愛の囁きを聞きたい・・・?

  
 サッポロの今日の気温は・・・3月下旬並みです。

 北の大地の厳しい冬も一段落でしょうか。

 これからは春に向けて、少しずつ小さな歩みを始めます。

  

 ・・・とは言え、いぜん厳しい寒さは襲って来ます。 

  愛の囁きなら歓迎 ? 残念ながら天使の囁きで・・・・?



     雪ダストb


 今日、2月17日・・・「 天使の囁きの日 」です。

・ 北海道幌加内町の「天使の囁きを聴く会」が1994年に制定。
 
・ 「天使の囁き」とは、空気中の水蒸気が凍ってできる細氷・・・ダイヤモンドダストのことです。

・ 1978(昭和53)年のこの日、幌加内町母子里の北大演習林で氷点下41.2℃という最低気温が記録されました。


     記念碑41.2a


・ しかし、気象庁の公式記録の対象から外れていたため、1902(明治35)年1月25日に旭川市で記録された氷点下41.0℃が公式の日本最低気温となっています。

 幌加内2 ・ これをプラスイメージに変えようと、町内の若者グループが中心となり、この日ダイヤモンドダストの観察等厳冬の一夜を体験する「天使の囁きを聴く集い」を1987(昭和62)年から開催しています。




◆ 細氷 (さいひょう)とは、大気中の水蒸気が昇華してできた、ごく小さな氷晶(氷の結晶)が降ることでダイヤモンドダストとして有名です。


      ダイアモンドダスト30


・ よく晴れた朝など、気温が氷点下10℃以下の状態のときに発生します。 視程は1km以上です。 日光で輝いて見えることから、ダイヤモンドダストと呼ばれています。

・ 氷晶で光が反射、屈折することで、太陽や月の周囲、ダイヤモンドダストが発生している大気中に暈、幻日、太陽柱などの大気光学現象が現れることがあります。


◆ 太陽柱 (たいようちゅう)、サンピラーは大気光学現象の一種で、日出または日没時に地平線に対して垂直方向へ、太陽から炎のような形の光芒が見られる現象を言います。


         光の柱


・ 氷点下10〜20度以下の空気中で発生するダイアモンドダストでも同様の現象が起こります。 日本では冬季の北海道などで見ることができます。




         愛の囁きを聞きたい・・・?

      パパ2

           夢で、夢見る・・・?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード