いつの世も、魔女はなくなりぬ・・・?



        雪の結晶
 
 晴天の青空の中をハラハラと舞うように降る雪・・・風花(かざはな)。

 今日の日中は、雪解けのぬかるみ状態のサッポロの街です。

 風花は、本格的な冬の前触れですね。


       さっぽろ

   
 暦の上での「大雪」(たいせつ・12月7日)も過ぎ、本格的な積雪の時期になりました。

 山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから大雪といわれたものでしょう。 

 この頃になると九州地方でも初氷が張り、全国的に冬一色になる季節です。
 
 冬の寒さが日ごとに加わり、スキー場がオープンや熊が冬眠に入るのもこの頃です。



  今年は天空の城と・・・天空に脚光でしたが・・・。


 天空に造られた祈りと瞑想の修道院・・・ギリシャの「メテオラ」

・ ギリシャと言えば、地中海文明のルーツの一つであり、複数の文明の接点に位置する国としてかつてはヨーロッパ、アフリカ、アジアの歴史に大きな影響を与えた国

・ アテネにあるアクロポリスのパルテノン神殿やロドスの中世都市など、古代から中世に至るまでギリシャには世界的にも有名な世界遺産が数多く存在します。

・ ギリシャにある世界遺産の中でも、自然と人間の力が作り出した幻想的とも言える世界遺産ギリシャの「メテオラ」。

メテオラ11 メテオラ22

メテオラ33 メテオラ44

メテオラ55 メテオラ66

      メテオラ77

・ 場所はギリシャ中央部のカランバカという街から車で約20分ほどの場所。 たくさんの岩山が垂直に立ち並ぶ圧倒的な情景が広がります。 それぞれの岩山の高さは高いものでおよそ600メートル。

・ 頂上にたどり着くことすら困難と思われる岩山の上に、人の手によって築かれた修道院があります。 そう、岩山の上に現存する8つの修道院こそ、世界遺産・メテオラの修道院群です。

・ 断崖絶壁の上に修道院ができたのは14世紀のこと

・ イスラム教を信仰するオスマン・トルコがギリシャに侵攻した時に、その支配を逃れた修道士たちがギリシャ正教の教えを守り抜くために、この天然の要塞メテオラに修道院を築いたと言われています。

・ 縄梯子の他にアクセスの方法が存在しないほどの垂直に切り立った岩山は、下界の誘惑から隔絶された空間であり、祈りに専念できるため、修道士たちの生活にふさわしい場所でもあったそうです。

・ メテオラの修道院を遠くから眺めると、岩山の色と木々の緑、そして岩山の上に人間が作り上げた修道院とのコントラストに圧倒されます。

・ 天空に造られ俗世とは隔絶された祈りと瞑想の修道院は、昔も今も世界の平和に祈りを捧げていることでしょう。




 14人の女子高生が悪霊に憑依される!! 儀式で回復・・・フィリピン、エクソシスト

・ 2014年11月21日、フィリピン・セブ島にある女子校の校内で「14人もの女子生徒が悪魔に取り憑かれる」という事件が起きました。 生徒の1人が「小さな子どもの幽霊を目撃した」と、発言したことがきっかけで、ほかにも霊を見たといって卒倒する生徒が続出したようです。

       悪霊

・ 学校側はすぐさま、倒れた女子生徒14人を病院に・・・ではなく教会に搬送し、神父に悪魔祓いを要請しました。 悪魔祓いの儀式によって、女子生徒たちは落ち着きを取り戻したようですが、フィリピンではこうした女子生徒の集団パニックは度々起こっています。

● 国民の90%カトリック教徒! フィリピンで神父の地位は高い

・ 日本とフィリピンとでは、宗教家の地位はずいぶん違います。  日本人の多くは仏教徒ですが、檀家・信徒が僧侶に会うのは葬式の時か、法事の時くらいのものです。 これは寺の僧侶や神社の神主たちにやる気がないのではなく、その昔徳川家康が布教を禁止し、檀家の管理に徹させたからで、江戸時代200余年のうちに日本の宗教家たちは、布教のノウハウを失ったのです(徳川幕府は、布教を禁止したかわりに、一般庶民に対して改宗も禁止したので、寺は檀家を逃す心配がなくなり、堕落したといわれます)。

・ 一方、フィリピンでは教会の神父は生活に密着した存在です。 神父は結婚式や葬式はもちろんのこと、生まれた時にはクリスチャンネームを与えたり(ただ、フィリピンでは親がクリスチャンネームを考えることも珍しくない)、神父の行う"洗礼の儀式"は大変重要なものです。 そしてさらに神父は毎週日曜日にはミサを開いて、説教を行っています。

・ そんなわけで、カトリック教徒のフィリピン人たちにとって、教会は極めて日常的なモノであり、教えを説く神父は"第二の親"ともいえる存在なのです。 したがって集団で幽霊を見て卒倒する事件が発生した場合、学校の責任者が病院ではなく教会に連れて行くのは、それほど非常識な判断ではないのです。



● エクソシストはカトリック公認の資格? 現役エクソシストも実在する!

・ 今回パニックに陥った女子高生たちを救った神父は、報道によればこれまでも数多くの悪魔祓いをしてきたとあるので、おそらく公認のエクソシストだと思われます。

        エクソシスト1

・ エクソシストというのは、悪魔祓いの儀式"エクソシスム"を行う人のことで、エクソシスムはカトリック教会ではその黎明期から行われてきました。 しかし古代のエクソシスムは、カトリックを世界に布教する中で、異教徒の神や悪魔を調伏させ、カトリックの教義の中に取り込む手段のひとつだったのです。

・ その頃はエクソシストと呼ばれる階級(祓魔師と訳される)も存在しましたが、現在は資格のような位置づけになっており、階級的には司教や司祭がエクソシスムを行います。 2014年現在、カトリックが公認しているエクソシストは205人とも300人とも言われています。

       エクソシスト22

・ そんなエクソシストの集まりである「国際エクソシスト教会」が、2014年7月にバチカンのローマ法王庁から正式に認められ、公認エクソシストが積極的にエクソシスムを始めているわけです。 これは昔のように布教の一環としてエクソシスムが行われるのではなく、近年になって冒頭で紹介したような、集団パニックや悪魔に取り憑かれたという事件が増えているからです。


● 悪魔祓いの儀式には医者の同行が必要? 意外に科学的な現代のエクソシスム

・ バチカンがエクソシスト教会を公認し、その活動を後押ししているのは、1990年代頃から悪魔に憑かれたという事例が急増しているからで、実際に世界各地でエクソシスムの儀式は行われています。  ただ大昔と違って、悪魔に取り憑かれたと訴える人に対して、すぐに悪魔祓いの儀式を始めるわけではありません。

・ まず最初に精神医の診察を受けさせ、精神病を患っているかどうか調べるのです(そして大半の人は、精神病であると診断されるらしい)。 検査の結果、医学上健康であると診断されたにもかかわらず、憑依現象が確認された場合、いよいよエクソシストが登場し、悪魔祓いの儀式を始めるわけです。 現代ではその儀式にも医者が立ち会うことになっています。


● エクソシストになるのはどうすればいい? バチカンでは「エクソシスト養成講座」が開講中!

・ さて、それでは悪魔と戦うエクソシストになるにはどうしたらいいのでしょう? カトリックの公認エクソシストとして、エクソシスムを行うには、バチカンにあるローマの教皇庁立レジーナ・アポストロールム大学で開講している「エクソシスト養成講座」を受講していなければならない。

           エクソシスト33

・ この講座は2000年代初頭から開講されており、4カ月のコースだそうです。 もちろん誰でも受けられるわけではない。 まず大前提として、カトリックの神学校に学ぶ学生以上(司教や司祭)であることが必要。 そして本人の強い熱意と司教や司祭から推薦があって、はじめて受講できるのです。

・ それ以前に神学校に入学する資格も年齢制限(22~40歳)や最終学歴(高卒以上)があるほか、カトリックの洗礼を受けて3年以上経過していることなどの厳しい条件があり、公認エクソシストへの道はそう簡単ではなさそうです。


   「ええい、静まれ、静まれ。 黄門 この紋所が、目に入らぬか~!」
 

   失礼、cross.jpg この 「cross」 ・・・で、ございました。

   You ! Control yourself !
      Take a good look at this insignia !




 世界の数だけ魔女がいた・・・14世紀から18世紀までの美術史に残る魔女の姿

・ 何世紀も前から人々が恐れをいだいてきた超自然的存在である魔女。 魔女が使う魔術を恐れるがあまり、中世のヨーロッパの人々は「魔女狩り」などという愚行を行っていました。 

・ 世界の数だけ魔女はいる・・・かつての書物にでてくる魔女はおどろおどろしく描かれていました。

1. 魔女の火あぶり 14世紀

  1.魔女の火あぶり2 


2. 箒にまたがって農婦に向かって飛んでいく魔女と悪魔と魔法使い 1400年代

  2.箒にまたがって2


3. マルタン・ル・フランの長編詩『女性の擁護者』の余白に描かれた魔女 1451年

  3.マルタン・ル・フラン2


4 .ヒエロニムス・ボス「聖アントニウスの誘惑」の一部 1495年から1515年の間

  4.ヒエロニムス・ボス2


5 山羊の背に乗る魔女 アルブレヒト・デューラー 1500年代

  5.山羊の背に乗る魔女2


6. 悪魔を袋叩きにする3人の魔女 ダニエル・ホッファー 16世紀始め

  6.悪魔を袋叩きにする3人の魔女2


7. 魔女たち ハンス・バルドゥングによる木版画  1508年

  7.魔女たち ハンス・バルドゥング2


8. ドイツ、デレンブルグにおける魔女の火あぶり 1555年

  8.ドイツ、デレンブルグ2


9. キャサリン・グルデンマンの肖像画 17世紀 作者不詳

・ 天文学者のヨハネス・ケプラーの母で、魔女だと言われている。

  9.キャサリン・グルデンマン2


10. 魔女たちの飛翔 フランシスコ・ゴヤ 1797年

  10.魔女たちの飛翔2


11. 預言者サムエルの霊の呼び起こすエンドールの魔女 ウィリアム・ブレイク 1800年代

  11.預言者サムエルの霊2


12 .岡部(東海道五十三対)歌川国芳 1844年頃

  12.岡部(東海道五十三対)2


13 ワラビーに乗る魔女 ジョージ・クルックシャンク 1850年頃

  13.ワラビーに乗る魔女2


14. マザー・ダムナブルの肖像 1880年頃

・ マザー・ダムナブルはケント州出身の有名な口やかましい女。 ロンドンのハムステッドロードで、マザー・レッドキャップ(イングランド北部に出没するとされる悪鬼)のしるしを見せたという。

  14.マザー・ダムナブルの肖像2


15. 魔女第一号 ジョセフ・E・ベーカーのリトグラフ 1892年

  15.魔女第一号 ジョセフ・E・ベーカー2


16. 火刑台の魔女 ヒューゴ・シンベリ(1873~1917)

  16.火刑台の魔女2



   いつの世も、魔女はなくなりぬ・・・なんのこと ?  

  いゃ~、そんなことで・・・。 ムヨムヨ



           ミィー



 「くまのプーさん」挿絵原画、5900万円の過去最高額

・ A・A・ミルン(A. A. Milne)原作の童話「くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)」のために描かれた挿絵原画が、イギリス・ロンドンでの競売大手サザビーズの競売で31万4500ポンド(約5900万円)で落札されました。 挿絵としては史上最高額です。

           「くまのプーさん」挿絵原画

・ E・H・シェパード(E. H. Shepard)によるこのインク作品は1928年に出版された絵本の挿絵として描かれたもので、プーとクリストファー・ロビン、ピグレットが一緒に橋の上に立ち、片側から川に投げた棒が反対側から現れるのを待つ遊び「プー棒投げ」の様子を描いています。

・ 同作家作品のこれまでの最高落札額は約14万ポンド(約2600万円)。 挿絵全体でも同29万ポンド(約5400万円)でした。




            パパ2


         この木が、良いかな ?  



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード