鬼は外、福は内 !

  
 吹雪に見舞われた週明け、今日のサッポロです。

          吹雪のさっぽろ2


 
        明日、2月3日は・・・節分

       節分

             鬼は外、福は内

 節分 は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。 節分とは「季節を分ける」ことをも意味しています。

・ もとはそれぞれの季節がおわる日、つまり立春、立夏、立秋、立冬の前日をいいました。

・  節分につきものの「鬼はらい(やらい)」の行事は、中国の大儺(たいな)が源流で、おそろしい形相の面をつけた呪師が疫鬼をおいはらう行事です。

・  日本では706年(慶雲3)に、たくさんの人民が疫病で死んだので、土の牛をつくって、はじめての鬼払い儀式が行われたことが、「続日本紀」に記されています。


 その儀式は追儺(ついな)といい、朝廷では鎌倉時代まで大晦日の夜に行ったそうです



 節分といえば、「豆まき」ですが、節分に豆で邪鬼をはらう行事が初めて行われたのは、室町時代の京都で、「看聞日記」の1425年(応永32)の記録に記されています。

・  また、定番のかけ声の「鬼は外、福は内」は、「臥雲日件録」1447年(文安4)に、立春前夜に家ごとに豆をまき、「鬼は外、福は内」ととなえたと記されています。


     豆まき

・  やがて江戸時代になると、春をむかえる厄払いの行事として、諸国の神社や家庭にひろまり、体を豆でなでて厄をうつしたり、年齢の数だけ豆を食べたりするようになりました。


●  また、ヒイラギの葉がとがっていることから、「鬼の目突き」とよばれ、その先にイワシの頭をさして戸口にかかげると、邪気の侵入をふせぐとされています。


      柊鰯2


● 最近では、「 恵方巻 }といって、節分に食べる太巻きがブームになっています。

       恵方巻き2

・  節分の夜にその年の恵方(えほう→歳徳神の住む方角で、その年に吉となる方角)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、無言で太巻きをまるかじりするそうです。



  今年の恵方は・・・西南西ですよ。  恵方2015a

  太巻きを喉につかえないよう、ご注意ください。




 鑑定の食い違い ? ・・・60万円で購入の絵画、落札価格6億円に
 
・ 2013年にロンドンのオークションで5212ドル(現在のレートで約60万円)で落札された絵画が、ニューヨークでこのほど開かれたオークションで、約1000倍の520万ドル(約6億円)の値が付いたとか・・・。

・ 19世紀のイギリスの風景を描いたこの作品は、2013年にクリスティーズのオークションに出品され、愛好家が5212ドルで落札しました。 この時の落札予想価格は760~1200ドル程度だった。

・ ところが1月にニューヨークで開かれたサザビーズのオークションでは、落札価格が520万ドルに跳ね上がったのです。

・ これほどの差が生じたのは、クリスティーズとサザビーズの専門家の鑑定結果の食い違いによります。

・ 2013年のクリスティーズの鑑定ではこの作品について、19世紀のイギリスの風景画家、ジョン・コンスタブルの弟子の作品と判定しました

・ これに対してサザビーズの鑑定ではコンスタブル本人の作品と判断し、200万~300万ドルの価値があるとしたのです。

・ イギリス国立美術館の元学芸員アン・ライルズ氏はサザビーズのオークションのカタログで、 「コンスタブルの作品が、恐らく19世紀後半から20世紀初頭にかけ、暗くくすんだ色で塗り直されている」と解説。 そのためにクリスティーズは2013年のオークションで本物と鑑定できなかったと指摘しました。

・ これに対してクリスティーズが発表した声明では、「サザビーズはこの作品をコンスタブルのものとして販売した。 我々は2013年に『弟子のもの』とする見方を取った。 新しい解釈について、専門家の見解は一致していない」と反論しています。



  真贋の行方は・・・謎でございます。  まぁ、これが美術界の常ででしょうか。



 自画像  ジョン・コンスタブル (John Constable、1776年- 1837年)は、19世紀のイギリスの画家です。

・ 同時代のウィリアム・ターナーとともに、19世紀イギリスを代表する風景画家です。 西洋絵画の歴史においては神話、聖書のエピソード、歴史上の大事件や偉人などをテーマとした「歴史画」が常に上位におかれ、「風景」は歴史画や物語の背景としての意味しか持っていなかった

・ 17世紀オランダでは風景画が発達しましたが、ヨーロッパ全土で風景画が市民権を得るにはフランスのバルビゾン派、イギリスのターナーやジョンが登場する19世紀を待たねばならなかったのです

・ ロマン派色が濃く劇的な画面を創造したターナーに対し、ジョンは終生故郷サフォーク周辺の身近な風景を描き続けました。 

・ 野外での制作を始めたこと、刻々と変化する光の効果を捉えようとしたこと、パレットで色を混ぜ合わせるのでなく画面上に異なる色価の筆触を並べる(たとえば微妙に色調の異なる緑のタッチを併置する)など、その制作態度や技法は印象派に先駆するものといえます

・ 代表作『乾草の車』は画家の地元サフォークの平凡な風景を詩情豊かに描き出したもので、1821年に母国のロイヤル・アカデミーに出品した時は全く話題にならなかったのに対し、1824年にパリのサロン(フランスの官展)に出品された時は絶賛を浴び、ロマン派の画家ドラクロワにも大きな影響を与えています。

   乾草車 1821

         乾草車 1821 ナショナル・ギャラリー(ロンドン)蔵




 さよなら、明治のお菓子「カルミン」 ・・・ 3月末で90年の歴史に幕

・ 明治のロングセラー菓子「カルミン」が、2015年3月末で販売終了となるとか・・・。

         カルミン2

・ 「カルミン」は1921(大正10)年に販売開始。 約90年の歴史を持つ文字通り「長寿商品」でした。

○ 「味」「パッケージ」は90年前とほぼ一緒

・ ユニークな名前は「カルシウム」と「ミント」を由来にしています。 甘さの強いお菓子が多かった当時、「ミント」の清涼感を味わえると人気を博しました。 「ミント」だけでなく「カルシウム」も添加、「栄養菓子」という位置付けで売り出したといいます。

・ 明治によると「味」や「パッケージ」は90年前とおおむね変えておらず、現在では日本全国で販売、3世代、4世代にわたって広く食べられていました。

・ そんな「カルミン」も時代の波には抗えなかったとか。 担当者は、「市場環境の変化」に苦しみ、販売終了という決断に至ったと話しています。

・ ここ数日、「カルミン」販売終了の噂がネットで広がっており、ツイッターでも惜しむ声が続々寄せられています。

・ ちなみに、戦前から販売している同社の代表的な商品は「カルミン」のほか、「ミルクチョコレート」、「サイコロキャラメル」などがあります。



  久しぶりに聞く「カルミン」・・・小学校の遠足には、皆が持ってきた記憶も・・・。

  最近はコンビニで見かけても、食べていませんでした・・ねぇ。




            ムーミン谷

           ムーミン谷も、雪の中・・・です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード