○○な性格の傾向 !?

 野田内閣発足から・・・えーと、何日 ?

 なぜか影の薄い存在です。 影が右往左往していて主役は・・・どこ。

 叩けば綻びが、掘れば埋蔵金は無し。 

 なれば、小金を溜め込みましょうかと・・・あの手この手も明るみにです。



■ 32の資格制度の料金「不適切」・・・国の資格・検定で勧告 (総務省)

・ 総務省は、国の資格・検査検定制度に関する調査結果を公表しましたが・・・抽出した139制度のうち、中小企業診断士など32制度で手数料や受験料、講習テキスト代などの料金設定が不適切だったと指摘しています。

・ 制度を運営する23公益法人で不必要な積立金が計121億円あることも判明、総務省は制度を所管する13府省庁に料金の引き下げや運営の適正化などを促すよう勧告しました。

 調査は昨年7月から今年10月にかけて、全447資格・検査検定制度のうち利用者の苦情などを基に、142公益法人が運営する139制度を抽出して行われました。

・ 不適切な料金設定の内訳は、(1)手数料を実費より高く積算した(消防用設備認定など4制度)、(2)資格試験で以前合格した科目分を受験料から割り引かなかった(中小企業診断士など24制度)、(3)講習で不要なテキスト代を受講料に含めていた(水道技術管理者講習など17制度)・・・など(重複を含む)。

・ これらの制度は2009年度、検査検定で約184万件の申請があり、資格試験で約150万人の受験者がいました



 これらの制度を運営する団体は・・・官僚の天下り先で。

 それにしても、そんなに資格や検定が必要なのでしょうか・・・ねぇ?
 


■ 「出身学部」で分かる・・・○○な性格の傾向!?

 Y・Gテストの5分類・・・心理学で使われる代表的な性格テストの1つに、「矢田部・ギルフォード性格テスト」があります。 アメリカの精神測定学の権威、ギルフォード教授の研究を元に、京都大学の矢田部教授らが日本人向けにアレンジした性格テストで、実際に就職試験などでも使われることがあるテストです。

120問の質問に答え、その人の性格傾向を判断するもので、最終的に、大まかな結果分類として以下の5タイプに分けられるそうです


《A型》 平均型。突出した特徴はなく、普通の人。

《B型》 少々独善型。トラブルメーカーだが、気に入った仕事には骨身を惜しまない。

《C型》 平穏型。情緒は安定しているが、活動的ではない。

《D型》 情緒が安定しており、社会的な活動も活発。管理者向き。

《E型》 情緒不安定で、何事にも消極的。寡黙。


 さて、ある大学でこの「矢田部・ギルフォード性格テスト」を様々な学部の学生に施すという実験を行った結果は・・・。 以下の3つの学部に特徴的な傾向が見られたそうです。

 法学部 ★ 法学部……「真面目な人」が多め!?
 「情緒は安定しているけれど、活動的ではない」というC型の人数が、他の学部と比較して1番多く、さらに「トラブルメーカーだが、気に入った仕事には骨身を惜しまない」というB型の割合が最も少ない、という結果になりました。 総合すると、法学部はあまり派手でなく、大人しくて、真面目な人が多めの学部である……ということになります。

 文学部 ★ 文学部……「個性的な変人」が多め!? 
 「トラブルメーカーだが、気に入った仕事には骨身を惜しまない」というB型が全体の2割弱、さらに「情緒不安定で、何事にも消極的」なE型が1割弱と、B型とE型が全学部のなかで最も占める人数が多い、という結果になりました。 総合すると、文学部は他の学部と比べて、「個性的な人」が多い、つまり「ちょっと変わった人」が多い!? 学部ということになります。

 経済学部 ★ 経済学部……「社会で通用する人」が多め!?
 経済学部は、「情緒が安定しており、社会的な活動も活発である」ことを示すD型が、なんと半数以上。 さらに「取り柄の少ない」A型や、「情緒不安定で何事も消極的」なE型も他学部と比べ、少数。 就職に有利と言われる学部だけに、総合すると、一般的に社会で通用する、活発なタイプの人が多い学部、ということになります。


 いかがでしょうか・・・。 ちなみに、成績のよい学生は65%がD型、13%がC型となっており、8割がその2つのタイプで占められています。 あくまで、これはそういった性格傾向が見られた。という話でありました。 


 パパ2  私は、あまり派手でなく、大人しくて、真面目な人・・・なのであります。 
 
 (なに、性格テストのミスですって!!)


■ 金やダイヤも使用・・・イギリスで「世界一高価な」デザート完成

・ イギリスはイングランド北部湖水地方のウィンダミアにあるホテルのシェフが、金などがあしらわれた2万2000ポンド(約270万円)の「世界一高価な」デザートを制作しました。

・ 制作したホテルの料理長によると、ロシア皇帝がイースターの時期にファベルジェ工房から贈呈された「ファベルジュの卵」をヒントに、高級チョコレートをふんだんに用いて作り上げたそうです。

                   世界一高価な」デザート

・ デザートにはチョコレートや金のほか、シャンパン、キャビア、2カラットのダイヤモンドなどが使用されているとか・・・。

・ ただ、ギネス世界記録に認定されるには、客が代金を支払わなければならないルールがあります。 この料理長曰く「出来栄えには満足しているが、もし誰かに売ることができれば、言うことなしだ」と・・・。

・ 現在の世界記録は、アメリカ、ニューヨークのレストランで制作された2万5000ドル(約190万円)のチョコレートサンデーとなっています。


 ケーキの中身に・・・ダイヤモンド ?  なんと、景気のよいことで歯がたちません ?



                         マム2

                   ヨダーマムの花びらも枯れ気味に・・・寂しい秋 !! 


      札幌に かの秋われの持てゆきし
            しかして今も持てるかなしみ
   (石川啄木)




                 穏やかな週末を・・・!?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード