自己消失の時代が来る ?


 今日の日曜日は大荒れ・・・吹雪に強風 !

 ツルツルすべる歩道に、突然の強風・・・助けて状態です。

 サッポロ市内では、この強風で通行人に被害がでました。



 街中を歩く若者には、バレンタインの余韻が・・・小さな紙袋を提げた姿も・・・。

 そんな、さなかの強風は・・・・災難です。



 ビルの看板当たり女性重体・・・15メートル下に落ちる

・ 15日午後2時ごろ、札幌市中央区の「札幌かに本家」駅前本店ビルから、看板の一部が約15メートル下の歩道に落ち、歩いていた20代の女性の頭に当たりました。 札幌市消防局によると女性は病院に運ばれたが、心肺停止状態という。


        ビルの看板


・ 中央警察署によると、落下した部分は幅約30センチ、長さ約1・5メートルの鉄製。強風の影響で落ちた可能性があるとみて、原因を調べています。 現場はJR札幌駅の近くで、女性は1人で歩道を歩いていました。

・ 札幌管区気象台によると、札幌市では午後1時50分ごろ、風速25・4メートルの強風を観測していました。




 すごくジェダイ・・・NASAの最新ポスター

I・ SS、いわゆる宇宙ステーションへの長期滞在クルー「Expedition」の第45期メンバーを発表するポスターが、なんだかとてもスター・ウォーズだと話題になっています。


     「Expedition」の第45期2


・ クルーは、ロシアから3名、NASAから2名、そしてJAXA宇宙飛行士である日本人・油井亀美也の計6名の面々。 ご覧のとおり、全員がジェダイのコスチュームを身にまとい、手には色とりどりのライトセーバー。 オフィシャルロゴに至っては、劇中に登場する宇宙戦艦スター・デストロイヤーの形という手の込みようです。

・ でもこれ、実は初めてじゃないのです。 NASAは以前にも『銀河ヒッチハイク・ガイド』を元ネタにしたポスターも制作するなど、結構なお遊び好きなのです。 今年はスター・ウォーズイヤー、これを見て宇宙に憧れる子どもたちも増えるのかもしれません。



 ジェダイ2  ● ジェダイ (Jedi)は、『スター・ウォーズ・シリーズ』で使われる用語。 宇宙にあまねく広がる神秘的なエネルギー「フォース」、及び高エネルギーの光線剣ライトセーバーを用いる、銀河系の自由と正義の守護者を指す。

・ 初期の字幕では共和騎士と呼ばれたこともあります。



  ジェイタイ ! に見えるのですが・・・。

  ついに、自衛隊も銀河系の自由と正義の守護者 ? 

  そんな訳もございませんでした。 ハイ
 


 服や本を目利きが選ぶ、「おまかせ消費」が拡大・・・

・ その道のプロや目利きに“選んでもらう”サービスがファッション業界を中心に拡大しています。 スタイリストが選んだ服を買ったり、レンタルできるネットサービスが増えるとともに、専門家が実際に同行する買い物ツアーも登場。 ファッション業界のみならず、自分で選べない、あるいは、より良いものを求める消費者による“おまかせ消費”が広がっているのです。

・ 女性スタイリストが男性の服を選んでくれるという男性向けサービス「bemool(ビモール)」が始まったのは2012年。 身体のサイズから予算、好みなどを伝えると、スタイリストがコーディネイトした服を届けてくれるサービスです。 スタイリストの指名もできます。 同様のサービスは増えており女性向けも多い。 月額6800円でスタイリストが選んだ服が何着でもレンタルできる「airCloset(エアークローゼット)」は今月サービスを開始したが、登録者が殺到し、現在受付を休止中している状態(2月13日現在)です。

       おまかせ消費22

・ プロにおまかせしたいというニーズの背景には、大きく分けて2つのパターンがあるようです。 スタイリストが同行する買い物ツアーに参加した30代女性はこう語ります。

「私はお洒落に自信がないので、プロの方に服を選んでもらいと思って参加しました。 私のような人が多いのかなと想像していたら、30人くらいの参加者の中には、すでにお洒落そうな人もいて驚いたんです。 彼女たちは、もっとファッションを学びたい、プロの方のセンスを吸収できるいいチャンスだと言っていましたね」

・ おまかせ消費が広がっているのは、ファッション分野だけではありません。 KDDIは2013年より、スマートフォン利用者を対象に、各分野のキュレーターが選んだ商品を定額で毎月届ける「auおまかせショッピング」を開始しました。 現在、グルメやワイン、コスメ、ライフスタイル(花)などのコースを展開しています。 「ワイナレッジ」など、ソムリエが厳選したワインを定額で届けるサービスを展開するワインショップも増えています。

・ 昨年からテレビで紹介されるなどして話題沸騰中は、いわた書店(北海道砂川市)の「1万円選書」です。 最近読んだ本のリストと感想、感動したこと、つらかったことなどの詳しい「カルテ(アンケート)」を送ると、それを元に、店主が1万円分の本を選んでくれます。 多数の応募があったため現在は募集を中止しており、再開は2016年初旬を予定という人気ぶり。  おまかせ消費が広がる背景について、マーケテイングの専門家は・・・・

「数年前からキュレーターという言葉が広がったように、“目利き”に選んでもらいたいという消費者のニーズは高まっています。 その背景の一つには、消費者が選ぶのが難しくなっていることがあります。 インターネット上をはじめ情報はどんどん増えていますし、今は価値観が多様化して正解のない時代。 ブランド品ならいい、というわけではありません。 だから専門家に選んでもらえると安心なのです。

 一方で、自分のこだわりを突き詰めた人の中からも、こうしたニーズは出てくるのです。 より良いものを求めて、プロにおススメしてもらいたいと考える消費者もいるのです

・ 続けて、定額制などのまとまった消費である点がポイントだとも語ります。

定額制のよさは、消費者の側からすれば、自分の欲しいもの・好きなものが選ばれていると同時に、予想もしなかったものに出会えることです。 自分の視野に入っていなかった商品を、専門家は教えてくれる。 単品だと好きなものだけ欲しくなりがちですが、まとまって買う際には、意外なものが少しくらい含まれているのがいいのです。 想定内のものに加えて想定外のものに出会えたときに、人の満足度はぐっと上がるのです。

 一方、サービスの提供側からすれば、固定客を確保できるとともに、顧客単価を上げられます。 もちろん、お客様のニーズを満たすためには、専門家(キュレーター)としての力量が問われるようになります。 力のある専門家なら、新しい市場を生み出していけるでしょう」

・ おまかせ消費は今後も広がると見ています。  「特に親和性が高いのは、趣味性が強い分野。 食やお酒もそうですし、CDなど音楽とも相性がいいと思います。 様々な分野でこれから広がっていくと考えられます」

・ 一見、受動的な印象を受けますが、必ずしもそうではない“おまかせ消費”。 ものが売れないこの時代に、新たな市場を開拓しそうです



 なんでも、かんでも、他人任せ ?  そんな世の中の風潮でしょうか。

 そのうち、彼、彼女探しも・・・おまかせ ?
  


         怒りのパパ2

   自己消失の時代が来る ? 怒りのパパであんす !




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード