信じるか信じないか・・・

  
  
 
 寒波が・・・サッポロの隣の小樽市では、降雪40cm。

 で、サッポロは・・・・チラリと舞う程度です。 まぁ、今にドンと埋め尽くすでしょうが・・・。



 今日は、12月4日。 う~ん、4の数字が悪いね・・・と気になりますか。


 4、9、13・・・あなたは「忌み数」を気にします? 

・ ラッキー7のように、数字にまつわるジンクスを大事にしている人は結構います。 また、ラッキーナンバーとは逆に、「忌み数(いみすう)」と呼ばれる、不吉とされている数字も存在します。

・文化や国によって異なる「忌み数」。 ちょっとしたトリビアを交えながら、様々な「忌み数」を紹介します。

          忌み数


● 4と9

・ 漢字文化圏では、「四」が「死」と発音が同じであるため、「忌み数」として扱われています。 建物では、4階や4号室が存在しない場合も多い。 同様に、『九』も日本では『苦』と同じ読み方が出来るために「忌み数」とされています。

・ ところが北京語では、“九”と“苦”とで発音が異なるなど、漢字文化圏でも他の国では忌み数ではないのです。 逆に北京語では、「久」と同じ発音ということで、9は吉数とされています。


● 13

・ 「13日の金曜日」で日本でも知られていますが、西洋文化圏では13は「忌み数」とされており、13階が存在しないことも多い。 キリストの“最後の晩餐”に13人いたなど様々な説があるものの、歴史が古いため正確な由来ははっきりしていないのです。

・ また、アメリカでも現在は「忌み数」ですが、かつては建国時の州の数が13州だったことから、吉数とされていた時期もありました。

・ 日本でも古くは「忌み数」ではなかったのです。 そのため、女性が和服を着るときの小物などを取り扱う「櫛屋(くしや)」は、「九四屋」となって日本では「忌み数」となるため、4と9を足して「十三や(じゅうさんや)」としていたところも多いとか・・・。


● 17

・ イタリアでは、17は「忌み数」です。  ローマ数字で書くと「XVII」となり、並び替えると「VIXI」で、ラテン語で「私は死んでいる」という意味になるからです。 そのため、イタリアの航空会社アリタリア‐イタリア航空の客席には、17列が存在しません


● 42と49

・ これも日本ならではですが、「42」は「しに」、「49」は「始終苦」などに通じるということで、「忌み数」とされています。 そのため、自動車のナンバープレートでは、希望されない限り下二桁が「49」となるものは交付されないようになっているとか・・・。


・ 他にも様々な文化によって「忌み数」が存在しますが、はたして世間の人々はこれをどれくらい気にしているでしょうか?  アンケートサイト「みんなの声」で1万8862人を対象にアンケートが実施されています。

 「忌み数字、気にする?」

忌み数字、気にする

  ・まったく気にしない:17.4%

  ・あまり気にしない:31.5%

  ・多少は気にする:44.3%

  ・すごく気にする:6.8%


・ 気にしない人と気にする人は、ほぼ半々という構図です。 国や文化によって「忌み数」が吉数になっている場合があることを見ると、あまり考えても仕方ないと思っている人も少なくないということでしょうか。

・ しかし、「忌み数」にまつわる様々な不吉な都市伝説も数多く存在するので、「忌み数」の取り扱いには注意しておいたほうが良いかもしれません。 信じるか信じないかは、あなた次第ということです。



  忌み数に、お日柄と、お忙しい日本でございます。 

  信じるか信じないか以前に・・・周りがうるさい !  ハイ
   


 ニューヨークの巨大クリスマスツリーが点灯

・ アメリカ・ニューヨークの中心部で、クリスマスシーズンの訪れを告げる恒例の巨大なクリスマスツリーの点灯式が行われました。

      ロックフェラーセンター2

・ ニューヨーク、マンハッタンの中心部にあるロックフェラーセンターには、毎年この時期、巨大なクリスマスツリーがお目見えします。 

・ ことしのツリーは、ペンシルベニア州の家族から提供された樹齢およそ90年、高さおよそ26メートルのトウヒの木が選ばれました。

・ 現地時間の午後9時前に行われた点灯式で、およそ4万5000個のLEDライトがともされると、観客から大きな歓声が上がっていました。

・ ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、年明けの来月7日まで楽しめます。



◆ レディー・ガガ・・・ロックフェラーセンターのクリスマスツリー点灯式に参加へ

・ レディー・ガガが、「チーク・トゥー・チーク(Cheek to Cheek)」でコラボレーションした歌手のトニー・ベネットらスターと共に、12月3日にニューヨークのロックフェラーセンターで行われるクリスマスツリーの点灯式に参加です。

        Lady Gaga

・ ガガは「私の友人でありコラボレーターであるトニーと一緒に点灯式に参加するのは、とても光栄です。 一足早いクリスマスプレゼントをもらったような感覚です。 私は最もラッキーなNYガールです」とツイートしました。

・ マンハッタンで生まれ育った彼女は、子どものときから夢見ていたロックフェラーセンターでのスペシャルなパフォーマンスを期待してほしいと語ります。

・ 「ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの点灯式で歌うのは、小さい頃からの夢でした。 毎年ホットチョコレートを持って、行きたがったものです」とガガ。

・ ロックフェラーセンターのクリスマスツリーは、ホリデーシーズンのシンボルとして世界的にも知られています。 今年は様々なライブパフォーマンスとともに点灯されます。



  世界各地から、賑わいのニュース。 なぜか、気持ちもワクワク・・・?


 えっ、オークションに出品 ? ・・・エリザベス女王の“USED”なズロース

・ 御年86歳、イギリスの女王エリザベス2世の使用済みの下着(とはいっても大変優雅なズロース)はいりませんか?  オークションサイトのeBayに、このほどとんでもない出品があり話題になっています。

・ どんなものが出品されても、もう誰も驚かないと言われているオークションサイトの世界。 ただし今回はちょっと特別です。 なんとエリザベス2世がご愛用された白いズロース、それが“使用状況=USED”として出品されたのです

              英国の女王エリザベス2世2

・ とは言え、イギリス王室御用達の職人により精魂込めて縫われ、それはとても気品にあふれた伝統的なシェイプで、布地やレースも最高品質。 セクシーなどと称するのはもってのほかだとか・・・。 入札期間は今月22日まで。 現在は4,049ドル(約32万円)の値がついています。

・ オークション出品の経緯は・・・ハンガリー出身で、王室御用達の彫刻家およびジュエラーとして活躍し、2010年5月に他界したBaron Joseph de Bicske Dobronyi氏が、自身が所有している品々をイギリスのオークションハウス『Hansons Auctioneers』に出品するよう、生前から家族に指示していました。 

・ しかし同オークションハウスは、王室の怒りに触れることを恐れて売ることに消極的な姿勢を示し、そのため遺族はeBayでの出品に切り替えたそうです。

・ 現在そのズロースはフロリダ州マイアミにあり、シッピング・サービスについては、世界のどこへでも「無料」とのことです。
 


 ズロース・・・今は聞かなくなった言葉です・・・ね。

 しかし、何で Bicske Dobronyi氏が持っていたのでしょう ?
 
 

 トム・クルーズ一家が泳いだホテル・プールの水も・・・オークションに!

・ トム・クルーズ、ケイティ・ホームズ、スリちゃん。 このファミリーがバシャバシャ泳いだホテル・プールの水、欲しいヒトいませんか!?

・ eBayにはこんなものまで出品されるのか。 そして人はそれを信頼し、本気になってオークションに参加するのでしょうか。 クルーズ・ファミリーが昨年7月16日に滞在し、泳いだホテルのプールの水。 題して、“トム・クルーズ・ホリー・ウォーター”がオークションに出品されました

           トム・クルーズ2

・ その水は4オンスほどのガラス瓶に入れられ、プールサイドでくつろぐ夫妻の写真が“保証書”として添えられるという。 耳たぶの後ろや手首、あるいはボディパーツにほんの少し塗り、香水、媚薬等色々な使い方で楽しんでほしいそうですが・・・。

・ スタート価格は100ドルとのこと。 これなら手が出ると感じる人々が殺到し、いずれは1000ドル以上の値が付く可能性もありそうです。 何しろトムは『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の大ヒットで、現在最高にホットな俳優の一人ですが・・・・!?



  む・・・ いい加減にしたら・・・と、云いたいですね。 

  トムがプールの水なら・・・・こちとらは、洗面器の水で対抗でござんす !  

  さて、How much ?


  えっ、顔を洗って出直して来い !   ごもっともです。


              む

                 む・・・!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード