春はどうして・・・でしょう?

  
  ポカポカ陽気・・・早春の訪れ ?

  「アラブの春」で注目された、チュニジアの博物館で銃撃テロ発生です。

  日本人観光客に死傷者・・・どこへ出掛けるにも安全を確認してからですね。

  平和ボケと云われる日本人ですが、自分の安全は、「御守」・・・?


  
 知ってトライ ! ・・・ 春の眠気対策 適切な睡眠で美肌もキープ!

・ 寝ても寝ても、まだ眠い春がやってまいりました。 

・ 「日中眠くて仕事にならない」、「会議中に眠らないように、ボールペンで太ももを何度も突いた!」などの声も聞きます。 


           睡眠a1


● そもそも、春はどうしてこんなに眠いんでしょう?

・ 実はこの眠気には自律神経が深く関係しているそうです。 冬から春にかけては気温が大幅に変化し、天気や気圧が変わりやすい。 そのため冬のカラダから春のカラダに移行する過程で、自律神経が乱れやすくなるそうです。
 
・ 自律神経はカラダのリズムを調節する役割があるので、休息と活動のバランスが狂い熟睡できず、だるくなったり眠気を覚えてしまったりするというメカニズム。 また、あたたかくなることでカラダの表面の血行がよくなり、脳に血液がいかなくなることも眠気が襲ってくる一因だそうです。 

1. 短時間の「うたた寝」をする

・ 電車に乗っている間、昼休みのちょっとした時間等、15〜20分程度のうたた寝をするといいそうです。 これは「今すぐ突っ伏したい!」というような眠気のときにはかなり有効。 それがたとえ5分でも電車やトイレに座りつつ船を漕ぐと、そのあとのスッキリ感が違います。 

・ なお、30分以上のうたた寝をすると、いつまでも眠気が長引いてしまい逆効果だそうです。


2. 早寝をし、カラダを休ませる

・ ごく当たり前のことですが、こういう時期は余計な活動はなるべく控え、夜は早く寝てしまうことが重要。 休日もなるべく外出はひかえ、カラダを休ませる。 とはいえ、ふだんのリズムを崩すような寝だめもよくないそう。


          睡眠2a


3. 解毒効果のあるものを食べる

・ 春は冬の間にカラダにたまった老廃物が出てくる時期でもあります。 だるさは老廃物が出てきて、細胞が蘇るときのサイン。 このとき積極的に解毒効果のあるものを取ると、カラダの中の浄化が進み、だるい症状も早くおさまるとか。

・ 解毒効果がある食物は、ふきのとうや山菜、菜の花などの、ほろ苦い春の野菜。 旬のものは、役割があってその時期に出てきているのです。


           春1a


4. 寝る前は神経を高ぶらせない

・ これは春に限らず、良い睡眠を得るためには、ごくごく当たり前のこと。 ただし、春はちょっとした刺激にも敏感になる時期ということで、いつも以上に気を使わなければいけないようです。 

・ 寝る2〜3時間前からテレビ、パソコン、スマホなどに触れることは避けた方が無難。 夜は無意識が解放されてぐるぐる考えてしまう時間でもあるので、ダラダラ起きていないでさっさと寝てしまうのが得策(なかなかむずかしいですが)。 


・ ~という感じで、よい睡眠をとって日中に眠気を残さない方法をさぐってみました。 質の悪い睡眠は肌にも影響してくるので、女性にとっては気をつけたいポイント。
 


   スッキリした頭と美肌を保つべく、注意深くカラダの声に耳を傾けたいものです。



 「ドン・キホーテ」著者の遺体発見 スペイン、修道院の地下で

・ 世界的文学作品「ドン・キホーテ」の著者として有名なスペインの国民的作家、ミゲル・デ・セルバンテスの遺体が首都マドリードで発見されました

・ 発掘調査を行った研究者らによりますと、マドリードの修道院の地下から約400年前に死亡したセルバンテスの遺骨の一部が発見されました。 

・ 名作「ドン・キホーテ」を世に送り出したセルバンテスの遺体は1616年に埋葬されましたが、17世紀後半に修道院を再建した際に行方が分からなくなっていました。

      スペイン広場a

             スペイン広場

      ミゲル・デ・セルバンテスa  「ドン・キホーテ」と「サンチョ・パンサ」a

       セルバンテスの像         ドン・キホーテとサンチョ・パンサの像


・ 研究者らは、遺体の状態が悪いため科学的証拠は得られていないが、文献調査などからセルバンテスのものであることは間違いないとしています。




              ● セルバンテスの名言

                ドン・キホーテaa

              人生は、
          1枚の銀貨のようなものだ。
          それをどう使おうと勝手だが、
          使えるのはたった1度きりである。

              「そのうちやる」
              という名の道を歩いて行けば、
              「何もしない」という
              名札のかかった家に、
              行きつくことになる。

           人生は山あり、
           谷ありである。
           しかし、山だの谷だのと思って、
           うろたえていたのは、
           結局は自分がちっぽけで、
           翻弄されていただけの
           話ではなかったか。






               疲れたa


            最近、疲れて・・・限界ヒーロー ?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード