しり・・・ませんでした。

 
 どんどん、秋は過ぎ去り、冬へひた走る・・・そんな感じのする今日です。

 寒くなりましたねぇ。 暑いですねぇ・・・の会話も忘れた季節の変化です。



        初冬a



 「今年も1年、早いな~」と感じてしまうのは・・・歳をとったため !? 

・ カレンダーも残り少なく・・・2015年も、あと一枚で終わりです !

・ いやいや、月日が経つのが早いのなんの。 年々、1年を短く感じている人は多いはず・・・。


    走るa


・ 「時間」というものの絶対的な長さは変化していないのに、なぜ、私たちは時間を短く感じたり、長く感じたりするのでしょうか?


 その疑問に答えてくれたのは、19世紀のフランスの哲学者であるポール・ジャネ。 彼が主張する論説を要約すると、「私たちが生きている時間は、常に人生の残りの部分との比較において評価される」とのこと。

 ムーミンa  ・ つまり、5歳の子どもにとっての1年は1/5というサイズ感であり、40歳の社会人にとっての1年は1/40というサイズ感。 

・ 年齢を重ねると、1年のサイズ感が相対的に短くなるので、私たちはだんだんと1年を早く感じるものなのです。


●  また、実験心理学の専門家によると、身体的な影響や心理学的な影響で、体感時間は変わってくるのだそうです。

たとえば、

 ろうそくa ・代謝がよければよいほど時間を長く感じるので、代謝が落ちた高齢者は時間を早く感じる

・つまらない授業を受けているときや、サウナに入っているとき、退屈なときなどは、時間の経過をより気にするので長く感じる

・恐怖を感じていると時間は長く感じる

・子供のころは毎日が新鮮で、印象に残る出来事の数が多かったので、時間は長く感じる。 しかし、大人になり、繰り返しの日常を過ごしていると、ほとんどが経験したことなので短く感じる

とのこと。



 回転ドアに大パニックa ・ 私たちは、大人になると、子どものときよりも、仕事や家事などいろいろやるべきことが増えています。 そうなると、あれもやらなければ、これもやらなければという思いが強くなります。 となると、時間がいくらあっても足りなかったり、1日を早く感じるのは当然の結果です。

・ ですから、「時間がない!」と嘆くよりも、時間には限りがあるということをつねに認識し、いま自分がやりたいことに優先順位をつけましょう。 

・ 年齢を重ねると体感時間が短くなるものなので、“いますぐ” 行動に移すことが何よりも重要なのです。 



        しりませんa  しり・・・ませんでした。



 「男性脳」「女性脳」は存在しない ?  ( イギリスの研究 )

・ イギリスのロザリンド・フランクリン医科学大学の研究により、これまで「男性脳」「女性脳」の根拠とされてきた「脳の性差」は実際には存在しないという研究成果が発表されました。


      男女脳a


・ 研究チームは、6,000件を超えるsMRI(構造的核磁気共鳴画像法)検査の結果をメタ分析した結果、まずは、脳の海馬の大きさに大きな男女差はないことを示しました。

・ 海馬は、短期及び長期の記憶に関わり、感情を感覚に結びつける脳の部位です。 これまでは、海馬は女性のほうがかなり大きいと広く考えられており、この通説が、女性が男性よりも感情表現が豊かで、言葉を記憶する能力が高いという固定観念の説明に利用されていました

・ さらに今回の研究では、大規模なメタ分析により、海馬以外のふたつの性差説も否定されました。 具体的には、左右の大脳半球をつなぐ神経線維が束になった脳梁は、大きさに男女差があるという説が否定された。 また、男女の脳は半球による言語処理の方法に大きな違いがあるという説も否定されたといいます。

・ 『男性脳』や『女性脳』といったものが存在すると多くの人が信じており、大きな話題になることもしばしばです。 脳の性差は、男女のステレオタイプ的な違いの説明を試みる者にとって根拠となってきました。 

・ けれども、複数のデータセットを詳しく調べて、多くの男女の標本をひとつにまとめた結果、こうした性差はなくなるか、ごく小さくなることがわかりました。



        しりませんa  しり・・・ませんでした。




  サンタランとはa

・ 『Hokkaido Great Santa Run (北海道 グレートサンタラン)』 は、平成25年から開始した、全世界で開催されているサンタ・ランイベントの北海道版。

・ サンタクロースの衣装(参加費に含まれています)を身にまとってランニング ( といってもそこは冬の北海道、基本はウォーキング ) していただき、その収益が病気と闘う子どもたちへのクリスマスプレゼントになる、というチャリティイベントです。 

・ 外見がサンタさんになるだけでなく、気がつけば実際に身も心もサンタさんになっている!という優しいイベントです。



  2015 sapporo サンタaa
  2015 sapporo サンタ3aa
  
  2015 sapporo 札幌2aa
  2015 sapporo サンタ4a


  サンタは、散歩で ・・・ さんたa




 ピカソの絵画・・・裏に別の絵  約82億円で落札

・ ニューヨークで5日に行われたオークションで、スペインの巨匠パブロ・ピカソがキャバレーの踊り子を描いた絵画 「La Gommeuse」 が6745万ドル(約82億円)で落札されました。

・ キャンバスの裏側に別の絵が描かれている珍しい一品です。


     ピカソの絵画裏に別の絵a

        ピカソの絵画 「La Gommeuse」と、鏡に映った裏側の絵


・ この絵画は、共和党への多額の寄付者として知られるアメリカの富豪、ビル・コック氏が1984年に300万ドル(約3億6500万円)で購入したもの

・ 2000年に行われた修復作業で、裏側にも絵があることが判明し、コック氏にとっては絵画1点分の値段で2点の絵を手にするという棚ぼたの結果となりました。

・ 表の踊り子の絵は、1901年に当時19歳だったピカソが自殺した友人の死を悼んで描いた作品。 その裏側に100年もの間隠されていたもう1つの絵は、ピカソがなじみの美術商の似顔絵を描いたものだといいます。

・ 競売大手サザビーズ(Sotheby)は、予想落札価格を6000万ドル(約73億円)と査定していました。



   約3億6500万円で購入、約82億円で売却 ・・・・。

   在るところに、お金は寄ってくるのお話でございました。 ハイ  




     パパの怒りa パパの怒り2a

                何てこっちゃ・・・




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード