アラシが来たぞ !

  
 早朝は冷え冷えとする気温・・・2℃です。 ブルッ~

 日々に寒さが増してくるようです。



 アラシが来たぞ ! ・・・札幌に冬の「嵐」、 きょうから公演、ファン16万人集まる。

・ 人気アイドルグループ「嵐」のコンサートが今日13日から3日間、札幌ドームで開催されます。 


   嵐Japonism

          嵐5大ドームツアー


・ 来場が見込まれるファンは16万人以上・・・これに対応するため、市営地下鉄は最大限の増便を予定し、タクシーもフル稼働です。

・ 集まるファン目当てに、札幌市内の各業界が「嵐シフト」とも言える態勢をとっているようです。

・ 嵐の札幌ドームコンサートは2008年から毎年開かれています。 11年までは2日間、12年からは3日間の開催。 


         嵐 札幌ドームa



・ 道内外から押し寄せるファンに対応するため、市営地下鉄は13日からの3日間、公演終了後に6本を増便。 14、15日は開始前にも4本を臨時運行と「最大限の態勢」です。



 札幌駅や地下鉄駅は・・・オバサン年代のファンが大目立ちです。

 若い年代は圧倒され、静かに・・・・?




 人は「悲しい音楽」を聴くとハッピーになる ?     ( ベルリン自由大学研究結果 )

・ BGMで気分を変えよう ! と思うとき、どんな曲調を選びますか ?  たとえば、ハッピーになりたいと思ったときに聴くのは明るい曲が一般的かもしれません。

・ しかし、悲しい楽曲を聴くことでも人は元気になる ! との研究結果が出ているようです。

・ PLOS ONEに掲載されたベルリン自由大学の調査で分かった音楽の意外な特性とは ?


● 悲しい音楽で、現実逃避 !

・ 調査には10代~70代までおよそ700人以上にも及ぶ人々が参加。 国籍や性別を問わず悲しい音楽がさまざまな感情に対してどう影響したのかをアンケートで答えてもらいました。


            現実逃避!a


・ 結果を分析したところ、悲しい歌を聴いた人々の想像力が強化され、歌に深く感情移入していったことがわかったそう。 

・ さらに、音楽へ没入していくことで現実を忘れ、精神を安定させるような効果が確認されたようです


● "懐かしさ"を感じて、心が安らぐ

・ これにはいくつか理由があるそう。  Psychology Todayに掲載されたKrystine Batcho博士のコメントによれば、悲しみを表現している歌詞を通じて"歌手"に共感し、自分の経験と照らし合わせることで過去の記憶が呼び覚まされるのだとか。


            懐かしさa


・ そのため、ノスタルジックな感覚やこれまでに出会ってきた人々との社会的繋がりを感じて心が安らぐと考えられています。

・ さらに、歌手の声を耳にすることで、誰かと話したり一緒にいるような感覚も覚えるため、孤独感を和げることにも役立つそうです。

● 「歌」が身近な相談役に

・ 友達や恋人に慰めてもらうのと同じように、好きな歌手の言葉によって勇気づけられたり、元気をもらうことができるのだそう。

・ Elite Dailyは 「悲しい音楽でハッピーになれる」 とも表現していますが、どちらかというと 「元気を取り戻せる」 という意味に近いのかもしれません。



  共感、共鳴で・・・音楽の力、恐るべき ?  

  まぁ、元気を取り戻しすぎた嵐のオバサン・ファンで・・・フン、フンと納得です。




             心貴方色a


                愛が心を染めてゆく
               貴方色へと染めてゆく

               思いがけない ときめきに
               ふるえる指を さしのべた

               心 心 心 貴方色
               染まる


               愛する故に生きている
               愛する故に死んでゆく

               たった一度の 人生に
               めぐり逢えた 喜びは

               心 心 心 貴方色
               染まる




 こんなに入ってるの !? ・・・ 「国産フカヒレまん」

・ 今年、国産海鮮食材"を使った中華まんを発売しているローソンから、第3弾の「特撰国産フカヒレまん」が、11月17日に発売されます。
               

          フカヒレまん


・ 宮城県気仙沼産のフカヒレを使った豪華まんで、40万個の数量限定です。

・ 入っているのは、宮城県気仙沼産のフカヒレ、シャキシャキとした食感のタケノコ、鶏肉、長ネギ。これらを、チキンブイヨンスープと合わせ、オイスターソースや紹興酒で味付けしています。

・ 価格は350円と少々お高めです。 「特撰国産ホタテまん」「特撰国産紅ズワイガニまん」に続く第3弾でこれで締めくくりとのこと。 気になる人はお早目に・・・。



           男は黙って・・・饅頭でも食べましょうか


              踏み越えて

    花もも踏み越えて ?  ・・・ いや、横目で見てます !


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード