Luckyな出来事を七つほど期待しているのですが・・・・

  
 正月松の内も終わり、さて、仕事にスロースタートですが・・・?

 昨日からの暴風雪が続く、サッポロの街です。

 JRも、航空便もダイヤは大荒れです。
 

 
 さて、ダイヤと云えば・・・今年、2015年は「1秒」長くなります。 

 Time is Money. 時は金なり、という言葉もありますが・・・1秒では、瞬きでしょうか。



 1日が1秒増える「うるう秒」を2015年に追加決定・・・うるう秒バグを回避できるのか?

・ 1日の長さは通常24時間ですが、2015年7月1日はうるう秒(閏秒)が挿入されることで通常より1秒長い「24時間1秒」になります。 

・ うるう秒とは、現行の協定世界時(UTC)と地球の自転のズレを調整するために追加・削除される時間のことで、2012年7月1日に実施された際にはインターネット上でうるう秒バグが発生しました。

・ フランスのパリに本部を置く国際地球回転・基準系事業(IERS)は、「うるう秒」を2015年6月30日(世界標準時)に実施することを発表しました。 これにより2015年6月30日は23時59分59秒の後に23時59分60秒が挿入されることになり、日本時間でいうと2015年7月1日8時59分59秒の後に8時59分60秒が挿入され、その後に9時00分00秒になります。

      うるう秒


・ うるう秒は1972年に導入され、現在までに25回実施されました。 前回実施された2012年6月30日(日本時間2012年7月1日)にはインターネット上でうるう秒バグが頻発しました。

・ 例えば、掲示版のRedditが「うるう秒によりJavaで構築されたデータベースJava/Cassandraに問題が生じている」とツイートしたり、Firefoxで知られるMozillaが大規模データの分散処理を支えるJavaソフトウェアフレームワーク「Apache Hadoop」にバグが発生したことを知らせるレポートを掲載したり、この他にもFourSquare・Yelp・LinkedIn・4chanといったサービスで障害が発生したという報告が相次ぎました。



● 前回うるう秒が実施された際に時計の表示がどうなったのかは、下記から確認可能です。

・ アメリカの現在時間を示す公式サイトの時間が表示されていて、時間は「23時59分59秒」を示しています。

    001 うるう秒


・ 時計は「23時59分60秒」という見慣れない時間を表示した後・・・

    002 うるう秒


・ 「00時00分00秒」を表示しました。 これと全く同じ現象が日本時間の2015年7月1日に発生します。

    003 うるう秒


・ 2012年には多くのインターネットサービスが混乱に陥りましたが、独自の解決策を生み出したGoogleは障害を回避しました。 Googleが採用したのは「leap smear」という方法で、NTPサーバにアップデートの度にミリ秒を追加していくというもの。 Googleはうるう秒の実施に先立って対策を練っていたというわけです。 



 うるう秒の実施でインターネットにどのような障害が発生するのかは、全く予想できないのです。

 ありとあらゆる事態に備えて、準備を進めておいたほうがよさそうです。

 ひょっとしたら、預金口座の残高が一桁増えるかも・・・奇跡を
 


 なぜ、人は「7」 という数字が好きなのか?

     数字0


・ 日本でもラッキーセブンという概念は浸透して、「7」 は幸運の数字であるとされています。 好きな数字は?と尋ねられると「7」と答える人はとても多いのです。


       ラッキー77


・ 『素晴らしき数学世界』という著書がベストセラーとなった、イギリスの作家であるアレックス・ベロスは、2011年、オンライン上で好きな数字の調査を行いました。 全世界の3万人もの人からそれぞれ好きな数字を投票してもらったのです。

・ その結果、1000にも及ぶ数字が投票されましたが、その半数近くは1から10の間の数字を選んでおり、特に 「7」 という数字が圧倒的に多かったといいます。

● 投票の結果は以下のとおり。

 第1位 7(得票率9.7%)
 第2位 3(得票率7.5%)
 第3位 8(得票率6.7%)
 第4位 4(得票率5.6%)
 第5位 5(得票率5.1%)



・ ではなぜ「7」が好きなのか? その理由を訊いてみると、回答は千差万別ですが、おもに以下のようなものでした

● 太陽系の天体の数だから。

● 人体にあるとされるチャクラの数だから。 精神的、肉体的なエネルギーが宿るとされるこのチャクラ(サンスクリット語で輪の意味)が人体には7ヵ所あると言われている。

● 日曜日だから。

● ロシアの国際電話番号のゾーン番号だから。

● 魔法の力を感じるから。

● 水平と垂直のラインが合わさったシンプルな形で、成長していく感じがするから。

● 少々不格好で左右対称でないところが、既存のルールに簡単に屈っすることなく、改革精神があるような感じがするから。



・ これらの回答から次のふたつのことがはっきりわかります。 まず、わたしたちの「7」あるいは他の数字に関する感情は、文化、言語、視覚的イメージと複雑に関係しているということ。 もうひとつは、「7」が好きだと答える理由を、どれかひとつに特定するのは難しいということ。


   数字11


・ マサチューセッツ大学の心理学者スーザン・クラウス・ウィットボーンは、「7」という数字を説明するにあたって、宗教的、心霊的には、7つの大罪や第7天国まで、千年期へとさかのぼるという

・ また、心理学者のジョージ・ミラーによると、わたしたちの短期記憶が一度に覚えられる限度は、7プラスマイナス2のユニットまでなので、文字や数字を5個から9個(理想は7)の塊にすれば、無限に覚えることができるといいます


   数字22


・ この調査を行ったベロスによると、7を好むもっとも多かった理由のひとつは、自然界に7という数字がついてまわることと関連しているに違いないといいます。

・ 例えば昔は、夜空に見える天体は、水星、金星、火星、木星、土星、太陽、月の7つがあり、どれも常に動いている(英語のplanetは、ギリシャ語のplanetes、さすらい人の意味からきている)。


   数字33


・ 「7」という数字の偶然性はほかにもあります。 一週間は7日だし、虹は7色、世界には7つの大陸と7つの海があります。 これらはほんとうに偶然なのでしょうか? 

・ 世界の7不思議や一週間は7日などは、自然のものではなく、人間がつくったものです。 わたしたち人間の行動や見解とはまったく関係なく、もともと「7」だというものはあるのでしょうか? わたしたちの無意識が知らず知らずのうちに影響を受け、「7」という数字を好むように仕向けられているのでしょうか?


   数字44


・ 算術の上でも独特なことが、「7」をラッキーナンバーとみなす一番いい説明になっているとベロスはいいます。 この特異性が、わたしたちが世界を観察するためのレンズを損なう時間の歪みを回避してくれるのだそうです。 言語、文化、数字、書は皆、時とともに変わっていきます。 だが、「7」という数字の構造は決して変わらないのです。

・ 「7」はわたしたちが両手の指で数えることができる数字ですが、1から10までの数字の中で均等に割り切ることができないのに加えて、倍にすることもできません。 1から5は倍にすると2から10になるし、6、8、10は2で割って3、4、5にできるし、9も3で割って3にすることができます。 

・ だが「7」は特殊です。 ほかの数字とひとつのグループにくくることができない独立性があり、孤高で、門外漢なのです。 わたしたち人間は、その算術的な特殊性を文化的に解釈し、「7」にまつわることは特別だと考えたのです。


     ラッキー


・ 人が1から10までの数字の中で「7」を選ぶのは、意図的でなく、いかにも自由にランダムに選んだように見せたいという欲望なのではないかといいます。

・ このテストの被験者たちは、1や10では始めと終わりなので任意に選んだように見えないし、5はど真ん中でランダムな感じがしないし、2や4や6や8では、あまりにもきちんときれいに並び過ぎているので、おそらく無意識のうちに、除外しようという意識が働いていたのだといいます。 真にランダムに気まぐれで選ぶのにふさわしい数字として残ったのは「7」しかないのです。 「7」はその並びの位置も独特な、もっとも奇妙な数字なのです。



  取りあえずは、

  Luckyな出来事を七つほど期待しているのですが・・・・



 
   ニョロニョロ2



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード