恋の魔法とは・・・!?

  
 雨続きだったサッポロ。 ようやく、今日は好天に恵まれました。

 開催中の北大祭も、陽ざしに誘われ例年の人出を回復したようです。



     北大祭a




 ロバの耳も崩れた・・・マレーシア・ボルネオ島の地震

・ マレーシアのボルネオ島で5日発生したマグニチュード(M)6.0の地震で、震源に近いキナバル山(4095メートル)で落石で登山客数人が負傷、日本人男性(29)を含む17人の下山が依然、確認できておらず、捜索・救助活動が行われているようです。

        キナバル山(4095メートル)

        キナバル山a


・ また、キナバル山の山頂付近にある花こう岩の奇岩の1つ「ドンキーズ・イヤー(ロバの耳、Donkey's Ears)」が今回の地震で破損。 2つ並んで突き出た岩のうち、1つが折れたとか・・・。



    みみa


 日本だけでなく、地球が揺れるこの頃です。 まずは、気持ちの揺らぎを抑えましょうか。



イソップ寓話 「 王様の耳はロバの耳 」

・ 王様はロバの耳をしてして、それをひた隠にしますが、 いつも髪を刈りに来る床屋は「王様はロバの耳」である事を知っていて口止めされておりました。

・ しかし、床屋は何時までも黙っている事が出来ず、井戸の奥に向かって「王様はロバの耳」と 大声を出して叫びます。


       王様の耳はロバの耳


・ その声があらゆる井戸の伝わって井戸と言う井戸から「王様はロバの耳」 と聞こえ、皆にロバの耳を知られてしまいました。 

・ 王様は「これは皆の意見を良く聞けるように、 ロバの耳になっている」と打ち明けるお話です。 





◆ 映画 『ロバと王女』 (Donkey Skin)  

・ ( 1971年・フランス ジャック・ドゥミ監督、ミシェル・ルグラン作曲、カトリーヌ・ドヌーヴ主演 )

        「ロバと王女」a
 
・ 宝石を生むロバのおかげで大変裕福な王がいました。 お妃が「私より美しい女性と再婚して欲しい」と遺言して亡くなってしまいます。 お妃より美しい女性はこの世に王女だけなので、王は王女に結婚を申し込みます。
 
・ しかし、困った王女はロバの皮に身を隠し、姿を消し家畜の世話係として暮らし始めます。 王子が正体を知らずに、王女に一目惚れするのです。 

・ 幸せをつかむために王女が考えた、恋の魔法とは・・・!?




 イギリス王室ウエディングケーキが競売に・・・ただし、食用には不適切

・ 1973~2005年までに行われたイギリス王室の5つの結婚式でゲストに配られたウエディングケーキが今月末、競売にかけられるとか・・・。 ただし「食用には適しません」との注意書き付きです。


    英王室ウエディングケーキ


・ これらのケーキはカットされたもので、エリザベス女王の運転手だった故レナード・マッセー氏が保有していたもの。 5つとも結婚式で出席者に配られた時と同じ箱入り。 箱には新郎新婦のイニシャルがデザインされています。

・ 最も新しいケーキは、2011年に行われたウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式で配られたもので、評価額は600ドル(約7万5000円)~800ドル(約10万円)。

・ 最も高価なケーキはウィリアム王子の両親、チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃が1981年に挙式した時のもので、評価額は1000ドル(約12万5000円)~2000ドル(約25万円)。

・ 最も古いケーキは、42年前、1973年に行われたエリザベス女王の長女、アン王女と前夫のマーク・フィリップス陸軍大尉との結婚式で配られたものだ。 このときのウエディングケーキの全体の高さは、アン王女の身長と同じ168センチだったという。

・ このほか、1986年のアンドルー王子と元妻セーラ・ファーガソンさんの結婚式、2005年のチャールズ皇太子とカミラ夫人の結婚式で配られたケーキも出品されます。

・ イギリス王室のウエディングケーキのオークションは、アメリカ・ビバリーヒルズで行われます。




 「珍しいフルーツ3選」1  珍しいフルーツ!?

・ フルーツ専門店やスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがあります。

・ 品種改良によって誕生した新しいフルーツや、続々と日本に進出する世界の珍フルーツ。 ここに紹介する3種にしても、まだまだ知らない人もたくさんいるはず!?


● りんご風味のバナナ・・・「バナップル」


・ 100人中100人に尋ねても「バナナ」と回答がかえってきても、なんら不思議のないこのビジュアル。 いわゆる王道のバナナの半分ほどの長さで小ぶりな形状ですが、食べればなんと、りんごのようなさらりとした風味! “まさにリンゴみたいなバナナ”、というイメージから「Banapple(バナップル)」と命名されたんだとか。


       「珍しいフルーツ3選」2


・ バナップルは、以前から話題になっていたものの、生産量が少なく売り切れが続出したため、実際に口にできた方は少ないはず。  他のバナナに比べ皮が薄く、食べごろを示す「シュガースポット」が出ないまま、皮全体が徐々に黒ずんでくるのが特徴。 熟すにつれて酸味と甘みのバランスや食感が変化していくそうですが、黒くなる前が最もリンゴに近い風味が楽しめる食べごろ。 こちらは冷蔵庫保存が可能という点も、よく知るバナナとは異なるところ。 価格は、1房300円~400円程度。


● 酸っぱ…くない!・・・「ミラクルフルーツ」

・ 果物売り場でひと際目を引く赤い粒。 一見、木の実のような果実が「ミラクルフルーツ」です。 これを舐めた後に、レモンを食べると、なぜだかハチミツのような甘さを感じます。 本来、酸っぱいと感じるはずのレモンが、このフルーツに含まれる成分によって、感覚的にマヒして脳に「甘い」と伝達されてしまう、まさにミラクルな果実。


       「珍しいフルーツ3選」4


・ これはミラクルフルーツに含まれている「ミラクリン」と呼ばれる成分が酸味と合わさることによる、いわば化学反応。舌の上で味覚を感じ取る部分「味蕾(みらい)」が甘さとして感じされるためなんです。

・ 砂糖を使わずに「甘み」を感じる事ができるので、現在ではダイエットのお供や、糖分を殆ど摂る事ができない糖尿病の方等に利用され、どんどん注目を集めています。

・ 1粒で200円~300円が相場ですが、レモンやすだちを丸かじりしようが、梅干しを頬張ろうが、「酸っぱ…くない! 甘い」と、友達や家族とミラクルフルーツで食べ遊べるコミュニケーションツールにもなります。


● 森のアイスクリーム・・・「チェリモヤ」

・ 白い果肉は、まるでアイスクリームのような舌触り。 柔らかい甘味と、ほんのりヨーグルトのような酸味が特徴的な南米原産のフルーツ「チェリモヤ」。 


        「珍しいフルーツ3選」3
          

・ 皮が緑のままのものは苦みや酸味が勝るので、黒みがかって熟すのを待ってからが食べごろ。 タイミングは、耳たぶより少し固いくらいの柔らかさです。 食べる直前に冷蔵庫で冷やしてデザート感覚で召し上がれ。 ただし、温度が8度以下の場所や、30度以上の場所で保存した場合は、冷温や過追熟で傷むので気をつけて!

・ 1個1,500円~2,500円と、なかなかのお値段はしますが、風邪予防や美肌効果にも期待できるビタミンCが豊富。 さらに妊婦には欠かせない葉酸、高血圧やむくみの予防に効果的なカリウム、新陳代謝に必要なビタミン6も含まれています。



   どれも日本人には知名度の低い果物です。

  「人生で1回くらいは食べてみたい」・・・見つけたら、即行動あるのみです!
 




         ゆれるa


          揺れている・・・!?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード