いってらっしゃい !

  
  
   
 今日のサッポロは、小雪が舞う一日でした。

 最高気温も0.2℃・・・限りなく真冬日です。


 なぜ ? 理解の出来ない解散。 そして衆院選に突入です。

 その費用が700億円・・・国民の税金が消えていきます。
 



 期日前投票  衆院選、期日前投票始まりました・・・。

・ 衆院選の期日前投票が3日、北海道内各市町村で始まりました。 投票所は役場内など285カ所で、投票日前日の13日まで受け付けられます

             選挙

・ 期日前投票は、投票日に仕事や旅行などで投票所に行けない人が対象。  北海道内の投票数全体に占める期日前投票の割合は、国政選挙に導入された2004年の参院選で13%、衆院選小選挙区では05年が14%、09年は19%、12年は20%などと増加しています。

・ 受付時間は午前8時半~午後8時。 一部の投票所では受付期間や時間が短縮されます。



  選挙総経費700億円を有権者数で割ると・・・・?

  1票のお値段は・・・・一票の格差がございますが・・・・?




 いってらっしゃい ! はやぶさ2、打ち上げ成功 

・ 小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。 探査機は午後3時過ぎに予定の軌道に投入され、打ち上げは成功です。

  はやぶさ2を打ち上げ1

・ 小惑星の地下の物質を初めて採取し地球に持ち帰る計画で、生命の起源に迫る成果が期待されます。 2020年末の帰還を目指しています

・ はやぶさ2は、小惑星の物質を初めて採取し4年前に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ」の後継機。 今回は有機物や水が存在するとみられる別の小惑星「1999JU3」に向かいます。

・ 小惑星は40数億年前の太陽系初期の姿をとどめるも、地表の物質は宇宙線を浴びて変質しています。 このため、はやぶさ2は新開発の装置を使って人工的にクレーターを作り、変質していない地下の物質の採取・回収を目指します。

・ 生命の材料となった有機物や地球の海水は、小惑星の衝突によって地球に運ばれたとされます。 採取した物質を分析すれば、生命の起源や太陽系の歴史を解明する手掛かりが得られるとか・・・。

・ 探査機は来年末に地球の引力を利用して加速し、小惑星に到着。 1年半にわたる探査後、採取した微小な物質を帰還カプセルに入れて持ち帰る予定です。 6年間の航行距離は約52億キロに及びます。

・ 初代はやぶさはエンジンなどで故障が多発し帰還が危ぶまれました。 このため性能向上や故障防止など多くの改良を行ったほか、日本とドイツの探査ロボット計4機も搭載し着陸を目指します

・ H2Aロケットは20回連続の成功となり、成功率は96・1%に向上し更に信頼性が高まりました。



  6年間の長旅に・・・帰還のときに、世界、日本はどのようになっているか ?

  まぁ~、全宇宙の時間から考えると・・・地球は超微小の星屑でしょう・・・ね。
  


 最後の国産YS11型機、入札へ・・・不調なら廃棄

・ 国土交通省が売却先を探している国産旅客機「YS11型機」の最後の1機の入札が、17日に行われます。

・ 2009年度から買い手を募り、ようやく希望者が出ましたが、購入価格などが条件を満たさず、今回、不調に終われば、廃棄処分になる見込みです。

  最後の国産YS11型機1

・ YS11型機は戦後初めて日本メーカーが開発した旅客機。 売却対象は1968年製造で、06年12月に引退し、羽田空港の格納庫に保管されています。 すでに登録を抹消され、飛べないので、展示利用などを想定しています。 羽田空港からの運搬費用などは購入者が負担することなどから、これまで2回の募集で申し込みはありませんでした。

・ 国交省は過去に6機を保有し、すでに5機は手放しています。 このうち、64年に初飛行した量産1号機は国立科学博物館の管理に移り、羽田空港で保管されています。 また、民間企業に約1300万円で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に90万円でそれぞれ売却しています。



  クリスマス・プレゼントに・・・如何でございますか。 


 「Facebook離れ」に続き・・・更に「若者のパソコン離れ」

・ スマホが学生にも普及しすぎた影響により、パソコンを使えない若者が急増しているようです。 若者の「フェイスブック離れ」に続いて、パソコンそのものから離れてしまっている模様です

・ パソコンの知識といえば、若い人のほうが持っているもの。 そんな常識は、もはや過去のものとなってしまったのです。

・ 学生がコンピューターを使ってやることといえば、インターネットとメッセージのやり取り、それとゲーム程度のもの。 確かに、これらはすべて、スマホで十分できてしまいます。

・ わざわざ家でパソコンの前に座って電源を入れて・・・と手間を考えると、パソコンを買おうと思わないのもしかたのないでしょうか。 まさに、若者のパソコン離れです。

● パソコンが使えないとは?

・ では、パソコンが使えないとは、具体的にどういうことなのでしょうか。 例としては、フォルダーの概念がわからない、保存の仕方がわからない、キーボードが使えない・・・などがありました。 どれも、スマホなら必要のない操作ばかりです。

   パソコンA1

・ フォルダー管理はスマホが全て自動でやってくれますし、保存は常に自動でされていきますし、キーボードはタッチパネルのフリック操作でOK。 初めてスマホに触れた時には、少し戸惑いますが・・・。

● 社会人としては・・・?

・ とはいえ、パソコンが必要ないというのは、あくまでも学生までの話です。 現在のスマホの性能では、仕事をこなすのはムリがあります。

・ 特にオフィス系のソフトは、パソコンでないと厳しいでしょう。 ワード・エクセルは絶望的かと思われます。

   パソコンb1

・ これからの新入社員には、パソコン研修が必要かもしれません。 スマホに仕事をすべてこなせる程の機能が備え付けられれば、また話は変わってくるのかもしれませんが・・・。

・ ベテラン社員だけでなく、新入社員もパソコンが使えず、中堅だけがバリバリ使用 ?  そんないびつな時代が来てしまうのでしょうか。 パソコンを使える人は、上にも下にも教えなければならない事態が来るかもしれません。



  PCが普及して、何年 ?  技術の進歩は、人間を置き去りにして行く・・・オーイ


 国内最大級か・・・知床で網に 体長8.79メートルのウバザメ

・ 世界自然遺産・知床の根室海峡に面した北海道羅臼町沖で1日、巨大な雄のウバザメが刺し網にかかり、羅臼港に引き揚げられました。

         ウバザメ

・ 知床財団が実測したところ体長は8.79メートルで、ウバザメとしては国内最大級と見られます。

・ ウバザメはネズミザメ科で、魚類としてはジンベイザメに次ぐ大きさです。 国内全域で出現の可能性がありますが、年に1、2例しかないのです。 2010年9月に紋別市、11月に斜里町でも見つかっています。



  図らずも・・・網にかかったサメ。  

  あまりの無念さに、サメもサメザメ泣いたとか・・・?  ハァ~・ジョーズ



              当選

  投票前(小)と当選後(大)・・・あぁ、議員先生は妖怪!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード