またまた、お乗り物が GOOD DESIGN で ・・・ !

  
 「ハロウィン」 も終わり、街のディスプレィは「クリスマス」に・・・。

 カボチャも、すっかり影をひそめました。



     サンタ さぁ~、今度はワシが出番じゃ~



 「ジャンボ クリスマスツリー」点灯 ・・・ サッポロ・ファクトリー

・ 商業施設「サッポロ ファクトリー」に、今年も恒例の「ジャンボクリスマスツリー」がお目見えし、1日から点灯されました。


       ファクトリー点灯


・ 「ジャンボ クリスマスツリー」の同イベントは1993年から行われ、23回目。 高さ15メートル、重さ3トン、樹齢約40年の巨大なトドマツが毎年、広尾町の「広尾サンタランド」から寄贈されています。

・ 約3万5千個のイルミネーションと、赤や黄色を中心とした約1000個のオーナメントで飾られた巨大ツリーが点灯すると、会場に居合わせた約4000人の観客から大きな歓声が上りました。

・ ジャンボクリスマスツリーは、12月25日までの午後4時~同10時に点灯。 毎時0分から約5分間は、音楽と光のショータイムが楽しめます。



  クリスマスまでには、まだ日数が・・・とは云え、ツリーを見るとウキウキしますね。

  子どもたちとっては、餌を前にお預けのワンちゃんと同じ状態か ?



 システィーナ礼拝堂のフレスコ画・・・新空調で今後修復不要に

・ ミケランジェロの作品を含む500年以上前に描かれたシスティーナ礼拝堂のフレスコ画は、昨年導入されたハイテクを駆使した最新の空調・照明設備により、今後は修復の必要がなくなる公算が大きいとか・・・。


     システィーナ礼拝堂a


・ ローマ法王庁(バチカン)の美術館担当者は、技術・美術面からの調査結果を発表。 「20年前の修復はまだ維持できている。 したがって、われわれに必要なのは、現状の保存に焦点を合わせることだ」と述べます。


        システィーナ礼拝堂のフレスコ画2


・ フレスコ画にとって、外から持ち込まれる埃や人間の汗、二酸化炭素は主要なリスクです。 14年間の修復が完了した1994年当時の来場者は年間150万人程度でしたが、現在その数は600万人に達しており、新たな保護技術が模索されていました。

・ 1年前に導入した空調は空気をゆっくり動かす仕組みのほか、多数の隠しカメラやモニターで環境をチェックしています。

・ 美術館担当者は、12月に始まる「慈しみの特別聖年」に伴って予想される来場者の増加にも対応可能とし「幸運にも間に合った」と述べています。




◆ 「慈しみの特別聖年」とは・・・・

・ ローマ教皇・フランシスコは、カトリック教会の祝典 「慈しみの特別聖年」 にすると決められました。

・ 今年の「無原罪の聖母」の大祝日、12月8日に幕開け、来年2016年の「王であるキリスト」の大祝日、11月20日に終了します。

・ 教皇が聖年の大赦(The Jubilee)と呼ばれる特別免償を与える一年になります。

・ 聖なる扉のあるローマの4大聖堂を参拝すると、罪が許されるとの教え。 聖なる扉は25年に1度、聖年しか開きません。 

  (ローマの4大聖堂・聖なる扉)

  ① バチカンのサン・ピエトロ大聖堂

          サン・ピエトロ大聖堂a
       

  ② サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂


          サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂2aa



  ③ サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

          サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂



  ④ サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂

           サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂2a


・ 信者には一生に1度か2度しか訪れる機会は巡ってきません。 世界中からキリスト教信者はローマに巡礼に訪れます。



  4つの聖なる扉 ・・・ !  じっくり拝見して、ご赦免を・・・?



 ローマ教皇に扮する子に・・・大統領も笑い。 ホワイトハウスでのハロウィーン

・ アメリカ・ホワイトハウスで、オバマ大統領主催のハロウィーンパーティーが開催され、地元や軍関係者の子どもたちが招待されました。

・ 会場となった庭 「サウスローン」 には、仮装した多くの子どもが訪れ、大統領からお菓子を受け取りました。



     ローマ法王に扮する子a


・ 中でもローマ教皇・フランシスコに扮した幼児は大統領の笑いを誘い、注目を集めました。



  またまた、お乗り物が GOOD DESIGN で ・・・



 映画「 エベレスト 3D 」  劇場公開 2015年11月6日

・ 世界中の登山家をひきつける世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を、3Dで映画化したサバイバルドラマ。


       映画『エベレスト3D』a


・ エベレスト登頂を目指して世界各地から集まったベテラン登山家たち。

・ それぞれの想いを抱えながら登頂アタックの日を迎えるが、道具の不備やメンバーの体調不良などトラブルが重なり、下山が大幅に遅れてしまう。 

・ さらに天候も急激に悪化し、人間が生存していられない死の領域「デス・ゾーン」で離ればなれになってしまう。

・ ブリザードと酸欠の恐怖が迫る極限状態の中、登山家たちは生き残りを賭けて闘うが・・・。



   公開近し・・・。 



        ムーミン 聖なる扉a


               これは、開かずの扉・・・ ?          




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード