ってからで、「網走番外地」、「日本侠客伝」、「昭和残侠伝」などがシリーズ化され、大ヒット。 映画ファンは「健さん」と親しみを込めて呼ぶようになります。

・ その後も『幸福の黄色いハンカチ』、『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの映画で活躍しました。 遺作は2012年に主演した『あなたへ』となりました。


・ また、テレビドラマなどにはほとんど出演せず、自らを「映画俳優」と呼ぶほどで、生涯の映画出演作は205本に及びます。

・ 2013年には文化勲章を受章。 文化勲章受章に際して、「辛抱ばい」という母からの言葉を胸に映画人生を歩んできたことを披露して・・・「今後も、この国に生まれてよかったと思える人物像を演じられるよう、人生を愛する心、感動する心を養い続けたいと思います」とのコメントを発表していました。
  


  高倉健は生涯を通して、「理想の男」であり続けたのでした。
 

 ウイスキーはなぜ「琥珀色」なのか?・・・ウイスキートリビア

        オン・ザ・ロック2

・ NHKの朝ドラ『マッサン』の人気に触発されて、ウイスキーに脚光が集まっています。 そこでウイスキーを楽しむためのトリビアを・・・。

 ペリー提督  ● ウイスキーはペリー提督が日本に持ちこんだ

・ ウイスキーは1853年6月23日、アメリカ合衆国東インド艦隊によって、最初に沖縄に伝えられたとされます。 ペリー提督が琉球王国の高官・尚宏勲(シャン・ハンヒュン)を旗艦サスケハナ号の晩餐会に招待し、スコットランド産とアメリカ産のウイスキーを饗したと『ペリー提督日本遠征記』に記されています。

         ペリー日本遠征記 
                  角川ソフィア文庫

・ 武士もウイスキーを飲んだ。 同書にはその2週間後、浦賀沖に停泊した際、浦賀奉行所の与力・香山栄左衛門に歓待のためにウイスキーを出したとあります


 ニッカウヰスキー2  ● ニッカウヰスキーはなぜ“ヰ”なのか?

・ もともと日本では、ウイスキーは「ウヰスキー」と書かれることが多かった(ヰの正確な発音は「ウィ」に近い)。 ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝は、ウイスキーは水が命なのでヰではなく、井戸の井を使おうと考え、1952年に社名を当時の「大日本果汁」から「ニッカウ井スキー」で登記申請しました。 

・ だが当時は漢字とカナを混ぜて登録できなかったため、やむなくカタカナの「ヰ」を使い、「ニッカウヰスキー」となったといわれます。


 オン・ザ・ロックA  ● 元々は無色透明だった

・ 18世紀初めにイングランドがスコットランドを併合、財源確保のためスコットランドに対し高額の酒税を課します。 そこでスコットランドの農民は脱税のため、身近にあったシェリー酒の空樽に密造ウイスキーを詰めて山奥に隠しました。 

・ しばらくして農民たちが樽をあけると、元々は透明だったウイスキーが琥珀色に変わっていました。 味も香りも格段に良くなっていたのです。 

・ 現在ではシェリー樽などで熟成(マリッジ)させた琥珀色のウイスキーが一般的になったといわれています




◆ 喉が痛い時にはウイスキーが効く !?

・ この季節は乾燥するせいか、喉がちょっと痛かったり、ガラガラになったりすることが多いもの。 そんな時は、ウイスキーを飲むと喉の痛みが取れ、すっきりと通るそうです。 

            ホットウィスキー

・ ウイスキー少々をお湯で割り、ハチミツをお好みで少し入れ、これで喉の痛みやいがらっぽさが無くなるまで、うがいをしましょう。  ウイスキーはアルコールなので喉を殺菌してくれます。  お湯とハチミツはうがいしやすいように薄めたり、味をほんのりつけたりする役割です。  なお、うがいをした後のウイスキーは、そのまま飲み込んでも喉には悪くありません。

・ 他にもウイスキーを風邪薬代わりに使ってもいい・・・。 ラム好きの方は、ウイスキーではなくダークラムを薬代わりに常備して、ホットトディ(お湯・砂糖・シナモン・レモンなどと混ぜたもの)にして飲んでいるとか。

・ いずれにしても、喉の調子が悪い時はアルコールが良いということ、さらに水分をたっぷり取ることが大事だということだけは覚えておきましょう。 ですから、ウイスキーやホットトディを飲んだ時は、保湿のためにもチェイサーとして水を一緒に飲みましょう。

・ ちなみに、民間療法は症状を多少和らげたり、気分的に楽になることはあるかもしれませんが、風邪だけでなく、どんな病気も治療することはできません。  試してみても症状が治まらなかったり、逆にひどくなった場合は、すぐに病院や医師に診てもらうことが大事です。



        では、ホットウイスキーを飲んで・・・

           パパ

        ケンさん、マッさんを偲びましょうか・・・。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード