「にゃー・にゃーにゃー」


  気温が上昇予測も、冷たい風の一日になりました。

  せめても熱き心でも、寒気でゾクゾク感・・・です。

  四国では、春一番が吹いたとか・・・北の大地の春は、まだ遠しです。




■ <黄砂情報> 23日(月)に広範囲で黄砂飛来の可能性

・ 今日(22日)は韓国・中国で黄砂を観測しており、明日23日(月)には、日本に飛来する可能性があります。

         黄砂情報
    オレンジの部分が巻き上げられた砂、黄色い部分が運ばれる黄砂の予想

・ 中国の瀋陽付近で視程2km未満の黄砂を観測、また韓国ではソウル付近で視程2-5km未満の黄砂を観測しました。ソウルの北西では高濃度のPM10を観測されており、黄砂が含まれる可能性が考えられます。

・ 原因は、現在中国の東北区付近にある低気圧で、この低気圧の周辺の強風により周辺の砂が巻き上がり、それが飛来しているためと考えられます。


● 今後の黄砂予想

・ この黄砂は日本へやってくる可能性があり、今夜~明日(23日)にかけて、西日本~東日本の広いエリア(沖縄、奄美はのぞく)で、空がウッスラ(ぼんやり)霞む程度の黄砂となる可能性があります。

・ 九州では早朝まで、一時的に洗濯物にうっすら付着するレベルになる可能性がありますが、朝以降はやや薄くなる予想です。 また、西、東日本は花粉も飛ぶ恐れがあるので、花粉症の方は合わせて対策をしたほうが良さそうです。


● 対策など

・ 敏感な方は、洗濯物を部屋干しにすると安心。 花粉症の方は、目や鼻、のどなどの症状が悪化する可能性があります。 気温が高く、花粉が多く飛ぶ予想の所もあるため、しっかり対策を行ってください。 洗車は、また汚れる可能性があるので、少し待ったほうが安心です。




    「にゃー・にゃーにゃー」 ・・・今日は何の日?

  猫の日  猫の日22



   う~ん、どおりで、出迎いが早かった・・・かな ?

   トラとシャムの二匹・・・愛すべき、猫ダチ でございます。
 



 「愛する」と「愛される」、どっちが幸せ?・・・というのは、女性の永遠の命題

・ 愛する恋愛と愛される恋愛、どっちが幸せ? というのは、女性の永遠の(!?)命題。 もちろん「同じくらい愛し愛されるのがいい!」というのが総論だとは思いますが、なかなかそう理想的な関係も得られない現実もあり、この両者の間で悩む女性は、今も昔も少なくないようです。


     愛し愛される2


・ しかし、く「私は追いかけたいタイプ」と言っていた人でも、さまざまな経験や出会いを経て、最終的に「愛される幸せ」にシフトすることも・・・。 知るとやめられない「愛される幸せ」のよさとは? 


(1) 自分らしくいられるから

・ 最も多かったのが、この意見。 自分のほうが相手を好きだと、緊張したり、やきもきしたり、はたまた臆病になったり、本心とは違う態度をしてしまっては後悔したり・・・。 好きな人の前で、“自然体の自分”でいられなくなる経験をしたことのある女性は少なくないのではないでしょうか。 それこそが恋であるとも言えますが、大人になると、不自然な自分になってしまう関係はなかなか続かないもの。

・ また、自分の本来の良さを発揮できず、見込みはあったのに成就しない、というケースもあります。 何も取り繕うことなく、自分らしく振る舞う姿を許し、愛してくれる・・・という心地よさを一度知ってしまうと、「もう追う恋には戻れない!」と思う女性もいるようです。


(2) 不安にならなくて済むから

・ また、「愛される関係」は、不安にならなくていい、自信が増す、そのお陰でキレイにもなれる・・・といった良さを語る女性もいます。 「不安」もまた恋の醍醐味でありながら、よい恋愛関係を維持していくためには大敵の感情です。 多少は仕方ないにしても、「私は彼に愛されているから大丈夫」と心から思える関係では、安心でき、変な疑いも持たずに済みますよ。

・ 恋の不安でやつれた女性もそれはそれで魅力的ですが、愛されて満たされている女性の内側からにじみ出る美しさは、端から見ていても感心するほど。 「安心感」がくれるパワーって大きいのだなと思わされます。


(3) 優しい人になれるから

・ 「昔は好かれることが苦手で、傍若無人な態度を取ってしまっていた。 でも今は自然と優しくなれます」と語る女性もいます。 男性に一方的に好かれると、なぜか苛立ちや息苦しさを感じていたと言いますが、こうした心理は、自信のなさや自分への不満の裏返しであるケースが多くあります。 

・ 等身大の自分を受け入れ、認められるようになると、それを好きだと言ってくれる人にも自然に微笑めるようになります。 周囲の愛情や優しさを素直に受け取ることができるようになり、結果、以前よりも優しい人になれることも。 「自分自身を心から好きになること」も、愛される幸せへの第一歩と言えるかもしれません。


(4) 心から愛されると、自然に愛せるようになるから

・ 「本当に愛してくれる人のことは、自然にこちらも愛せるようになる」と語ってくれた女性もいました。 「こんなに私を想ってくれる人はいない」と感動を覚えるほどの愛情を注がれると、対象外だった相手でも愛おしく思うようになる女性は実際、少なくないのです。

・ 「自分から好きになった人がいい!」とこだわるのも一つの恋愛道ですが、「私も彼女たちのように、愛される幸せに浸りたいな・・・」と思い始めたら、それは心が求めるものが変化してきた兆しかもしれません。

・ 追いかける楽しさよりも、愛される喜びと幸せに価値を感じ、そしてそのことに慢心にならず、常に感謝を忘れないでいれば、永きに渡って愛し愛される、素晴らしい関係が築けることも期待できるかもしれません。




 「女の子と本」 「ニューヨークを探して」 岡田光世・著 ( 大和書房 )


             ニューヨークを探して2


  お節介なほど親切に、手を差し出してくれる。
  見知らぬ人との会話に救われることもある。
  孤独さえも、温かく包んでくれる。
  誰もがありのままでいられる街の、出会いと出来事。

  ――地下鉄の中で、書店で、スーパーマーケットで。
  突然始まるニューヨーカーとの会話が、人との触れ合いを
  思い出させてくれる。

  著者が街角での出会いを描くエッセイ集。
  ニューヨークのリアルな英語も楽しめます。



・ 殺伐とした大都会イメージのニューヨークですが、誰もが人との交流、繋がりを求めていて、ちょっとしたきっかで優しい心の交わりが実現するというのです。

・ ニューヨークの人々がそうだというよりは、著者のopen-mindedな態度がニューヨーカーの心を緩ませる、開かせるのではないかと考えられます。 


 
  オープンな気持ちになることはどこにいても大切なことです。

  是非見習いたいものです・・・ 「オープンな自分を探して・・・」




 2月最後の一週間になりました。

 ひな祭りまで、10日余り・・・雛あられどころか、まだまだ雪アラレの季節です。



        むむむ


   鼻がムズムズ・・・・鼻(花)が無いねぇ!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード