わが人生は、われが主役・・・

  
 午後から陽射しの戻ったサッポロです。

 台風が四国に上陸し、17日午後にかけて中国か近畿を縦断して日本海側・・・これは大変な週末になりそうです。

 北海道への影響は、日曜日頃からでしょうか。 皆さん、今後の情報に注視です。





 芥川賞・・・ピース・又吉直樹、羽田圭介の2名に・・・

・ お笑いコンビ、ピースの又吉直樹(35)が書いた小説「火花」と羽田圭介(29)の「スクラップ・アンド・ビルド」が、第153回芥川賞(日本文学振興会主催)を受賞しました。


       又吉直樹a     羽田圭介a

          又吉直樹            羽田圭介


・ これまで、芸能界からはミュージシャン、辻仁成が「海峡の光」(97年)、同じく町田康が「きれぎれ」(00年)で同賞を受賞していますが、お笑いタレントの受賞は初めてです。

・ 又吉の「火花」は今年5月、同じく純文学作品を対象にした三島由紀夫賞の候補にもなり、決選投票に残って話題になったばかりでした。




 "残念"な夏ボーナスが原因 !? ・・・ 夏休みの旅行、「行く予定がない」人が過半数

・ 「2015年夏のボーナスと旅行についてのアンケート調査」よると、今夏のボーナスは昨年と比べて「下がった・出なかった」人が12%となり、「上がった」の6.2%を大幅に上回っています。

       ボーナス


○ 夏休みの旅行、「行く予定がない」が過半数


         夏休みの旅行2a


・ 夏休みの旅行の予定を聞くと、「行く予定がない」が過半数の55.2%。 旅行に行く人の内訳は、国内旅行が28.1%、帰省が13.1%、海外旅行が3.7%で、国内、海外旅行の行き先は近場の旅行先が人気です。

・ 旅行の日程は、1位「2日間」、2位「3日間」、3位「日帰り」と、短期間が多かった。 費用については、全体の平均は8万8,620円、海外旅行の平均は26万8,947円、国内旅行の平均は8万1,199円、帰省の平均は5万5,676円と、総じて抑え気味のことから、「安・近・短」の旅行が選ばれているようです。



    たった今、休暇を取り終わった人ほど、休暇を必要とする人はいない。

                        エルバート・ハバード / 作家・工芸家




 夏休み ? どうするか・・・オジサン (オバサン) 社員

・ 「定年前OB社員」――。 サラリーマン人生から心理的に卒業し、割り当てられた業務を大過なく処理して過ごす人。 あるいは難しい問題を先送りする人。 こうした「働かないオジサン (オバサン)」はどこにでも生息していて、若手ビジネスマン・ウーマンもその予備軍だといいます。


         おじさん社員


・ 大手企業では、人呼んで「たそがれ研修」・・・50歳、45歳、40歳と対象年齢も段々と低下の傾向ですが・・・。

・ 企業が頭を抱えているのが、「定年前OB社員」。  経営環境が厳しい時代にそんな社員がいるのか思うかもしれませんが、実際にいます。  「窓際族」も、この一員でしょうか・・・。

・ 働かない中高年管理職対策として頻繁に異動させていると言います。 「同じポストに5年もいれば惰性で仕事をやるような人が生まれます。 あるいは課長が部下に“いい人”と思われようと仲良しクラブになり、生産性が落ちた職場もあります。 組織を健全な形で維持させるために、だらけた課長、部長の異動を3年ごとに意識的にやり、あえて組織を壊すようなことをやっています。 人を入れ替えることで緊張感を保つことができます」


    リストラ寸前


・ また、対策として約4割の企業が実施しているのが役職定年制です。 55歳になれば課長以上は役職を外されます。 もう1つの方法は50歳以上の賃金の減額です。 大手企業の中には給与を3~4割減額するところもあります。

・ この制度は、あえて厳しい状況に置いて奮起を促すのが狙い。 ですが、実際には「カエルの顔になんとかではないが、仕事に対する態度は以前と全然変わらず、効果は上がっていない」と言います。



  年々増えている中高年、それに、ぞくぞく続く若手。 企業も社員も・・・さて、どうしょうか ?

  役席を頭突きで押し出され・・・窓越しの陽ざしで汗を流すニャ~ ? 
 


          窓際族 a




 冥王星に富士山級の氷の山、NASAが画像公開

・ アメリカ航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に最接近した際に撮影した最新画像が公開されました。


    冥王星に氷の山a
 

・ 高さ3000メートル超の富士山級の氷の山が連なる様子などが確認され、冥王星の姿が明らかになりつつあります。

・ こうした高い山がどのように形成されたのかは不明。表面は、隕石の衝突などでできるクレーターによりでこぼこになっていると予想されていましたが、クレーターは少なく、比較的新しい。 山は1億年ほど前に形成されたと考えられており、太陽系の年齢に比べると比較的若い。

・ NASAの科学者は「冥王星は多様性に富み、様々な特徴がある」述べています。 探査機から今回受け取ったデータはほんの一部で、全ての観測データが届くのは16カ月後になる見通しです。

・ NASAの研究者は、 「冥王星がこれほど驚きに満ちたものだとは思わなかった」と語っています。



  これを、冥土のみやげ・・・と云うのかなぁ~ ?


 日本演劇史上初の快挙!・・・ 『ライオンキング』通算10,000回達成!!

・ 7月15日(水)、劇団四季のミュージカル『ライオンキング』は、国内演劇史上初となる通算10,000回公演を達成しました。

・ 作品は、1998年の初演以来、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌の5都市で上演。 現在は、東京と大阪にてロングラン公演が続いており、5都市すべての街で連続ロングラン記録を樹立しています。


    ライオンキング a


・ 『ライオンキング』は、アフリカ・サバンナを舞台に展開するライオンの子・シンバの成長物語。 「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」という深遠なテーマの中で、生命の営み、親子の絆、心の成長を綴ります。
 
・ インドネシアの影絵や日本の歌舞伎/文楽など、アジアの伝統芸能要素が活かされた舞台表現と、アフリカンビートが色濃く反映された楽曲が一体となった独創的な舞台は、今もなお高い評価を得ています。

・ 記録達成となった15日、東京・大阪両公演では本編終演後、同一の特別カーテンコールを実施。 5月末から6月中旬に掛けて行われた “『ライオンキング』ナンバー人気投票”の上位曲で構成したスペシャルパフォーマンスをご披露。


    ライオンキング通算10,000回達成a

 
・ その後、“10000回”を示す看板と今回特別に製作された『ライオンキング』仕様の高崎だるまを掲出し、ラフィキ役の青山弥生から・・・「『ライオンキング』にとりまして、この1万回は通過点だと思っております。 今後もお客様への作品の感動をお届けできる様、一回一回の舞台を精一杯努めてまいります。 今後とも変わらぬご支援、ご声援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。」と挨拶がありました。

・ 現在、東京公演は12月31日(木)まで、大阪公演は11月29日(日)までの上演が決定しています。 通算10,000回公演の記録到達までの期間は16年7ヶ月、また観客動員数も国内最多の1,015万人と圧倒的な支持を集めている、ミュージカル『ライオンキング』。 今後のさらなる記録更新が楽しみです。



  10,000回とは・・・これまた~、大変なことでございます。

  でも、出演スタッフの総数は・・・?  



            しかし パパa


       わが人生は、われが主役・・・当然でした



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード