はぁ・・・せっせと、手書きで !

  
  またも、吹雪・・・荒れる天候はいつまで ?

  平年の積雪量もオーバー、除排雪費用も予算オーバー・・・。

  オーバーに話している訳でございません・・・です。

  ついでながら・・・着ているのは、オーバーコートで、歩いていたのはオバさんでした。




 1月23日はアーモンドの日!・・・アンチエイジングパワー5つ

・ 1月23日は「アーモンドの日」です。 「アーモンドを23粒食べると、1日に必要なビタミンEを摂取できる」ことから、カリフォルニアアーモンド協会が提唱しているそう!

    アーモンド2 

・ 抗酸化ビタミンの代表選手でありビタミンEもたっぷりなので、エイジング世代にこそ食べてほしいナッツです。


◆ アーモンドのアンチエイジングパワー5つ

(1) 空腹感がダウン !?

・ オーストラリアとアメリカの大学の共同研究によれば、アーモンドを間食に食べると、空腹感が抑えられ、その後の食事量が減るそう! ナッツを多く食べる人ほどBMI(ボディマス指数)が低い、という調査結果もありますから、ダイエットのサポートにも◎。


(2) くすみ、ほうれい線予防に

・ アーモンドには、食後の血糖値の上昇を穏やかにする効果が認められています。 慶應義塾大学の井上教授によれば、アーモンドには糖とタンパク質が結合するのを抑える働きがあるそうですから、コラーゲンの糖化によるくすみやほうれい線の予防にもおすすめ。


(3) ウエスト周りスッキリ !?

・ 血糖値を下げるために分泌されるインスリン。 インスリンには、脂肪の分解を抑制して、脂肪の合成を促す作用があり「肥満ホルモン」とも呼ばれています。 アーモンドを食べることで血糖値の上昇が穏やかになれば、インスリンの分泌も減って脂肪の蓄積予防効果も期待できてしまいます!


(4) 腸内環境美化に

・ アーモンドに含まれる食物繊維はゴボウの約2倍! また、小腸で吸収されにくく大腸を刺激して腸のぜん動運動を促すオレイン酸も含まれ、便秘の解消にも。


(5) 抗酸化力がスゴイ!

・ ビタミンEは、細胞膜に多く存在します。 細胞を守っている細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸は、とても酸化 しやすい性質をもっています。 酸化すると細胞にダメージを与えるだけでなく、酸化したことで生まれる過酸化脂質がタンパク質と結びついて老化色素になり、 臓器や筋肉に沈着して正常な働きを妨げる要因に・・・。 

・ ビタミンEは、自らが活性酸素と結びつくことで細胞膜が酸化するのを防ぎ、過酸化脂質の発生を抑え、 身体全体をダメージから守ります


◆ アーモンドの選び方・食べ方

・ アーモンドを選ぶ時は、砂糖・塩分・油分の使われていない「素焼き」もしくは「生」アーモンドを選びましょう。 また食事の前後に食べることで、食べ過ぎ予防や糖化対策効果が期待できますから、「おやつ」もしくは「デザート」で取り入れるのがおすすめ。



 食べてキレイになれるアーモンド・・・・

 1日23粒を目安に、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょう。




       いいちこ2

           顔が好みとか そんなんじゃないの
          いつからか君が この胸を満たした
          変わりゆく表情 揺れる髪の毛
          ここから見られれば それだけでいい

          片想いでいい 彼の隣りでいい
          もしかして、なんて無いほど
          好きだとわかるから

          辛くはないよ こんなに誰かを
          見ているだけで 満ち足りるなんて
          大きめの耳も 細い指も
          見てるだけでいい ここから

          片想いでいい 彼の隣りでいい
          もしかして、なんて無いほど
          好きだとわかるから
          片想いでいい 僕を嫌いでいい

          夢など見させないで 覚めたら嫌だから
          僕の気持ちなど 知らないでいい
          ぶつけたところで 病むから
          片想いでいい 今のままでいい

          変な動きをしなければ 全てが丸になる
          片想いでいい 見れるだけでいい
          何よりも怖いのは 嫌われてしまうこと





 イギリスの天才数学者・チューリングの手書き原稿、4月にNYで競売

・ 第2次世界大戦でナチス軍の暗号を解読した、イギリスの数学者アラン・チューリングの手書きの原稿が、アメリカ・ニューヨークで4月13日に競売に掛けられることに・・・。

・ 原稿は56ページから成り、数学などについて1942年から書かれたもの。 友人のロビン・ガンディーに渡され、同氏が亡くなるまで保管していました。

     チューリングの手書き原稿2

・ 予想落札価格は少なくとも100万ドル(約1億1800万円)とみられています。

・ チューリングの生涯は映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(日本公開3月13日)で描かれ、イギリス俳優ベネディクト・カンバーバッチがチューリング氏を演じています。



  100万ドル、手紙は、やはり自筆です・・・ね。 

  ラブレターやメモが・・・遠い将来、高値になる期待も・・・?

  将来を嘱望されると思う方は・・・せっせと、手書きで手紙を書きましょう。 

  ワープロ使用やメールでは、ゴミ ?  あぁぁ 
 

  


 アラン・チューリング ● アラン・チューリング (Alan Mathison Turing, 1912年6月23日 - 1954年6月7日)

・ アラン・チューリングは、イギリスの数学者です。 1912年、ロンドンに生まれました。 

・ 電子計算方式の「チューリングモデル」を初めとした画期的業績で、フォン・ノイマンと並ぶ電子計算機実用化の祖とされます。

・ 1931年、ケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学して、数学を専攻しました。 後にアメリカのプリンストン大学に留学し、博士号を授与されています。 このとき、同大学の教授を務めていたノイマンから助手になるよう誘われるが、チューリングはこれを断り、ケンブリッジ大学へ戻ります。

・ 1937年に今日のコンピューターの数学的モデルと評されるチューリング・マシンを考案。

・ 1936年、真空管方式のコンピューター「COLOSSUS」を開発。

・ 1945年、イギリス国立物理学研究所に入り、自身の構想に基づくプロジェクト「ACE」に参加。 しかし1948年には同研究所を去り、マンチェスター大学の計算機械担当になります。

・ 1954年、没。 コンピューター科学の世界では多大な業績を残しました。 コンピューター科学界における最大の栄誉であるチューリング賞にその名を残しています。



◆ 映画 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

・ 映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)』の日本公開が決定。 2015年3月13日(金)より、全国ロードショー。

      イミテーション・ゲーム11

・ 第2次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号「エニグマ」を解読し、イギリスを勝利に導いた実在の人物、コンピューター・サイエンティストであり、天才数学者でもあるアラン・チューリングの物語。 

・ コンピューターの概念を創造し、“人工知能の父”と呼ばれながらも、時代に翻弄されたチューリングの数奇な人生が描かれます。 主演は『スター・トレック イントゥ・ダークネス』など世界中で人気を誇るベネディクト・カンバーバッチ。


      イミテーション・ゲーム22


・ 『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』は、2014年9月14日(現地時間)に発表された、第39回トロント国際映画祭にて観客賞を受賞。 アカデミー賞でも有力候補とされています。

【ストーリー】

・ 第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号「エニグマ」。 劣勢を強いられる連合国軍の勝機は、解読不可能とも言われた15京9000兆通りの暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 

・ コンピューターの概念を創造し、“人工知能の父”と呼ばれながらも、時代に翻弄された男の秘密と、数奇な人生とは――?!



  技術革新に翻弄されている現代社会であります・・・

  と、なれば時代に翻弄されたではなく、時代を翻弄したと言い換えるべき・・・

  ・・・かもしれません・・・ね。



     パパ  愛に翻弄されて・・・・と言って~




 スペイン国外に初のガウディ建築・・・南米チリに礼拝堂

・ スペインの建築家アントニ・ガウディのスケッチに基づく礼拝堂が、ガウディの死去から約90年を経て、南米チリに建設されます。  スペイン国外に、ガウディ建築が建てられるのは初めてのことです。


       ガウディ建築、南米チリ2


・ 礼拝堂は当初、ガウディの代表作として知られるサグラダファミリア聖堂(バルセロナ)の一部として設計されましたが、建設されることはなかったのです。

・ 礼拝堂が建てられるのはチリの首都サンティアゴから約90キロ南のランカグア。 チリの修道士が1922年に礼拝堂の設計を求めてガウディに連絡したところ、ガウディは、サグラダファミリア向けに礼拝堂を計画しているが、バルセロナよりも先に南米で建設すればいいとしてスケッチを送ったといいます。

・ 礼拝堂は今年後半に建設が始まり、4年で完成する予定。 チリのバチェレ大統領は礼拝堂建設に740万ドル(約8億7800万円)を拠出すると明らかにしているほか、100万ドルが寄付を通じて調達される見通し。



  時代を超えて・・・熱意 ? 執念 ? 怨念 ? 

  ガウディに設計図はありません。 すべて、スケッチで・・・・。 

  まぁ、成せば成る・・・・。 御成りでございます・・・ガウディ様




      ときどき憂鬱2


     吹雪の夜は・・・アーモンドで、いっぱい ?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード