ほら ほら ほら !


   春到来 !  サッポロは気温も10℃に上昇です。 

    If winter comes, can spring be far behind ?

     (冬来たりなば春遠からじ)


  ・・のとおり、季節は巡って来ます。

  ( 冬来たりなば春遠からじ とは、今は不幸な状況であっても、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡ってくるというたとえ。 )



          ばらa





          音符記号22

        広い宇宙の数あるひとつ 青い地球の広い世界で
        小さな恋の思いは届く 小さな島のあなたのもとへ

        あなたと出会い時は流れる 思いを込めた手紙も増える
        いつしか二人 互いに響く 時に激しく 時に切なく
        響くは遠く遥かかなたへ やさしい歌は世界を変える

        ほら あなたにとって 大事な人ほど すぐそばにいるの
        ただ あなたにだけ届いて欲しい 響け恋の歌
        ほら ほら ほら 響け恋の歌

        あなたは気付く 二人は歩く暗い道でも日々照らす月
        握りしめた手 離すことなく 思いは強く 永遠誓う
        永遠の淵 きっと僕は言う 思い変わらず同じ言葉を
        それでも足りず 涙に変わり 喜びになり
        言葉にできず ただ抱きしめる ただ抱きしめる

        ほら あなたにとって 大事な人ほど すぐそばにいるの
        ただ あなたにだけ届いて欲しい 響け恋の歌
        ほら ほら ほら 響け恋の歌

        夢ならば覚めないで 夢ならば覚めないで
        あなたと過ごした時 永遠の星となる
        ほら あなたにとって 大事な人ほど すぐそばにいるの
        ただ あなたにだけ届いて欲しい 響け恋の歌

        ほら あなたにとって 大事な人ほど すぐそばにいるの
        ただ あなたにだけ届いて欲しい 響け恋の歌
        ほら ほら ほら 響け恋の歌




         うたa




 アンディ・ウォーホルとコラボ・・・54万円のUHA味覚糖「のど飴」 

・ UHA味覚糖は2015年3月16日~4月30日、特別限定商品「Andy Warhol×Japan Box」を30個限定で受注販売します。

● 外箱は銀箔、内箱は「Flowers」

・ 職人による手作業で「少量生産品」として発展してきた日本の伝統工芸と、シルクスクリーンを使った大量生産技術を用いたアーティスト、アンディ・ウォーホルをつないだ商品。 両者を「味覚糖のど飴缶」が媒介することで、「双方から『美』と『遊』の発見を引き出し彩ることを目指した」そうです。


          54万円のUHA味覚糖


・ 箱は「薬箱」をモチーフに製作。 先に発売した「味覚糖のど飴缶 アンディ・ウォーホル」(想定小売価格は税抜200円前後)全30種が封入されています。 コンプリートボックスとしてだけでなく、大切なものを保管する箱としても使えます。 外箱は木材に下地と、本漆の上塗りを行い、アンディが愛した「シルバー」を銀箔で表現。 内箱には本漆塗りの上に、代表作「Flowers」をシルクスクリーンで絵付けしています。

・ 価格は54万円(送料別途)。 限定数30が終了次第、受注は締め切られます。 手作りのため、約1か月の生産期間が必要。 購入は日本国内在住者に限ります。



  美声を保つには・・・やはり、これぐらい投資しなければ ?


 小学生から社会人になるまでに必要な″教育資金″はいくら !?

          子どもの学習

・ ソニー生命保険は、子どもの教育資金と学資保険に関する調査結果を発表しました。 それによると、子どもが小学生から社会人になるまでに必要な教育資金の平均予想金額は1,156万円となりました。

・ 未就学児の親(248名)に、子どもが小学生から社会人になるまでに必要な教育資金はいくらくらいだと思うか聞いたところ、「500万円~900万円くらい」(14.1%)、「1,000万円~1,400万円くらい」(36.7%)、「2,000万円~2,400万円くらい」(14.1%)といった金額帯に回答が集まり、平均額は1,156万円でした。  2014年調査の平均予想金額(1,229万円)と比較すると、やや減少傾向(73万円減少)となった。

・ 子どもを育てるにあたって、学校の学費以外にも様々な教育費がかかりますが、親はそれらに対していくら支出しているのか。 大学生以下の子どもがいる20~69歳の男女1,000名に、子ども一人に対し、学校以外での教育費に1ヶ月あたり平均でいくら支出しているかを聞いたところ(子どもが複数いる場合は長子について聴取)、子ども一人あたりの学校以外での教育費の平均支出額の合計額は9,757円/月となります。  内訳は、スポーツや芸術などの習い事は3,335円/月、家庭学習費用(通信教育、書籍など)は2,424円/月、教室学習費用(学習塾、英会話、そろばん教室など)では3,998円/月となっています。

・ 子どもの就学段階別にみると、中高生の親が最も平均支出額が高く、16,079円/月となります。 内訳を比較すると、中高生の親の教室学習費用への平均支出額は9,506円/月と、他の層に比べて突出して高い支出額となり、高校受験や大学受験に向けた学習費に、支出がかさむことがうかがえます。

・ 子どもを大学等へ進学させるための教育資金の準備方法について、高校生以下の子どもの親(748名)に聞いたところ、最も利用されている方法は「学資保険」で6割(59.5%)、次いで「銀行預金」が5割強(53.5%)。 大学などのための教育資金を準備する方法は、学資保険と銀行預金が中心となっています。



  こんなに・・と、こどもと父親を見比べる母親の顔でごさいます。


 どういう意味? 大学でいきなり登場する謎の用語10選

・ 大学生や大学内で使われる用語の中には、「よく聞くけど実は何のことか知らない」というものもあったりします。

・ 例えば「ガイダンス」。 よく聞いたけど、どういう意味なのかちゃんと分からないまま卒業した、という人もいるのでは・・・。 「大学でよく耳にしたけど実はどういうものなのか知らない」という単語のまとめ。

 実は知らないまま使っていた?

● 「ガイダンス」
・ 先に例に挙げたガイダンスですが、これは「指導」という意味の言葉です。 大学では説明会と同じ意味として使われます。 例えば「午後から就職ガイダンスがある」などと使います。

● 「オフィスアワー」
・ 大学内で、教員が生徒からの質問に答えるために研究室などにいる時間のこと。 教員はいつでもいるわけではないので、こうした時間を設けることでスムーズに質問ができるようになっています。

● 「シラバス」
・ 講義の内容や年間スケジュール、または成績の評価の方法など、「授業計画」が詳しくまとめられているもの。 学生はこのシラバスを参考にして、どんな講義を受講するか決めたりします。 実は日本の大学で一般化したのは20年ほど前なんだそうです。

● 「フィールドワーク」
・ 大学内での講義ではなく、学外に出て研究や調査をして学ぶことを指します。 フィールドワークの一環として、中学校や高校に行って自らが授業をする「教育実習」などもそうです。

● 「セメスター制度」
・ 一年間を前期と後期など2期に分けて、それぞれの期ごとに授業を完結させる制度のこと。 短期間で集中して学べるため、高い学習効果があるとされています。 海外では一般的な制度で、日本の大学でも採用しているところがあります。

● 「メンター」
・ 大学内で生徒の相談を聞いたり、学習指導をする人のこと。 大学の卒業生や上級生が担当したり、大学によっては有名な研究者や著名人を招く場合もあったりします。

● 「ピアサポート」
・ 「仲間同士で助け合う」という意味の言葉。 大学では「ピアサポート制度」や「ピアサポート室」などが設けられている場合があり、学生同士で学習内容や私生活の疑問や不安点を相談し合うことができます。

● 「ポートフォリオ」
・ 「ポートフォリオを参考に・・・」なんて聞いたことがあると思いますが、この「ポートフォリオ」というのは大学では「学習記録」といった意味で使われています。 自分の学習記録を確認できる「ポートフォリオシステム」などがありますが、次の授業計画を立てる際の参考になります。

● 「ライティングセンター」
・ 「ライティングセンター」というのは、論文など学術に関する文書の作成スキルを磨くための場です。 大きな大学だと、大学内に設置されている場合もあり、卒業論文などを作成する際の相談なども受け付けています。

● 「ピロティ」
・ 「1階部分が柱だけで構成され、外部空間になっている建築様式」のこと。 大学の建物の一部がこのピロティになっていることが多く、「ピロティ前に集合」「ピロティの柱に貼り出してある」など、一般でもよく聞く用語です。


・ 「シラバス」や「ガイダンス」あたりはよく使う言葉でしたが、意外と「意味までは知らなかった」という人もいるでしょう。



  卒業してからは使うこともない ?  でも、きちんと覚えておくとどこかで役立つかも?



   必要な教育資金の平均予想金額は、1,156万円・・・あぁぁ


          むむむ

         経済効果を考えると・・・う~ん


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード