やってよかった・・・1位は?

  
 相変わらず、冷たい風が吹くサッポロの街角です。

 数日前の暖かさは ? ・・・寒暖の差が激しいこの頃です。


      夜の札幌の街並a


 札幌の街には、東南アジアからの旅行者の姿が・・・北の旅人 ?

 手に提げているのは、爆買の荷物、荷物・・・ありがとうございます !



       たどりついたら 岬のはずれ
      赤い灯が点く ぽつりとひとつ
      いまでもあなたを 待ってると
      いとしい おまえの 呼ぶ声が
      俺の背中で 潮風(かぜ)になる
      夜の釧路は 雨になるだろう

      霧の街釧路a

      ふるい酒場で 噂をきいた
      窓のむこうは 木枯まじり
      半年まえまで 居たという
      泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ
      どこへ去ったか 細い影
      夜の函館 霧がつらすぎる

      函館の街の夜景a

      空でちぎれる あの汽笛さえ
      泣いて別れる さい果て港
      いちどはこの手で 抱きしめて
      泣かせてやりたい 思いきり
      消えぬ面影 たずねびと
      夜の小樽は 雪が肩に舞う

      小樽の町aa




 5月16日は・・・「 旅の日 」

・ 日本旅のペンクラブが1988年に制定。 

・ 松尾芭蕉が『 奥の細道 』の旅に出発した日が1689年3月27日で、これを現在使われている新暦に置き換えると5月17日(1988年の日付)になることに由来します。

・ 松尾 芭蕉(1644年-1694年)は、江戸時代前期の俳諧師。 現在の三重県伊賀市出身。 蕉風と呼ばれる芸術性の極めて高い句風を確立し、後世では俳聖として世界的にも知られる、日本史上最高の俳諧師の一人です。

・ 大阪にて病を得、1694年10月12日に没しました。 「旅に病んで夢は枯れ野をかけめぐる」が辞世の句。



           与謝蕪村が描いた芭蕉像

             与謝蕪村が描いた芭蕉像


・  『 奥の細道 』の旅は、芭蕉が45歳になってからのことです。 

・ 諧の古典に詠まれた歌枕とよばれる名所を巡るためにも東北を旅してみたいという思いが募り、自分の家を売ってまでお金を捻出したとか・・・。

・ 芭蕉が弟子の河合曾良を伴い江戸を旅立ち、日光を通って現在の福島県に入り、東北を巡ったあとに北陸の日本海側を通って、現在の岐阜県の大垣に至るという2400km、全行程で約150日におよぶ旅でした。




      『おくのほそ道』コース


      奥の細道


 月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。 

 舟の上に生涯をうかべ、馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。 

 古人も多く旅に死せるあり。
  ( 『 奥の細道 』の冒頭 ) 


=現代語訳=

 月日は百代にわたって旅を続けて行くものであり、来ては去り去っては来る年々も、また同じように旅人である。 舟の上に身を浮かべて一生を送り、旅人や荷物を乗せる馬をひいて生涯を過ごし、老年を迎える者は、日々が旅であって、旅そのものを常のすみかとしている。 風雅の道の古人たちも、たくさん旅中に死んでいる。





 20代がやってよかったと思うバイト・・・1位は?

・ 人手不足の影響を受けて、アルバイトの平均時給は上昇を続けています。 労働者確保のために収入面のメリットを提示することは、有効な手段と言えるのだろうか。


  バイト


・ 求人サイト「エンチャレンジ!はた☆らく」上で実施した、「やって良かったバイト」についてアンケート調査の結果は・・・。

・ 今回の調査では、アルバイト・派遣・正社員の求人情報を探している非正規雇用者中心とした20代に「やって良かったバイト」について質問。 20代の支持を最も集めたのは「販売系」、僅差で「フード系」、「事務・オフィスワーク系」が続きました。

・ やって良かったと思う理由のトップは、「仕事を通じて学びがあったから」。 他にも「上司や同僚など、良い出会いがあったから」、「仕事にやりがいがあったから」という回答が多数寄せられました。
 
・ 一方、「給与・待遇が良かったから」という回答は2割に留まっています。


● 20代がやって良かったバイトのトップは・・・「販売系」


  バイトのトップa


・ 「やって良かったバイトを教えてください」との質問には、20代の回答で最も多かったのは「販売系」(21%)、次いで「フード系」(20%)、「事務・オフィスワーク系」(19%)となりました。 

・ 販売系の具体的な仕事内容として挙げられたのは、「百貨店にて洋服の接客販売」、「パンの販売」、「コンビニでのバイト」、「スマートフォンの販促キャンペーンスタッフ」など。 珍しいところでは、「新幹線の駅弁の販売」、「仏壇販売」といった販売経験を持っている人もいました。


● 20代がバイトをやっていて良かったと思う瞬間は、「学び」、「出会い」、「やりがい」があった時


  良かったと思う瞬間a


・ 「やって良かったと思う理由を教えてください」という質問では、1位が「仕事を通じて学びがあったから」(60%)、2位が「上司や同僚など、良い出会いがあったから」(47%)、3位が「仕事にやりがいがあったから」(43%)となっています。
 
・ 人手不足の影響からアルバイト時給は上昇を続けていますが、「給与・待遇が良かったから」と回答した人は22%と低い結果です。 新規での採用が難しくなる中で、現在いるアルバイトのほうがやって良かったと思う瞬間を増やして、離職を防ぐこともポイントかもしれません。


★ 【仕事を通じて学びがあったから】と回答した人

◎ サービス業の基本的なことを学べた。 主に立ち振舞いや言葉遣いは役に立った。(20歳/女性)

◎ 学会運営のアルバイトをしました。 ピンマイクを発表者につけるだけの簡単な仕事でしたが、普段は聞くことのできない話を聞くことができました。(22歳/男性)

◎ 一度もやったことが無かった販売の仕事を通じて、普段自分がショーケースなど、あらゆる商品をどのような目線で見て購入を決めているかを知ることができた。 お菓子の販売も、他店との激しい競争のうちにあることも知った。(24歳/女性)


★ 【上司や同僚など、良い出会いがあったから】と回答した人

◎ 良い上司に出会いとても可愛がって頂いたので、その時の教えが現在を含むその後の人生の支えとなっています。(24歳/女性)

◎ 似た価値観でありながら当然異なる部分もあり、その異なる部分をお互いに理解し合おうとできる人たちと出会いました。 自身も人間として深みがでたと思います。(24歳/女性)


★ 【仕事にやりがいがあったから】と回答した人

◎ 人に何かを教えることは、簡単な内容でも難しいのだということを実感した。 人にわかりやすく伝えるにはどうすれば良いか工夫する中で、自分の成長を感じることができたから。(20歳/男性)

◎ 笑顔で接客していたら、お客様に貴方がいるならまた来ようかなと言って頂けた。(21歳/女性)




           アルバイトで旅行資金を・・・ ?   


       ムーミン2

         まずは、昼寝で夢をみましょうか・・・。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード