住み難くなった世の中だぁ・・・・!

  
 風が冷たく感じる今日です。

 桜前線が東京まで・・・サッポロに届くのは一月後でしょうか。

 北海道まで新幹線が開通するご時勢です。 桜も・・・は、無理ですね。



 大潮で完全な「海の孤城」・・・モン・サン・ミシェル

・ 欧州北部のスーパームーンと皆既食の影響で、イギリス海峡両岸と多くの地域は大潮を迎え、大勢の人が大潮の珍しい光景を一目見るために、海辺に向かったそうです。 中では最も人気がある場所、フランスの名所モン・サン・ミシェルに約3万人の観光客が押し寄せたとか・・・。


          モン・サン・ミシェルa


・ モン・サン・ミシェルは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録され、フランス西海岸のサン・マロ湾に浮かぶ小島です。 大潮のため水位が急上昇し、干満の差が14メートル以上に達し、水位が大幅に上昇し、モン・サン・ミシェルが完全に海に囲まれました。


    モンサンミシェルa


・ モン・サン・ミシェルのほかに、フランス北部とイギリス西南部砂浜も大勢の観光客を集めたようです。 カナダ・ファンディー湾は高さ16メートルの大潮を迎え、オーストラリア北部海岸と南米最南端のティエラ・デル・フエゴでも大潮を迎えました。

・ このような「世紀の大潮」は18年に一度現れるため、前回は1997年3月10日に、今度は2033年3月3日に出現します。



  これぞ、自然界の奇跡と申しましょうか・・・脅威です。 ハイ

 ローマ教皇のナポリ訪問・・・「半奇跡」、聖人の血が半分液化

・ イタリア南部ナポリのカトリック大司教が、市の守護聖人であるサン・ジェンナーロの「奇跡の血」が、ローマ教皇・フランシスコの訪問中に液化し「半奇跡」を起こしたと述べています。

・ 「奇跡の血」はサン・ジェンナーロの血が乾燥したものとされ、一部の敬虔な教徒の間では、定例の日に十分な祈りをささげると固形の血が液化する「奇跡」が起こると信じられています。

・ 血の入った瓶が納められた教会をフランシスコ教皇が訪れた際、半分液化したというのです


          聖人の血が半分液化a


・ 教皇はこれに対し「聖人はわれわれを半分だけ愛しておられるようだ。 われわれはもっと修練してさらに愛されるようにならなければならない」とジョークで応えた。

・ この「奇跡」に懐疑的な科学者らは液化の理由について、瓶を動かすと瓶の中の化学物質が反応し、血液の粘性を変化させるとの見方を示しています。  教皇訪問に合わせて瓶は保管室から出され、展示されていました



  固まっている血が解ける ? 吸血鬼のお出ましは・・・?


 1億円のホテル後継者を募集・・・必要なのは「小論文と125ドル」

・ 200語の小論文と125ドル(約1万5000円)を準備すれば、あなたもアメリカ・ニューイングランド地方の田園地帯にあるホテルのオーナーになれる──。 以前、同じ方法でこのホテルを手に入れた現オーナーが、後継者を決める小論文コンテストの開催を発表しました。

・ クロスカントリー・スキーや美しい山並みで有名なメーン州西部に構える威厳あるB&B(朝食付き宿泊施設)「センター・ラベル・イン」のオーナーであるジャニス・セージさんは、20年以上にわたりこのホテルを経営してきました。


      Center Lovell Inn a


 現在68歳のセージさんは引退を考えており、資産価値が100万ドル(約1億2000万円)近いこのホテルをタダ同然で手放すことを決めたのです。

・ ホテルのウェブサイト「https://wincenterlovellinn.wordpress.com」には、「ニューイングランドの田舎でホテルとレストランを経営するという夢を抱いたことはありますか?もしそうなら、絶好のチャンスです!」との告知が掲載されています。

・ セージさんは「1993年に以前の経営者が小論文コンテストを開催し、私が優勝しました」、「22年間の順調な経営を続け、引退する時が来ました。 今は、他の誰かの夢をかなえたいと思っています」と説明しています。

・ コンテストの参加者は、5月21日までに「なぜ私は田舎のホテルを所有・経営したいのか」というタイトルの小論文を提出する必要があります



  さぁ~、目指せアメリカンドリームですか・・・ ?

  うまい話には裏が・・・とお考えでしょうか。 

  資産価値が100万ドルでも、ひょっとしてババ付、老後の下の世話を・・・ ?



 「座りション」派の男性が55%でも・・・あえて「立ちション賛成」  女子SPA!

 座りション ・ 立って勢いよくオシッコをする「立ちション派」と、座ってオシッコをする「座りション派」。 男性にはどちらを望みますか?

・ 「立ちションをしたがる男性」と、「掃除が大変だからと座りションを望む女性」の対立としてたびたび話題に上ってきた「座りション論争」ですが、最近ではますますその構図は複雑化してきています。 男女それぞれの思惑は・・・。

◆ 男性の「座りション」派が急増中

          座りションお願いステッカーa
   
 まずは男性側の意見から。

・ 「男たるもの、座ってオシッコをする座りションなんてもってのほか。堂々と立ちションすべし!」 (立ちション派/36歳・男・金融)

・ 「一回風呂上りに全裸で立ちションをしたときに、思った以上に飛沫がかかったのを肌で感じて、結局シャワーを浴び直した。 それ以来、オシッコが飛び散る立ちションは汚くてムリ」 (座りション派/38歳・男・メーカー)

・ 「男の沽券(こけん)」に関わる問題ということで、男性の意見としては長らく「立ちション派」が圧倒的多数を占めていました。 しかし、1999年調査で「座ってしている(いつも・たまに)」という男性が15%だったのが、2013年調査では55%まで増加しています (パナソニック・エコソリューションズ社・調査)。

・ 前出の男性のように、「座りション派」の男性の多くは、衛生的な理由を挙げています。 衛生面より男のプライドを優先したり、「立ちション」に男のアイデンティティを求めるというのは一昔前の発想となりつつあるということなのかもしれません。 

・ 家の掃除を担うことが多い女性にしてみれば掃除がラクになるので、この結果は好評なはず・・・と思いきや、そうでもないのがこの「座りション論争」のやっかいなところです

◆ “立ってしてほしい”女性の意見は?

・ 実は、「座りション派」の男性が増える一方で、「男には立ちションをしてほしい」と考える女性も少なくないのです。 その理由はさまざまですが、男性に立ちションを望む女性の意見は以下の通り。

・ 「立ちション派の夫があまりにも毎回トイレを汚すから怒ったら、『最近オシッコが分かれて出るんだよね』って。 心配になって病院に行ってみたら前立腺肥大症だった。 立ちション派だったからこそ異変に気付けたと思う」 (37歳・女・事務)

・ ちなみに前立腺肥大症とは、加齢とともに前立腺が肥大し、前立腺が尿道を圧迫することでオシッコのトラブルが現れる、男性特有の病気。  男性の排尿障害の最も多い原因とされており、50歳以降に多くみられます。

・ 前立腺肥大症になると、トイレを汚しやすくなるので、「立ちション派」の方がこの病気に気付きやすいと考えられます。 そのため、健康のバロメーターとして、「立ちション派」の方が良いといえるかもしれません。 最近では、大きくなった前立腺を小さくする薬もあり、外科手術をしなくても、排尿トラブルを回避することもできるそうです。

 ほかに“立ちション賛成”の意見としては、

・ 「トイレ掃除は夫の仕事だから別に立ちションでも問題ない」 (30歳・女・マスコミ)、

・ 「座りションだと、座りついでに夫が長々読書するのでやめてほしい」 (33歳・女・保険)といった意見も。

・ 「立ってしてくれたほうが男らしさを感じる」 (29歳・女・飲食)という意見には、放尿の場に立ち合うわけではないんだから、どうでもよくない? という気もしますが・・・。



  男の沽券はさておき、健康のためには男性には立ちションをオススメしたほうがいいのかも !? 

  でも、座ろうが、立とうが・・・騒ぐでないよ、好みでどうぞ。  

  守ろう、個室の自由を ! 



             森のクマさんa

           住み難くなった世の中だぁ・・・・!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード