あなたへのメッセージ・・・です。


 明日、1月7日は「七草粥」です。  かゆ
 

 七草粥のルーツと、理にかなった効用は!

・ セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ・・・ご存じの春の七草です。


  春の七草2


 この七草をお粥(かゆ)にして正月七日(1月7日)の朝に、新年の無病息災、豊年を願って食べる「七草粥(ななくさがゆ)」の習慣は、平安中期頃に中国から伝わり、江戸時代になって庶民の間に広まりました。

 では、なぜこの日に七草粥を食べるのでしょうか・・・?


        七草セット2


● 中国の「七種菜羹」が七草粥の原型

・ 古来中国では「六日年越・七日正月」といって、7日間をひとつの節目としていました。 元旦は鶏の日、2日は犬の日、3日は猪の日、4日は羊の日、5日は牛の日、6日は馬の日、7日は人の日としてそれぞれを占い、8日に穀を占って新年の運勢を見立てていました。

・ 唐の時代になると、7日目の人の日「人日(じんじつ)」に7種類の若菜を入れた七種菜羹(ななしゅさいのかん)という汁物を食べ、無病息災を願う習慣が広まりました。

・ また、1月7日に官吏昇進の試験が行われていたため、その日の朝に七種菜羹を食べることで、立身出世を願うという意味もあったといいます。

・ この中国の風習が日本へ伝わり、日本古来の風習「若菜摘み(年始に若草を摘んで自然の生命力をいただく)」、「小豆粥(15日に小豆粥を食べる)」と結びついて、室町時代以降に七草粥の形になったといわれています。

・ その後、江戸時代になると「七草の節句(人日の節句)」が「五節句(七草・桃・端午・七夕・重陽の節句)」のひとつに定められ、1日7日に七草粥を食べる習慣が一般化しました。



● 「無病息災」に通じる効用も

・ 1年の無病息災を願っていただく七草粥は、効用的にも理にかなっています。

・ 1月7日は松の内の最後の日、お正月のお酒やご馳走で胃腸も疲れている時期です。 消化のいいお粥を食べて胃腸を休めるとともに、青菜の不足しがちな冬場に栄養補給するという意味もあるのです。



● 春の七草には、どのようなパワーがあるのか

 【セリ】 鉄分を多く含み、食欲を増進させる。

 【ナズナ】 別称ぺんぺん草。 解熱・利尿作用がある。

 【ゴギョウ】 草餅の材料。 風邪の予防や解熱作用も。

 【ハコベラ】 ビタミンAを多く含み、腹痛の薬にも。

 【ホトケノザ】 別称タビラコ。 食物繊維を多く含む。

 【スズナ】 蕪(カブ)のこと。 ビタミン類を多く含む。

 【スズシロ】 大根のこと。 消化を助け、風邪の予防にも。



● バリエーションも豊富な七草粥

・ 地方によっては七草の種類や使う数などが異なり、全国各地でさまざまなバリエーションがあるようですが、七草粥に込める思いはどこでも同じ。

・ 「今年も家族みんなが元気で過ごせますように」と願いつつ、生命力あふれる自然の恵みに感謝していただきたいものです。



  七草粥を食べて・・・ホッカホカ。  心も・・・・です。


 「寒さは本当に風邪のもと」、アメリカ・イエール大が研究発表

・ 寒さが風邪を引き起こすという考えは医学界では常識となっていますが、この寒さと風邪の関連性を実証する研究を、アメリカ・イエール大学の科学者らが発表しました。


            寒さは本当に風邪のもと2


・ アメリカ科学アカデミー紀要に掲載された研究によると、ネズミを使った実験では、ほんの少しの寒さでも、一般的な風邪の原因となるライノウイルスの増殖ペースが上がりました。  また、寒さで免疫システムが変化し、ウイルスが事実上歯止めなく増殖するようになることも分かったといいます。

・ 50年以上前から、少しでも寒いと、ライノウイルスが増殖すると考えられ、1960年の研究では摂氏37度の場合と比べて33度での増殖ペースが速いことが分かっています

・ 今回の研究はこうした結果を確認するとともに、寒い環境下で風邪を引き起こす確率が高まる仕組みも説明しました。



  やはり、暖かくしなければ・・・ねぇ。


 恋占い 「2015年の運勢」

      占い2015


<全体の星の動き>

・ 2015年の運気は、前半・後半とでガラリとイメージが異なります。 8月中旬までは幸運の星・木星は獅子座を運行し、牡羊座の天王星、射手座の土星と良好なポジショニングを形成。 激しい情熱があふれ出し、愛の世界にドップリとハマる人も急増するでしょう。

・ ただし、射手座にいた土星は3月から逆行して6月には蠍座に舞い戻り、9月中旬に再び射手座へ。 その激動の最中に幸運の星・木星は乙女座へと移行して、今度は山羊座の冥王星とタッグを結成。 これらの動きは6月15日前後~9月17日前後に起きるものですが、この時期はどんな人も愛の困難に直面し、それを解決すべくもがくことになるはずです。

・ 秋になると激しい炎は暖炉の優しい火に変わり、穏やかでぬくもりのある関係が主流に。運気の変動を素早く読み取り、状況によって愛の形を変化させていくことが、2015年幸せをつかむキーポイントに。



<牡羊座>

・ 2015年は、恋によって人生が引き上げられる1年となりそう。 牡羊座が出会うのは、これまで足を踏み入れたこともないような、縁遠い世界に住む人ばかりかも。 とはいえ、自分には似合わないなんて逃げ出すなんて、あなたらしくありません。 彼に似合う女性になるべく、努力を続けましょう。

・ 一生懸命自分磨きやおしゃれに励むあなたの姿に彼は感動! 正真正銘のシンデレラストーリーが幕を開けることに。
・ アタック&誘惑は3~4月、相手がひとりでいるタイミングを見計らってGO! 結婚を望んでいる人は、8月にチャンス到来。 ふたりでロングバケーションをとって、旅に出ると背中を後押しされるような好展開がきっと!



<牡牛座>
 
・ 真実の愛に巡りあう星回り。 ただ、夏まではアクシデントに見舞われたり、ショックな展開に巻き込まれるなど低迷中。 愛する人の意外な過去や秘密を知ってショックを受けてしまう人もいるかもしれません。 でも、それは本当の愛に気づくための星の荒療治。苦しくても現実から逃げないことが、幸せに近づく唯一の方法と覚えておいて。

・ ロマンス探しは、9月以降が本番。コンサートホールや美術館など、ロマンティックなエリアに胸躍るドラマが待っていそう。 片想いの人は、まず彼の親しい友人のひとりになることを目指して。 そこをクリアすれば、恋人同士にステップアップするのは簡単です。



<双子座>
 
・ 夏までは出会い運が花盛りながら、肝心のあなたはなぜかクール。 それは恋をして傷つきたくないだけでは?  大丈夫、この時期のあなたはいつも以上に駆け引き上手。 ラブゲームを楽しめますから、自ら恋愛スイッチをオフにしないこと。 

・ 2015年最大級のチャンスが訪れるのは2月・6月。 パックツアーや社会人サークルに参加すると、そこに運命の彼が! カップル&アプローチ中の人も、相手の出方を待っているばかりでは幸せは遠のく一方。 自らアクションを起こし、ゴールインや彼女の座を勝ち取ってください。 秋以降はトラップが増えそう。幸せボケしていないでガードをしっかりと。



<蟹座>
 
・ 蟹座の恋の部屋から試練の星・土星が去るのは、2014年12月24日。 それによってブレーキが解除され、恋に突っ走る蟹座も急増しそう。 ただ、新しい恋をしたいモード全開に見えて、なぜか本音は後ろ向きかも。 元彼からの連絡に心揺れたり、過去に引き戻される出来事が多いのは、再び土星が舞い戻ってくるから。 

・ 星は手の内にある幸せを見つめ直せと告げているのです。 いつもそばにいてくれる優しい男友だち・幼馴染みなど恋愛対象として見直すのも手。 ペア&アプローチ中の人は、急がば回れ。 本気に火を点けたいならなおのこと、せかすのは逆効果。 告白&結婚も秋まで待って。



<獅子座>
 
・ 幸運を司ると言われる木星が2015年運行するのは、獅子座。 これまで経験したことがないようなドラマティックな出来事によって、人生がスケールアップしていく人も多いでしょう。 もちろん恋愛も! といきたいところですが、恋の部屋には試練の星・土星が君臨し、モテモテで浮かれ気味の獅子座にたびたび警鐘を鳴らします。 

・ とりわけ6月までは出会いが殺到しやすいので、交通整理をしっかりと。 好きでもない彼にいい顔をしたり、もったいぶった態度をするのもやめたほうがいいです。 7~9月は凪の状態。 アタックや大事な決断はここを避け、10月以降にトライを。 運命の恋とは春のイベントで遭遇。



<乙女座>
 
・ 乙女座はその名が示す通り、いまどき珍しくピュアな女性が多い星座。 とはいえ、2015年前半に限っては、そんな清らかなイメージとは正反対のドロドロした恋に胸を焦がすことになりがち。 不倫・三角関係など、人には言えない恋に悩む人も多く、苦しい展開を強いられがち。

・ でも、この経験は女の肥やしとなり、秋以降に訪れる本当の意味でのチャンスで役立つ暗示。 苦しさのなかから恋の真理を学んで。 良縁とは9月・11月、ふと立ち寄ったスポットで出会う予感が。 カップル・片想いの人は、発想の転換が必要。 ピンチをチャンスと捉えることができたときから、運命は大きく動き出すはず。



<天秤座>
 
・ 2015年はターニングポイント。 これまでの人生が一度リセットされて、新しい一歩を踏み出す人も多いはず。 その最も大きなものが結婚。 この1年はゴールインをする天秤座が急増しそうです。 とりわけ幸運の星・木星の援護が得られる8月中旬までは追い風。 早く決めたいと考えている人は行動に移って。 

・ 奇数月は友人を巻き込む作戦、偶数月は逆に彼とふたりきりで遠出や旅行に行くのが進展にお役立ち。 アタックも同様。 手を替え品を替え、本命の気を利いて。結婚相手がいない人は、人前で募集宣言を。 明るくカラッと言えば引かれるどころか、逆に男性からの引きを強めることができそう。



<蠍座>
 
・ 2015年の蠍座の恋愛運はシリアスなムードに包まれています。 あなた自身がイマイチ恋愛をする気になれないということもあるし、たとえだれかと恋に落ちたとしてもその恋路は前途多難。 厳しい現実に愛を引き裂かれてしまうなんてまさかの展開さえ。 ただ、苦しみのなかにも幸せが潜んでいるのが2015年の特徴。

・ 愛する人と一緒に試練を乗り越えることで絆が深まったり、孤独な生活のなかで一番大切な存在に気づくなど、星からのメッセージをしっかりと受け取って。 奇数月のお見合いや紹介も必見。 アタックは一進一退の攻防が続きます。 気を抜かずに攻め続けることで両想いにリーチが。



<射手座>
 
・ 木星・天王星・土星が火の星座で大幸運角を形成する2015年は、火のエレメンツ生まれにとって嬉しい星回り。 ただ、そのなかのひとりである射手座は少しブルー。 それは抑制の星・土星の力が作用するせい。 でも、2015年前半に限っては、いい意味でブレーキが効くあなたが恋愛シーンで優位に立てることも多いので自信を持ってGO!  

・ とりわけ2月・4月は出会いの宝庫。 自分の魅力をさりげなくアピールしつつも、大事なひと言は相手に言わせる駆け引きテクで、幸せをひとり占めできそう。 秋以降は熱愛から支え愛へチェンジ!  本命・恋人を影ながらサポートし、内助の功を発揮するほど◎。



<山羊座> 
 
・ しっかり者の大人女子というイメージを持つ山羊座ですが、2015年はそんなあなたらしさが失われがち。  好きな人のことを考えて仕事や勉強が手につかなくなったり、出会ったその日に男性と深い仲になってしまうなど、恋に溺れがちな傾向が強まりそう。 でも、その経験には女として、真実の愛を知るプロセスとして大事な意味が。 

・ 切なくて眠れない夜があったとしても逃げないで。 真剣愛に巡りあうのは秋以降。 とくに9月・11月の出会いは運命を変える兆し。 恋愛が進行中の人やアプローチ中のあなたは、1のつく日に不思議とチャンスが集中。 話しあい、接近などはその日を選んでトライを。



<水瓶座>
 
・ 一見順風。 気になる彼とはいい感じで仲よくなれるし、恋人とも共通の仲間と一緒にレジャーに出かけたり、盛り上がるシーンが多くてワクワクしそう。 でも、うまく行っているように見えるときほど落とし穴があるのが2015年の特徴。 

・ とくに恋の守護星・水星が足踏みする1月・5月・9月は、視野が狭くなりがち。 相手の立場や状況も考えてあげないと、幸せを失う結果に。 ネット上でのやりとりもモメる原因になるので注意。 愛を語らうときは、リアルに目をあわせて。 開放感のあるカフェでの語らいも絆を深く。 新たな出会いは、過去に潜んでいる気配。 旧友や恩師との交流を深めるうち、赤い糸を発見。



<魚座>
 
・ 2015年の魚座の恋は、春の陽だまりのようにポカポカしたぬくもりに満ちています。 激しさはないけれど、互いを思いやり、慈しみあうような関係が理想形。 そんなハートが共鳴するような彼とは、日常シーンで知りあうことが多いでしょう。

・ とくに偶数月の行きつけスポットや大好きなショップには良縁が。 親切なスタッフはもちろん、常連が連れてきた新しいお客さんなどに注目を。 何度か顔をあせるうち、意識しあう仲へ。 恋人や本命がいるあなたにとって、夏までは停滞ムード。 なかなか進展しないけれどそれは秋の実りを迎えるための準備。 焦らないで。 婚約&真剣告白は11月がハッピー。




   2015年が始まりました。 さて、今年の運勢は・・・?  


        運は自分で切り開くもの・・・幸福





                 クローバー2


       明るい笑顔で過ごす、一年でありますように・・・


        パパ

           あなたへのメッセージ・・・です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード