海? それとも・・・山?

 地下鉄もゆったり・・・盆の入りです。

 せいぜい、墓参りぐらいで・・・そんな話の札幌出身者。 里帰りも・・・どこへ ?
 


         盆の入りa

 
 明日は、ライジングサン・ロックコンサートがスタートです。


       ライジングサン・ロックコンサート 2015




 人民元切り下げ・・・「爆買い」訪日客の減少懸念

・ 中国人民銀行(中央銀行)は13日、人民元の対ドル取引の目安になる基準値を3日連続で切り下げ、前日(1ドル=6.3306元)より約1.1%安い1ドル=6.4010元に設定しました

・ 中国が連日の大幅な人民元切り下げに踏み切ったのは、輸出を増やして国内経済を立て直すためと考えられます。

・ 世界2位の経済大国である中国経済の減速は、日本をはじめ世界経済に与える影響が大きく、関係者は今後の動向を注視しています。


          人民元切り下げ


・ 中国は日本にとって最大の貿易相手国。 貿易統計によると、2014年度の中国との輸出入の金額は約32兆6000億円で、アメリカとの約21兆9000億円を大きく上回ります

・ 中国の景気が悪化すれば、日本から中国への輸出が減る公算が大きい。 また、人民元安が進めば、中国に進出する日系企業の円換算した利益が目減りする要因となり、好調が続く日本企業の決算にも水を差す恐れがあります。

・ SMBC日興証券が13年度の日本企業の収益をもとに試算したところ、人民元が約2%安くなると、現地法人の経常利益が444億円減少するといいます。 業種別では、自動車などの「輸送機械」で146億円、商社など「卸売業」で92億円の減益が見込まれます。

● 国内事業が中心の企業への影響も懸念も・・・

・ 今年上半期(1~6月)の訪日外国人は約914万人と最高で、2割以上を中国人が占めます


       爆買い
 

・ 中国人による化粧品や家電製品などの「爆買い」が日本経済の一端を支えてきましたが、中国経済の悪化や元安で来日客数が減少すれば、家電量販店や百貨店などの業績に影響を与える可能性があります。



  中国人のバカンスは・・・爆買い ?  それも、生活のしたたかな知恵でしょうか。

  パパ羨望  一度、爆買いを・・・・!


  今、日本中・・・バカンスもどき ?  盆休みも、夏休みへと名目も変化してきた昨今です。

  墓参りはするものですか ? ・・・こんなアンケートがされるようになったお盆期間。 

  お盆の風習も、徐々に風化の兆候も・・・魅力のない仏教への警鐘か。 ゴ~ン 




 バカンス好きフランス人は・・・海? それとも山?

・ 「山と海、どっちが好き?」という話を、一度はしたことがあると思いますが・・・。

・ さて、年に5週間の有給休暇を取れるバカンス大国フランス。 日本では「山派」と「海派」が同じくらいの割合、ではフランスではどちらが多いのでしょうか? 

      フランスにとってバカンス1a


● 海を好む? フランス人の傾向

・ フランス国立統計経済研究所がまとめたフランス人の40年間のバカンス動向によれば、フランス人は夏の休暇先として、明らかに山より海を好むそうです。 休みに海を選ぶ人は5割に近く、山は2割ほどしかないのです。


● 彼らはどのような滞在を好むのか?

・ 平均宿泊数は海に行く人の場合が11.2泊、山は10.9泊。 もっとも人気のあるアクティビティは散策だといいます。 次いでビーチまたはプールが続き、3位以下は市内観光、自然遺産、美術館や歴史遺産となります。

・ つまり、観光スポットを巡るような形態はあまり好まない。 ある程度のまとまった休みを取り、そのなかでゆっくり過ごすという滞在スタイルです。

・ しかし10日以上も出かけると、ホテル代だけでもかなりの出費になるのでは・・・。 家族全員で出かければ、それこそかなりの額に・・・。 フランス人はどのように、それら費用を捻出しているのでしょうか。


       フランスにとってバカンス2a


● フランス人はホテル代を払わず?

・ 実は払っていないのです。 前述の統計にある宿泊先の詳細を見ると、家族の家に泊まると回答した人が30%、友人の家が6%、別荘が17% いました。

・ その一方、お金を払って泊まる商業宿泊施設は、キャンプ場が11%、ホテルが9%、ツーリストレジデンスが7%、民宿が4%でした。 予想に反してホテルなどの商業宿泊施設の割合が高くありません。 宿泊費をなるべく抑えつつ、現地では散策などをして楽しむという、お金のかからない滞在方法で過ごしているのです

・ そもそも本当にフランス人は、皆バカンスへ出かけているのでしょうか?

 
● バカンスに出かけるフランス人の割合

・ 統計によればバカンスに出かける人は全体の6割半だという。 フランスにとってバカンスは、元々富裕層の習慣であり、ステータスでした。 ところが労働条件の改善などが進み、労働時間や休暇が法的に整備され、バカンスの習慣が国民全体に広がったのです。 1964年に43%だった割合は、40年後には20%近く上がっています

・ もちろん出かけられない人もいます。 年齢が若いほど経済的な理由が多くなるし、年齢が高くなれば健康面での理由が多くなります。 15~44歳の世代には、仕事もしくは学業のためにバカンスへ行けない人が1割半~3割弱います


       フランスにとってバカンス3a


・ バカンス」という言葉を聞くと、大層なことをイメージしがちですが・・・。 しかし、このように統計を見ていくと、フランス人のバカンスは10日間ほどの休みを田舎の実家や親戚の家で過ごし(海沿いであればなお良し!)、どこかへ行くわけでもなく現地を散歩するというもの。 もちろん中には絵に描いたような豪華な滞在をする人もいますが、一般的なフランス人にとってはこれがバカンスの感覚なのです。



      パパのバカンス1a

          ムッシュのバカンスは・・・ユトリズムで ?


  そんなユトリもない ! では、気合をいれて、勉強せよ ? です。


 難関大合格者の夏休みにおける1日の平均勉強時間は?

● 難関大合格者の夏休みの勉強時間って?

・ 夏休み真っ最中。 「難関大に合格した先輩はいったいどれくらい勉強していたの?」 と気になるところでしょう。 そこで大学に合格した先輩たちの、夏休みの学習時間はどうだったか・・・。


  夏休みの学習時間a


● 受験生全体の夏の平均学習時間は7時間30分!

・ グラフからわかるように、合格者全体の夏の学習時間は平均で7時間30分。 これは6時限授業と平日の自宅での学習時間の合計とほぼ同じ。

・ 自分で学習計画を立てる際には、学校登校時と同じ時間を目安に学習時間を設定するとよいでしょう。


● 1日24分の差がMARCHG突破の境界線?

・ 合格大学別に見ると、大学の難易度が上がるにつれて、学習時間も増加する傾向があることがわかります。

・ 全体の平均と比べて、MARCHGは24分、早慶上智は1時間6分、東大・京大では3時間18分も長く勉強しています。


● 早慶上智合格者は1科目の学習時間が多い

・ さらに、グラフからは、早慶上智合格者の学習時間が、受験科目数の多い旧帝国大よりも多いことがわかります。 このクラスの入試になると、教科書レベルを超える知識を問われることがあり、1点の差が合否を分けることがあるからではないでしょうか。



  早慶上智レベルを目指すなら、ぜひ念頭に入れて夏の学習を・・・。

  ただし、学力は必ずしも時間に比例せず・・・でごわす。 ハイ



 ミラノ万博 「日本館」・・・開幕約3カ月で100万人突破

・ イタリア北部ミラノで開催中の国際博覧会(万博)の「日本館」で12日、5月1日の開幕から約3カ月で来館者が100万人を突破しました。

・ 「多くの人に高い評価をもらえ、予想以上に良い結果を出せている」( 日本館・館長 )と喜びを語っています。


       「日本館」で100万人目の来館者a


・ 100万人目となったのはイタリア南部プーリア州の一家・・・法被姿で日本館特別大使のハローキティと記念撮影。 和牛の食事券などのプレゼントが贈られ、アテンダントの案内で日本館を見学しました。

・ 日本館は各国展示館の中でも人気が高く、連日、朝から3時間待ちの行列とか・・・。




       パパ バカンス2a

      食文化・・・人種を問わず、やはり美味しい物には反応する! 



           きゅうかa

        
           海? それとも・・・山?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード