みなさん、楽しいハロウィンを ・・・・ ! 

  
  
          ハロウィンのイラスト

    
    明日、10月31日は・・・ハロウィン ! 

    みなさん、楽しいハロウィンを ・・・・ ! 




 ハロウィンが ・・・ なぜ、日本で流行するようになった ?


    ムーミンのハロウィンa


・ いまや日本人の間でも定番イベントとなっている、10月31日の「ハロウィン」。 仮装をして街に繰り出す、ハロウィン○○会を行うといった人も増えています。
 
・ もともとはアメリカの子供がお化けの仮装をして 「トリック・オア・トリート! (お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!) 」と、大人からお菓子をもらいに行くイベントでしたが、日本では、もはやそれとは全く異なる爆発的な盛り上がりを見せています。


     Trick or Treat!a

 
・ 商店街やデパートがハロウィン専用グッズ一色になるだけではなく、多くの人がハロウィンパーティを開催し、街は仮装をした人々で埋め尽くされ、知らない人同士でもワイワイと盛り上がる・・・このように、特に若者たちの間で、お祭りに近い一大イベントになっているのです。


        商店街やデパートがハロウィン

    スクランブル交差点a


・ これを不思議に思う人も多いかと思います。 10年前はハロウィンなんてこんなに盛り上がっていなかったのに・・・ ?
 
・ 皆その存在は知っていて、お菓子を配ったり、かぼちゃを食べたりはしていたものの、ここまでではなかったはず。   ここまで盛り上がり始めたのは、この3~4年の出来事です。

・ さて、ハロウィンはなぜ若者たちの間で、突如このような盛り上がりを見せ始めたのか。  それについて、考えられる理由は・・・・。



 ハロウィンのイラスト1 1、Facebookが大流行

・ ご存知のFacebook。 月に一度でもアクセスするユーザーの数は現在、世界で約13億人に上ると言われています。 当然、若者たちも利用しているFacebookですが、最近その使い方にある傾向が見られているようです。
 
・ Facebookのユーザーたちは、自分がいかに「楽しくて充実した生活」を送っているかをFacebook上で人々に見せようとします

・ 例えば、素敵なカフェで友達とお茶をしたら、その様子を写真でアップ。 野外フェスなど大きなイベントに行ったら、大人数でイベントを楽しんでいる様子をアップ。 海外の友達が出来たら、すかさず英語でやりとり・・・などなど。
 
・ こうした 「たくさんの友人たちとワイワイ過ごしている私の楽しい人生」 をFacebook上で演出するという行為が、多くの人にとって習慣になりつつある今、ハロウィンというイベントもその演出のための 「道具」 の一つになっていると考えられます。

・ 男女入り混じって仮装をして盛り上がる、楽しそうなハロウィンパーティの様子を写真にとってFacebookに上げれば、それだけで 「 『リア充』 な人生 」 を送っている人のように見えるわけです。 FacebookなどSNSに投稿するために、イベントを全力で楽しむ。 そういった流れが加速しています。

 
 ハロウィンのイラスト3 2、コスプレが地位を確立した

・ 「コスプレ」 と聞いて嫌悪感を抱く人は、いまやほとんどいないと思われます。 マンガやアニメなどのいわゆる 「オタク」 の文化が一般にも知られてきたため、そのキャラに扮する 「コスプレ」 も、一つの文化として一般に受け入れられてきています

・ コスプレが一般人の間で身近なものになってきたことも、ハロウィンの盛り上がりの一要因

・ 昔は、大人にとっては若干抵抗があったハロウィンの仮装を、「コスプレ」 として軽い気持ちですることができるようになったことは、若者たちのハロウィンへの姿勢に大きな影響を与えているでしょう。

 
 ハロウィンのイラスト2 3、「ゆるい関係」 を作ることが上手になった

・ 「ゆるい関係」 とは、全くその後につながらないその場限りの関係。 一過性で、近すぎず遠すぎずの間柄のことです。

・ 知らない人ともある話題についてだけ盛り上がるTwitterや、重要度が低いその場限りの話を数分間ゆるく話して流すLINEを使いこなす最近の若者たちの間では、この「ゆるい関係」が一般化。  そして彼らは、現実でもこの関係性を巧みにつくることができるようです

・ 最近のハロウィンでは、街が仮装している人たちであふれる・・・ここで、若者たちは知らない人同士でも楽しく盛り上がれるのだとか。 このことに、「ゆるい関係」が深く関連しています。
 
・ その場限りの、その時(ハロウィン)だけの、一過性の関係が、ここで作られているわけで、ハロウィン後に友人としての関係性が続く人は、この中にはほとんどいません。 集う仮装した若者たちは、皆この一過性の「ゆるい関係」を上手に作って、楽しんでいるのです。
 

・ 以上、最近、ハロウィンが盛り上がっている3つの理由ですが、いかがでしょうか? こうしたことが分かっておくと、これまでとは違った視点で、よりハロウィンを楽しめるはず。

 

  ・・・ですが、当日はこうしたウンチクを振り回すのは御法度! 

  醒めたりひねくれたりせず、素敵な仲間と盛り上がっるのも楽しいのでは・・・・。





 NYでハロウィーンかぼちゃ展示会・・・骸骨や汽車などユニークな作品

・ ニューヨークで毎年開催されるハロウィーンのかぼちゃ細工展示会、「グレート・ジャック・オー・ランタン・ブレイズ」では、様々なかぼちゃが人々の目を楽しませているようです。


      かぼちゃ展示会a


・ 骸骨を摸したものから、くりぬいたかぼちゃで作られた巨大なウェディングケーキ、汽車など今年も7000点を超える作品が並べられています。





 ” 愛は与えるものであり、もらうものではない " 

・ エーリッヒ・フロム著 「愛するということ」 という本のタイトルを目にしたことがあるでしょうか

 エーリッヒ・フロム ・ 「愛するということは」 ・・・ は、 ドイツの社会心理学者、エーリッヒ・フロムの代表作で、1956年に出版されて以来、各国でベストセラーとなっている作品です。 

・ 古今東西、愛について書かれた著作は数多いなか、本書は深く愛の本質を描き出した名著。 だからこそ、現代でも広く読み継がれています。


                 エーリヒ・フロム著 「愛するということ」


・  フロムの著作としては最も一般的な本で、『自由からの逃走』、『人間における自由』 の理論を補完する内容です。

・ では、本書でフロムは愛についてどのような分析を行っているのか、いくつか紹介・・・です。


1. 愛は与えるものであり、もらうものではない

・ 愛は能動的な活動であり、受動的な感情ではありません。 「愛されたいなら自分が愛せ」ということは、よく言われます。

・ 「彼氏から愛されたいけどどうすればいいかわからない」 という悩みを持つあなたは、彼に愛を注げているでしょうか?  愛されるのを待っているだけの受け身の姿勢では決して真の愛を育むことはできないでしょう。


2. 愛の基本要素は尊敬と知である

・ 尊敬とは、人間のありのままの姿を見て、その人がかけがえのない存在であることを知る能力のことです。 また、人を尊敬するにはその人のことを深く知らなければなりません。 

・ 「今付き合っている彼氏と別れた方がいいのだろうか」 と悩んだとき、その人が 「かけがいのない」 存在であるかどうか、尊敬できるか、自分はその人のことを知ろうとする努力をしたか、よく考えてみましょう。


3. 愛する能力に必要なのは集中力である

・ 愛することの前提条件として 「一人でいられる」 というものがあります。 つまり他人に頼ることなく一人の時間を有効に使えるということです。

・ 一人でいられるために必要なのが 「集中できる」 ということ。 一人でいることが苦手で相手に頼りすぎてしまう人は、まずは自分のことに集中して、自立することから始めましょう。


4. 自分自身を信じている者のみ、他人に対して誠実になれる

・ 愛することにおいて重要なのは、自分の愛に対する信念です。 あなたの愛は信頼に値するものですか? 自分は他人の中に愛を生むことができると 「信じる」 ことはできますか?

・ 「相手を信じることができない」 と悩んでいる人は、まず自分の愛を信じることができるようになる方が先決。 自分の愛を信じることができるようになったら、次に相手のことを考えましょう。 

・ その際、周りの人が相手のことをどう言おうと、自分の目で見たり自分の心で感じたことに基づいて相手を見ることが大切です。


・ いつの時代も、恋愛についての悩みは尽きません。 だからこそ、恋愛について悩んだとき、一度立ち止まってこのような古典に立ち返ってみるのがいいかもしれません。



 ● フロムの名言から・・・

  ハートマーク 愛は、人と人を結びつける力なのです。

  ハートマーク 未熟な愛は言う、「 愛してるよ、君が必要だから 」 と。

        成熟した愛は言う、「 君が必要だよ、愛してるから 」 と。





         ムーミン、おばけa

               10月も終わりだょ !  


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード