愛は風のように・・・

  
  黒い雲が走る空・・・今日も、雷と雨のサッポロです。

  大雪山系旭岳や羊蹄山から、冬の便りです。  

  だんだん、寒くなつてきました。



  
 愛は風のように

     
  愛は風のように・・・  そんな、優しい毎日を・・・。
パパ11




 大雪山系旭岳で「初冠雪」、平年より4日遅い観測

・ 旭川地方気象台は午前11時半すぎ、平地からも旭岳の積雪を確認し、今年の初冠雪を観測したと発表しました。 平年より4日遅い観測です。


    旭岳で「初冠雪」a


・ 最高峰・旭岳の中腹、標高1600メートル付近にある「姿見の池」周辺も早くも雪が積もり、訪れた観光客も驚いていました。



  チリも積もれば・・・あ・いや、雪も降れば積もります。  

  あぁぁ、白い世界も近くまで・・・。




 生命存在の可能性高まる・・・火星表面に液体の水、NASAが裏付け 

・ アメリカ航空宇宙局は9月29日(日本時間)、火星に今も液体の水が存在していることを裏付ける観測結果を発表しました。 もしも本当に液体の水が火星に存在するとすれば、火星に生命が存在する可能性は著しく高まることになります。


    tせいa

※ 火星のヘイル(Hale)クレーターの写真。茶色の領域には、流体の水に由来すると見られる塩が堆積している。 青い部分は、火星に多い鉱物である「輝石」


・ これまでの観測から、山肌などの斜面に、川のような模様があることはすでに発見されていました。 この模様は季節によって消えたり現れたりを繰り返しており、水が流れた跡ではないかという仮説はあったものの、それを裏付ける証拠はありませんでした。

・ 液体の水は生命存在に不可欠な要素の一つであり、今回の発見は、生命発見への第一歩とも言えます。 また、将来人間が火星を探査するうえでも水があることによる恩恵は大きく、今回の発見で火星探査がまた一歩近づいたと言えそうです。

・ 今回の発見について、NASAは会見後、ハッシュタグ「#AskNASA」で質問を受け付けるとしています。



     火星人a 

   あら、水の跡 ?  生命体は・・・可能性が高まっただけ ?


  

 抜け駆け相次ぎ、就活解禁日繰り上げも・・・経団連

・ 経団連は、大学生らの就職活動で加盟企業約1300社に対して定めた採用指針を見直す検討に入りました。


       就活解禁日a


・ 今年、選考解禁日を昨年より4か月繰り下げて「大学4年生の8月1日」に改めましたが、選考を抜け駆けする動きが相次ぎ、かえって就職活動の長期化を招いたためです。 加盟企業の意向を踏まえ、政府や大学側との調整に入ります。

・ 経団連の榊原会長は28日の記者会見で、選考解禁日について「一つの選択肢として、来年からの改定もありえる」と述べ、2017年春入社組の解禁日を来年8月1日より前に繰り上げる可能性に言及しました。


   就活解禁日の変更a


・ 就職活動の時期を巡っては、かねて政府や大学から「早すぎると学業に影響する」との批判がありました。 これを受け、経団連は16年春入社組の選考解禁日を今年8月に繰り下げる指針を定めたものの、8月より前に選考を始める企業が出たことから、学生は長い就職活動を強いられる皮肉な結果となりました。



  いや、一気加勢で、この際フリーに・・・いかがでしょうね。

  経団連なんぞが統一・・・・抜け駆けが出るのは当然の結果でありました。 




 「村上春樹本」で好評で、直接仕入れ拡大へ・・・紀伊国屋書店

・ 大手書店の紀伊国屋書店は、出版社からの「本の直接仕入れ」の拡大に乗り出す方針です。


       初版9割を買い取り2a


・ 通常の本の流通ルートである取次会社を通さずに、人気作家・村上春樹の新刊本の9割を出版社から直接仕入れる異例の取り組みが好評。 台頭するインターネット書店に対抗する狙いがあります。


     出版a


・ 紀伊国屋書店社長は、「直接買い取りの仕組みを広げ、町の本屋を活性化させる」と述べています。

・ 一般的な取次会社を通した取引では、書店は売れ残りを出版社に返本できます。 これに対し、紀伊国屋書店は、10日に刊行された村上春樹氏の新刊「職業としての小説家」(スイッチ・パブリッシング社)の初版10万部のうち、9万部をスイッチ社から直接仕入れました。


          初版9割を買い取り


・ 売れ残りの在庫を抱える危険を負う代わりに、ライバルであるネット書店への供給を絞ることができ、紀伊国屋の存在感が高まりました。 また、取次会社を通さない分、利益率も大きくなります。



  まさに、産地直送。 

  客のニーズをつかみ、出版、販売まで総合的に自社で行う書店・・・そんな将来がくるかも。




 25周年のイグノーベル賞。 今年も凄い・・・各部門受賞一覧

・ 笑えて、しかも考えさせてくれる研究に贈られる 「イグノーベル賞」 は今年で25周年を迎えました。

・ 2015年度の物理学賞を受賞したのは、アメリカ・ジョージア工科大学の研究者によるオシッコの研究。 ハイスピードカメラを使った研究で、排尿の流体力学をモデル化し、体重3kgを超える哺乳類はすべて約21秒(±13秒)で膀胱が空になることを発見しました。

・ その他各部門の受賞者を含めてご覧ください。


● 2015年度イグノーベル賞受賞研究

 
◆ 物理学賞
 
・ ほとんどすべての哺乳類が約21秒(±13秒)で膀胱を空にできるという生物学的原理の実験


     物理学賞a


・ パトリシア・ヤン(ジョージア工科大学、アメリカ)他

・ ラット、山羊、牛、象などを観察した本研究は、大きな動物における驚くほど一貫したスケーリング則を明らかにした一方で、小動物ではまるで違うことも強調しています。 例えば、ラットは1秒の数分の1で排尿を終えられる。このため尿に関連した健康問題の研究にげっ歯類は向いていないかもしれない。

・ 研究の中心人物であるパトリシア・ヤンさんは、大型生物に備わったシステムの順応性から物理学的なインスピレーションを受けるとコメントしています。 給水塔から給水バックパックまで、新しい機能が必要になると、それに合わせて新しく設計されることになります。 しかし、自然界では、様々なサイズの動物にたった一つのシステムしか存在していません。 これは様々な目的に適合する拡張可能な設計の可能性を示唆しています。


◆ 化学賞

・ ゆでタマゴを部分的に生卵に戻す科学的レシピの発明

      化学賞a


・ カラム・オーモンド(西オーストラリア大学、オーストラリア)他


◆ 文学賞

・ 「Huh?(えっ?)」という言葉がすべての言語に存在していると思われること、およびその理由が不明であることの発見に対して。

・ マーク・ディンゲマンズ(マックス・プランク心理言語学研究所、オランダ)他


◆ 経営学賞

・ 幼少時に地震、噴火、津波、山火事などの自然災害を経験しつつも、自らは酷い目に遭わずに育ったビジネスリーダーの多くは、リスク選好型であるという発見に対して。

・ ジェンナーロ・ベルニール(シンガポール経営大学、シンガポール)他


◆ 経済学賞

・ 賄賂の受け取りを拒否した警官に報酬を供与したことに対して。

・ タイ王国首都圏警察(タイ)


◆ 医学賞

・ 激しいキス、その他親密な人間相互間行為の生物学的利益あるいは生物医学的結果を研究する実験に対して。

・ 木俣肇(木俣肇クリニック、日本)、ヤロスラヴァ・デュルディアコヴァ(コメンスキー大学、スロバキア)他


◆ 数学賞

・ シャリーフの血統にあり、血に飢えた王の異名を持つモロッコのスルタン、ムーレイ・イスマーイールが1697~1727年に888人の子供を作り得たのか、それがいかにして可能であったのか数学的技法による解明を試みたことに対して

・ エリザベート・オーバーザウハーおよびカール・グラマー(ウィーン大学、オーストリア)


◆ 生物学賞

・ 鶏の尾部に重しとなる棒を取り付けると、恐竜が歩いたとされる方法に近い歩行をすることを観察したことに対して。

       生物学賞a

・ ブルーノ・グロッシ(チリ大学、チリ)他

・ チリ大学の研究者は生物学賞を受賞。 その研究は、鶏に重しとなる人工の尻尾を取り付けることで、まるで恐竜のように歩くようになるというものです。

・ ご想像の通り非常にコミカルな実験だが、ティラノサウルスのような絶滅種の移動の仕方について調査する貴重な機会を与えてくれます。 尻尾を取り付けた鶏は重心が変化するために、首を伸ばして尻尾の重量を相殺しようとします。 その結果、軽くかがんで、歩幅がやや長くなります。

・ もちろん、確たることは言えないのですが、尻尾を取り付けた鶏の歩き方は古生物学者の見解にかなり一致しているといいます。


◆ 診断医学賞

・ 車が減速用スピードバンプを乗り越える際に感じる患者の疼痛によって、急性虫垂炎を正確に診断可能であると究明したことに対して


       診断医学賞a


・ ジャラー・カリム(ストーク・マンデヴィル病院、イギリス)他

・ 車を運転しながら減速用スピードバンプの上を乗り越えたときの患者の痛みから急性虫垂炎を正確に診断する方法を発見したそうです。

・ スピードバンプを乗り越えたときに痛みを感じない人が虫垂炎にかかっている可能性は非常に低い。 しかし、痛みを感じた場合は虫垂炎以外にも原因が考えられます。 その意味で、この研究は非常に優れた除外試験ではあるが、判定試験としては精度が低いようです。

・ なお、これは外科医たちがよく使う冗談を実際に試してみたところなされた発見でした。


◆ 生理学および昆虫学賞

・ 様々な虫に刺されたときに感じる相対的な痛みを評価する「シュミット刺痛指数」を苦労して作成したことに対して

      生理学および昆虫学賞a

・ ジャスティン・シュミット (サウスウェスト生物学研究所、アメリカ)

・ 自ら何度も蜂に刺されることで、刺されたときの身体の部位毎の痛みの程度を調べ上げた研究にも賞が贈られました。 身体の25ヶ所にミツバチが繰り返し刺すよう入念に準備し、最も痛くない部位を明らかにしました。

・ それによれば最も痛くないのは頭、足の中指の先、上腕で、最も痛い部位は、鼻孔、上唇、陰茎だそうです。




   笑ってこらえて TVa

   笑ってコラえて・・・は、所さん司会の人気テレビ番組ですが・・・

   それに負けず劣らずのイグノーベル賞であります・・・。

   笑って、笑って、そして・・・・。 人生、ユーモアが大事です。





 ローソン 「 コーヒーの日」 に合わせて・・・幻の「パダマラン農場」を限定発売

・ ローソンは9月29日から、「コーヒーの日」(10月1日)に合わせた特別なコーヒーとして、「MACHI cafe トアルコ トラジャ パダマラン農場」を数量限定発売します。 価格は300円(税込み)。


              ローソン“幻のコーヒー


・ 今回登場するのは、インドネシア・スラウェシ島トラジャ地方の高地にある「パダマラン農場」で栽培され、“幻のコーヒー”と呼ばれる特別なコーヒー。 芳醇な香りが特徴で、やわらかな口当たりと甘みのあるしっかりとしたコクが楽しめます。

・ 「パダマラン農場」は、1973年より日本のレギュラーコーヒーメーカーのキーコーヒー株式会社が開拓したコーヒー農場。 火山性の土壌がコーヒー栽培に適しており、2009年にはレインフォレスト・アライアンス認証を受け、環境・社会にも配慮した栽培が行われています。



   ドトールがブラジルの“黄色い”コーヒー。 

   こちらは「パダマラン農場」で栽培され、“幻のコーヒー”

   好みは、舌先で決まるのでありました。  ええ、舌先三寸で・・・


   あぁ、飲んでしまえば・・・みな同じ ? 
 


     Coffe ムーミン

           う~ん、コーヒーだね。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード