15秒見つめるだけ ?

  
  雨模様でムシ暑い !

  室内に入ると・・・節電で室温も高め、汗が出るです。

  札幌駅周辺は、夏物一掃のバーゲン・・・「さぁ~、いらっしゃい 」 

  物色に熱が入る若者の姿は例年のとおりです。




 今年も、恒例のイベント「サッポロビール★道産子感謝Day」

・ 今年もお得で楽しい恒例のイベント「サッポロビール★道産子感謝Day」が、7月4日(土)・5日(日)に開催されます。

・ 同イベントは、サッポロビール発祥の地・北海道へ感謝の気持ちを伝える企画で、2015年で7回目になります。


              サッポロビール☆道産子感謝Day2


・ 札幌、恵庭、上富良野の道内4カ所の会場で、発売30周年を迎える「サッポロクラシック」や、「サッポロ生ビール黒ラベル」が1杯200円の特別価格で味わえます。


 「サッポロビール★道産子感謝Day」は、7月4日・5日は「札幌麦酒祭り」として札幌市内2会場で実施されます。

 サッポロガーデンパーク会場(札幌市東区・サッポロビール園前広場)では、「サッポロクラシック」を、サッポロファクトリー会場(札幌市中央区)では「サッポロクラシック」と「サッポロ生ビール黒ラベル」をそれぞれ提供されます。


  サッポロビール☆道産子感謝Day 2014年a
   
                     ( 2014年 ) 

・ 7月5日(日)の上富良野会場(上富良野町)で行われる「ホップのふるさと上富良野」では「サッポロクラシック」を、サッポロビール北海道工場会場(恵庭市)の「おんこ祭」では、工場で作りたての「サッポロククラシック」と「サッポロ生ビール黒ラベル」を味わえます。


各会場ではイベント盛りだくさん!

・ 各会場では、地元グルメの出店やステージイベントなども実施されます。 「札幌麦酒祭り」のサッポロガーデンパーク会場では、道内30市町村以上が“ビールに合うおいしいもの”を出品する他、豊浦町の人気イベント「世界ホタテ釣り選手権」の体験コーナーや、家族で楽しめるキッズパークなどを設置。

・ また、サッポロファクトリー会場では、北海道内ご当地キャラクターのステージや十勝池田町の和牛・黒豚・羊肉が味わえるブース、そして北海道出身アーティストのスペシャルライブなどが行われます。

・ 「おんこ祭」のサッポロビール北海道工場では、地元・恵庭の野菜などを販売するマルシェや、道産小麦100%の麺や地元野菜を使用した「ジンギスカン焼きそば」(500円)といった地元グルメが勢ぞろいするなど、各会場とも様々な企画でイベントを盛り上げます。


・ 来場にあたりサッポロビールでは、公共交通機関の利用を呼び掛けています。 サッポロビール北海道工場までは、JR恵庭駅や恵み野駅、千歳駅からの無料送迎バスが用意されます。



           ビールa


  爽やかな夏空の下、みんなでサッポロビールを楽しみましょう!



               パパ ドリンク

              では、ビールで・・・・えっ、ワイン ?      



 15秒見つめるだけ ? ・・・2色写真がフルカラー化 !?  驚愕の錯視画像!!

・ まずは画像をご覧ください。 左半分に、ネガポジ反転したような女性の姿がありますが、彼女の鼻の頭にある白い点をじっくり凝視してください。


 15秒a


・ そして15秒後、すぐに視線を右半分の真っ白いスペースに移すと・・・左側の女性が、なんとフルカラーの美女となってハッキリと浮かび上がるとは !!



・ イギリス紙「The Daily Mail」によると、現在海外ネットユーザーの間で話題となっているこの錯視画像は、どうやら私たちの目と脳に「陰性残効」と呼ばれる現象を引き起こすようです。

・ 検眼と視科学を専門とするニューサウスウェールズ大学(オストラリア)のジュノ・キム博士によると、私たちが知覚するすべての色の信号は、神経節細胞を通って目から脳へと伝達されますが、そこには「黒と白」、「赤と緑」、「青と黄色」を司るチャンネルがあるそうです。

・ 例えば、あなたが黄色を見つめたとすると、「青と黄色」のチャンネルにある黄色を認識する細胞が刺激されます。 そのまま見つめ続けると、黄色を認識する細胞はどんどん活発化しますが、やがて疲労し、鈍くなってしまいます。

・ すると、黄色の信号が減退する一方、その補色である青の信号が強く現れるようになり、結果として青が知覚されてしまうのだといいます。

・ 一般人にとっては、わかるようなわからないような複雑な仕組みがあったようですが、実際に体験してみれば納得するしかありません。 しかし、このような現象があることを知ってしまうと、普段私たちが認識している世界の色が、果たしてどこまで本物なのか少し疑ってみたくなるかも・・・?



  見えない ?  見ている方向が違うのでは・・・・



 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名言a

 『星の王子様』『夜間飛行』などの著者であるフランスの作家、操縦士アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名言。


                ばら一輪a



 人は見つめ合うだけで、恋に落ちる!?

・ 好きな人とふいに目が合った時、誰もが胸を高鳴らせるものです。 しかし、この目が合ったという偶然に、どうして人はドキドキしたり、嬉しくなったりするのでしょうか。

・ 心理学の中でも、視線がもたらすドキドキについて・・・です。



        I like her 2


● どうして、人は好きな人を見つめるのか

・ どうにも実りそうもない片思いの人に対して「私は遠くから見つめているだけで満足」と切ない気持ちを抱えて相手を見つめている・・・と言うと、とても健気で物悲しい恋物語ですが、ここには恋心と「見つめる」という行為の密接な関係性が透けています。

・ この片思いをしている女性は、せめて好きな人を見続けていたい、仲は進展しなくても見つめることだけはさせて欲しい、と「好きな人を見つめる」ことはすべての恋愛のヴァリエーションに通じる欲求なのです。

・ 人は、誰か好きな人ができたら、その人を意識・無意識関係なく目で追ってしまいます。 そして逆に、誰かをじっと見つめている人を見たり、誰かにじっと見つめられたりすると、「見つめる」=「恋愛感情」の数式で、恋をしている(恋をされている)かもしれない、と考えるのです。


● 「一目惚れ」の見つめ方

・ もちろん、目が合ったらそれがすべて恋愛感情から見つめられている、と考えるのは勘違いです。 なんだか視線を感じる・・・視線を探してみると、誰かがあなたを見つめていたら、それは本当に恋愛感情から見つめているのかもしれません。


           見つめ合う、男と女


・ 見つめるとは言葉通り、ある程度時間が必要です。 では、「一目惚れ」はどうでしょうか? 出会った瞬間、見つめる暇もなく恋に落ちる、それを一目惚れというはずです。

・ しかし、実は一目惚れをした瞬間も、人は平均して5~7秒相手を見つめているそうなのです。 7秒と言うと、やはり一瞬のように思えなくもないですが、実際に7秒間一点集中で見つめ続けてみると、なかなかできないことだというのがわかります。

・ 案外長く感じられるはずです。 やはり、恋愛に至るほどの感情を抱くまでには、並大抵の見つめ方ではいけないのでしょう。


● 最大級の愛情は7秒

・ 一目惚れというとても貴重な恋愛スタイルで、見つめるのにかけている「7秒」という時間は、一体何なのでしょうか

・ そもそも、この5~7秒見つめ合う、という行為は、余程日頃からコミュニケーションをとっているか、信頼を得ている関係でないと実現できないのです。 これが可能な関係性は、信頼が確立されている関係や、お互いに思いあった恋人同士でなければ難しいのだそう。


           遠くから見つめるだけでいいの?a


・ 逆に、意識的にでも無意識にも、誰かと5~7秒見つめ続けることができたら、脳内では「恋に落ちた」と錯覚し、胸を高鳴らせます。 どうしても好きな人を手に入れたいのなら、なんとか5秒見つめ合い続けるシチュエーション(?)を作るのが確実かもしれません。


● 視線を送る意味

・ 視線を送る、目を合わせる、それはつまり、愛情を目で語っているのと同じことなのです。 とすれば、これは片思いにだけ関係する話ではありません。

・ 長く付き合い続けて、なんとなくだれてきた恋愛関係、お互いがいるのが当たり前になりすぎてときめきがないと感じる、そんな人達こそ、「目で語る」ことを思い出してほしい。

・ 相手と話をする時は目を見るようにしたり、相手も目を合わせてくれないのであれば、ただ見つめ続けるだけでもよいのです。 相手をうっとりと見上げたりしていますか?

・ 今更、愛をささやくのは恥ずかしすぎる・・・そんな時、「目は口ほどにものを言う」です。 


            「目で訴える」


        その視線は、案外伝わっているようです。




             ムーミン 目線

           15秒 ? 7秒 ? どちら・・・・ 




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード