Face with Tears of Joy、泣き笑い ・・・

  
 風の冷たさを・・・ますます頬に感じるようになりました。

 サッポロも、明け方の気温がマイナスに、いよいよ下がりそうです。

 寒さが増しても、あたたかい笑顔に会える日々だといいですね。



  今年の流行語大賞候補も発表され、12月の決定を待つだけですが・・・・一足お先にとです。


 今年の単語に 「 Emoji 」 ・・・ 由緒あるオックスフォード英語辞典が選出。

・ 年末も近づいてくると、1年を振り返る記事や行事が増えてきます。 日本では「今年の漢字」が注目されますが、英語圏でも同様のイベントがあります。

・ イギリスのオックスフォード大学の出版局が発行する辞書「Oxford Dictionary」が毎年発表する「今年の単語」。 世相やトレンドなどを表す意味では、今年の漢字と同じ役割を持っているようです。

・ 2015年の単語として、1位を獲得したのは、なんと「絵文字」でした。 絵柄は 「 Face with Tears of Joy、泣き笑い 」 です。


            今年の単語に 「 Emoji 」a


・ 世界で最も人気のある絵文字を調査しました。 その結果、この泣き笑いの絵文字がイギリスにおいてはすべての絵文字中20%、アメリカにおいては17%を占めていたといいます。 2014年はそれぞれ4%、9%だったことから、2015年らしい絵文字として使われていたことがわかります。

・ 他の単語の場合、そこに含まれる意味は、元々の意味合いと異なる場合でも、特定することができます。 しかし絵文字は、使う意味合いや受け取る意味合いが、それぞれの人、あるいは国や文化によっても異なる可能性があります。

・ そうした「意味の揺らぎ」を超えて、この泣き笑いが最も使われていた、というデータは、非常に興味深いものがあります。

・ オックスフォード英語辞典の監修側は 「 Emoji 」 という言葉が視覚的に感情を表現し、執拗なほどに直接的でデジタル社会の生活における核心を表現するものだと、今回の選出の理由を説明しています。



   
   う~ん、papa の今年の単語は、「 naomi 」 ですね。  naomi.jpg

   naomi 」 は、ヘブライ語で 「幸せ」や「和み」 を意味ですが・・・。




 ありがとう 」の語源は・・・ポルトガル語 !

・ なんと、「ありがとう」は昔からあった日本語ではなく、ポルトガル語のオブリガードから生まれた言葉だったのです。

・ ポルトガル語でいう「ありがとう」のオブリガード obrigado も、室町時代の日本人には b と r をつづけてうまく発音することができませんでした。

・ 「オブリ」「あり」ですまし、「ガード」 「がとう 」とつづけて「 ありがとう 」というやまと言葉 (日本語) をつくりだしたのです。





 ローマ教皇も言及! ・・・ 2015年、ついに第三次世界大戦が始まった !?

・ 世界中のサイキックたちが、2015年に人類が破滅へと向かうことを予言していました。 その中には、「2015年に第三次世界大戦が勃発する」 との指摘も多かったのですが、この恐るべき予言がとうとう的中してしまったようです。 


        第三次世界大戦a


・ なんと、ローマ教皇が「すでに第三次世界大戦が始まっている」という旨の発言を行い、世界中のメディアを驚かせています。

・ 今月13日に発生したパリ同時テロ、そして首謀者であるイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の台頭。 さらにアメリカにおける人種間対立、依然として継続するウクライナ騒乱とロシアのクリミア侵攻など、今年も数えきれないほどの争いが世界各地で発生し、多くの人々が犠牲となりました。

・ そして14日、イタリアの聖職者放送局「TV2000」の電話インタビューに応じたフランシスコ1世第266代ローマ教皇が、「イスラム国」の暴挙を厳しく非難した上で、前日に発生したパリ同時テロは 「第三次世界大戦の一部だ」 と語りました。 また、16日には、オランド・フランス大統領が 「フランスは戦争状態にある」 と演説しています。

・ この 「第三次世界大戦」 という言葉が、西ヨーロッパ文化圏、そして世界11億人のカトリック信者の精神的支柱であるローマ教皇の口から発せられた意味は非常に大きい・・・。 

・ 数百年後、いや数十年後に歴史教科書を開くと、この2015年は第三次世界大戦の始まった年であると記されている可能性もありそうです。
 


   もちろん、それまでに人類が滅亡していなければの話ですが ・・・ ?.


    どうなるの・・・ ?   ムーミンは上をみる



 『下町ロケット』実売で100万部突破 ・・・ 池井戸作品3作目ミリオン達成

・ 人気作家・池井戸潤の小説『下町ロケット』(2013年12月発売)が、週間3.6万部を売り上げ、11/23付オリコン週間“本”ランキングの文庫部門で4位にランクイン。 累積売上は102.4万部に達し、当ランキング文庫部門歴代31作目となるミリオンセールスを達成しました。


             『下町ロケット』a


・ 池井戸作品では、 『オレたちバブル入行組』 (07年12月発売:現累積売上133.6万部) と、 『オレたち花のバブル組』 (10年12月発売:同・119.6万部) に次いで3作目の文庫ミリオン作品となりました。


・ 現在TBS系で放送中のドラマ版『下町ロケット』(毎週日曜 後9:00)も、ものづくりにすべてをかける町工場が大企業に立ち向かう姿を痛快に描き、阿部寛演じる主人公・佃航平をはじめとするキャスト陣の熱演もあって、視聴率も初回16.1%→第2話17.8%→第3話18.6%→第4話17.1%→第5話20.2%と右肩上がりです。 22日放送の第6話より後半パート「ガウディ計画編」もスタートし、テーマは、ロケットから人体へと移り変わります。


・ そのほか、総合部門にあたるBOOK部門では、先週の79位から大きく上昇した『世界はひとつ旅するディズニー塗り絵』(9月3日発売)が10位(週間売上1万2949部)


             『世界はひとつ旅するディズニー塗り絵』a
 

・ “塗り絵”または“ぬりえ”と表題にうたった書籍は、これまで多数発売されていますが、2008年より調査・発表開始の当ランキング同部門でTOP10入りを果たすのは初となります。





 「ボージョレ・ヌーボー風呂」も解禁 !?

・ フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が19日に解禁となりましたが・・・。


       「ボージョレ・ヌーボー風呂」a


・ 神奈川県箱根町にある温泉施設では、解禁を祝い、フランスから届いたばかりの 「ボージョレ・ヌーボー」 が温泉に投入されました。

・ この「ボージョレ・ヌーボー風呂」は、今年で10年目を迎えるといいます。





             これ・・・ぬりえ ?  いろぬり ? 


    moomin ぬりえa

               えっ、恥の上塗りでしょうか。


    

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード