時はいつの日にも 愛しき恋人 ・・・ !

 12月のイラストa  明日から、12月・・・師走、師馳(しわす、しはす)です。

・ 「しはす」の語源は、古いことなので分かりません。 「大言海」は、「歳極(トシハツ)ノ略轉カト云フ、或ハ、萬事爲果(シハ)つ月ノ意、又、農事終ハル意カ」と言い、また「十二箇月ノ名ハ、スベテ稻禾生熟ノ次第ヲ逐ヒテ、名ヅケシナリ」(「睦月」の項)と言っています。

・ なお、僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさから、という平安時代からの説(色葉字類抄)がありますが、これは語源俗解(言語学的な根拠がない、あてずっぽうの語源のこと)で、平安時代にはすでに、「しはす」の語源は分からなくなっていたのです。




    カトレアa


● 12月の花 - カトレア

・ 花名のカトレア ( Cattleya ) は、この属の最初の収集者で最初に開花に成功したウィリアム・カトレー (William Cattley )にちなんで名づけられました。

・ 交配によって多くの品種が栽培されていますが、大きく華麗な花が多いことから 「ランの女王」 と呼ばれています。



● 花言葉は・・・「優美な貴婦人」 「成熟した大人の魅力」





            くもったガラス窓a

  
            雨音に気づいて 遅く起きた朝は
           まだベッドの中で 半分眠りたい
           ストーブをつけたら くもったガラス窓
           手にひらでこすると ぼんやり冬景色

           今にもあなたが 白い息をはき
           通りをわたって この部屋に来る気がして

           時はいつの日にも 親切な友達
           過ぎていく きのうを 物語にかえる

           もうすぐ来るクリスマス
           思い出の日には
           また会おうと云った
           もう会えないくせに

           今でもうしろを ふとふり返れば
           あなたが笑って たってるような気がして

           時はいつの日にも 親切な友達
           過ぎていく きのうを 物語にかえる

           時はいつの日にも 親切な友達
           時はいつの日にも 親切な友達 ・・・




   雨は夜更け過ぎに・・・ 雨は雪にaa 雪へと変わるだろう


  

 日本最東端駅、緯・経度にずれ ・・・ JR北海道の東根室駅

・ 「日本最東端の駅」として知られるJR東根室駅(北海道根室市)の看板に表示されている緯度と経度が、2002年に改正測量法が施行される前の旧基準のままで、ずれていたことが分かりました。 JR北海道は「今後、表示を修正する予定」とか・・・。


         日本最東端の駅標


・ 東根室駅のホームの看板には「日本最東端の駅」との表示に続き「東経145度36分05秒、北緯43度19分18秒」と書かれています。 この緯度と経度は国土地理院の地図では、約400メートル南東に離れた住宅地を指し示します。

・ 同じ地図で、東根室駅の新基準の緯度と経度は「東経145度35分50秒、北緯43度19分24秒」と表示されます。



    mパパa  +15秒や-6秒の違いでで世の中が変わる ?

     ・・・と云うことではございません・・・です。 ハイ


  

 ダビンチの「美しき姫君」は贋作・・・レジ係がモデルと、イギリスの贋作制作者主張

・ イギリスで最も悪名高い絵画の贋作制作者の1人が、レオナルド・ダビンチの作品と考えられている絵画について、自らが描いたと主張しています。

・ イギリス紙タイムズ(Times)の日曜版が報じたところによると、この制作者は、作品 「美しき姫君(La Bella Principessa)」 をスーパーマーケットのレジ係をモデルに描いたと話しているとか・・・

 ・ 「美しき姫君」 をめぐっては、ダビンチが15世紀に制作したとの見解で専門家らの意見は一致しています。 しかし、これまでにも贋作を複数制作しており、有罪判決も受けているショーン・グリーンハル元受刑者は、イギリス・イングランド北部ボルトンのスーパーマーケットで働いていた時に、自分がチョークとインクを使って描いたと主張しているのです。

・ 同紙に掲載されたグリーンハル氏の新刊「A Forger's Tale」によると、同氏は、「コープ(スーパーマーケットの名称)で働いていた1978年に自分がこの絵を描いた」としており、「『シッター』は、レジ係のサリーという名の少女をモデルにした」とも述べています。

 ダビンチa ・ 横顔の金髪女性が描かれた同作品をめぐっては、専門家らが2008年に「レオナルド・ダビンチによる卓越した絵画作品」と結論づけているのですが・・・。 評価額は約1億5000万ドル(約185億円)。

・ 最近の研究では、作品に使われているチョークの顔料が少なくとも250年前のものであると示唆されていましたが、これに対しグリーンハル氏は、鉄分豊富な粘土質の土を採取し、妥当な年代の有機素材を用いて、独自の顔料を作ったと主張しています。


 『美しき姫君』 (La Bella Principessa)15世紀後半に描かれたとされている絵画

・ 盛期ルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの真作ではないかという可能性が論議されている肖像画です。 この作品は羊皮紙にパステル、ペンとインク、淡水彩など、複数の絵画技法を用いて描かれた作品で、大きさは 33 cm x 22 cm です。


              美しき姫君2


・ 『美しき姫君』は2007年に現在の所有者が購入し、この作品に対してマルチスペクトルスキャンを実施してデジタル解析を行いました。 その結果、ダ・ヴィンチの未完の絵画『荒野の聖ヒエロニムス』に残っている指紋と「酷似した」指紋を『美しき姫君』 (画面左上部の赤い円で囲まれた箇所) から発見しました。

・ オクスフォード大学名誉教授・美術史家マーティン・ケンプは『美しき姫君』に関する書物で、この作品に描かれている女性はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァと愛妾ベルナルディーナ・デ・コラーディスとの娘ビアンカ・スフォルツァであり、のちに『美しき姫君』と改名された作品であるとしています。


・ 『美しき姫君』の存在が最初に知られたのは、1998年にニューヨークで開催されたクリスティーズのオークションです。 このときには19世紀初頭ドイツ人画家による『ルネサンス風のドレスを着た少女の横顔』として出品され、19,000ドルの価格で落札されました。

・ 2007年に再度別人に売却されて、その後スウェーデンのヨーテボリで開催された展覧会に出品されたときには、ダ・ヴィンチの真作であれば16,000万ドル以上という評価額が提示されました




                  ダ・ヴィンチa

      「Simplicity is the ultimate sophistication.」

           (シンプルであるということは究極の洗練である)」





   mパパa  なるほど   それで頭髪もシンプルに・・・ ?



 世界で最も高価な5つの宝石

・ かつて、エリザベス・テイラーはこう言いました・・・

 「 私が宝石に魅了されるのは、それが自分のものだからではないわ。 輝きを所有することなんてできないでしょう。 それを見て、うっとりするだけなの 」


・ 地球上には4,000以上の鉱物が存在しますが、その多くは、実生活で目にする機会はほとんどありません。 聞き覚えのある名前もあれば、ついネットで検索したくなるものもあるでしょう。

・ では、世界で最も高額な5つの宝石を、その由来と鉱物学的解説を紹介・・・。


 ※ 価格は1カラットあたりの価格

 第5位:ダイヤモンド

・ 価格:1万5,000ドル(約180万円)

          ダイヤモンドa

・ ダイヤモンドは最も知名度の高い宝石のひとつで、ほとんどの婚約指輪に使用されています。 

・ ダイヤモンドは純粋な炭素で、ダイヤモンド結晶構造と呼ばれる特殊な立方格子が配列してできています。 その構造のために、ダイヤモンドは非常に硬く耐久性があるのです。 

・ ダイヤモンドは10億~30億年の歳月をかけて生成されたキンバーライトという岩石に含まれています


 第4位:セレンディバイト

・ 価格:1万8,000ドル(約220万円)

          セレンディバイトa

・ セレンディバイトは極めて希少な宝石で、その鉱物はもともと1902年にスリランカで発見されました。 

・ 複雑な化学式のイノケイ酸塩鉱物で、カルシウムやホウ素、アルミニウム、マグネシウムなどを含みます。 セレンディバイトは最近ミャンマーのモゴクでも見つかっています。


 第3位:グランディディエライト

・ 価格:2万ドル(約250万円)

          グランディディエライト2a

・ グランディディエライトはとても希少な宝石で、1カラット当たり2万ドルするものもあります。 

・ 最初に発見されたのは1902年、場所はマダガスカル島でした。 通常、アルミニウムとホウ酸を多く含む岩石の副成分鉱物として見つけられます。 真珠のような艶を放ち半透明で青みがかった緑色をしています。


 第2位:ターフェアイト

・ 価格:3万5,000ドル(約430万円)

            ターフェアイト

・ この宝石が最初に発見されたのは、1945年、アイルランドのダブリンで既にカット研磨加工が施された後でした。 当時この宝石は、スピネルという誤ったラベルを付されていましたが、調査の結果、それまで確認されたことがない新しい宝石だということがわかりました。 

・ スピネルとターフェアイトの主な違いは、スピネルが単屈折であるのに対し、ターフェアイトが複屈折である点です。 スリランカやタンザニアの砂鉱床で産出されます。


 第1位:レッドダイヤモンド

・ 価格:100万ドル(約1億2,000万円)

           レッドダイヤモンドa

・ 世界で最も高額な宝石第1位は、1カラット当たりの価格が100万ドルのレッドダイヤモンド。 これまでに発見されたレッドダイヤモンドは、世界中で30個以下です。 そのほとんどは0.5カラットに満たないのです。 

・ レッドダイヤモンドの赤色は結晶格子の塑性変形によるものです。 有名な5.11カラットの「ムサイエフ・レッド」は、これまでに発見されたレッドダイヤの中では最も大きく、2011年に800万ドル(約9億8,000万円)で購入されました。




     クリスマス近し !  プレゼントに一粒いかがでしょうか・・・・ ?

     えっ、この件については・・・
 みないa





         時はいつの日にも 親切な友達 ・・・ ?


           ムーミンパパ時計a

         いいえ、時はいつの日にも 愛しき恋人 ・・・




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード