それで、 How much ?

  
 12月最初の週末、いかがお過ごしでしたでしょう。

 今日のサツポロは
サ・ム・イ・・・!



 最近はクリスマス全盛に押されも、オジサン支持 ? で、熱く盛り上がるのは・・・ ?


          忘年会タイトルa


 忘年会 は、年内の苦労を忘れるために年末に行われる宴会ですが・・・。 宗教的意味付けや特定行事様式の無い日本の風俗と云えます。


         忘年会1


・ 「年末にその年の慰労を目的として執り行われる宴会」という意味付けでは、台湾の尾牙、中華人民共和国の年会、大韓民国の送年会など、東アジア圏における共通の文化を見出すことが出来ます。
 
・ 英語文化圏においてはクリスマスと対比させた非宗教的な行事と理解され、End of Year Party、Forget the Year's Troubles Partyなどのほか単純にBounenkaiなどが充てられて、日本固有の文化として考えられる場合が多い。

・ 忘年会は自発的な結びつきによって担われる納会型のもの、交友関係や家族間で執り行われる年わすれ型のもの、戦後急激に伝播した企業忘年会型のものなど様々な形態があります。


・ 忘年会の起源 は、はっきりと判っていません。 いくつかの由来の異なる会合が次第にひとつに融合して生まれた多元的起源を持つ行事と考えられます。

・ 「としわすれ」 という言葉を用いた最古の例は、室町時代の皇族・伏見宮貞成親王の『看聞日記』で1430年(永享2年)12月21日の記録として出てくる 「先有一献。其後連歌初。会衆如例。夜百韻了一献。及酒盛有乱舞。其興不少歳忘也。」 という文章です。 

・ これは、年末に催された連歌会が大変に盛り上がり、その様子がまるで「としわすれ」のようだと述べたもので、この頃には既に民衆行事として「としわすれ」と呼ばれる、酒を飲んで乱舞する行事が存在していたことが分かります。

・ 江戸時代になって、特権階級の人々の中で一年の憂さを晴らす行事になったようです。

・ 近代の忘年会がお祭りムードに変化したのは明治時代からで、無礼講などの言葉とともに広まっていきました。



            おつかれさま




 キリスト生誕地のツリー点灯

・ ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムにあるキリストの生誕地とされる聖誕教会前の広場で5日夜、クリスマスツリーの点灯式が行われました。


         キリスト生誕地のツリー点灯a


・ ツリーに電飾がともると、広場に集まった人々からは歓声が上がりました。




 降誕教会 は、パレスチナベツレヘム県ベツレヘムに位置するキリスト教の教会です。 聖誕教会ともいいます。

・ 2012年にユネスコにより世界遺産(危機遺産)に登録されました。


            聖誕教会


・ イエス・キリストが生まれたと伝承される洞穴を中心として、その上に立てられている聖堂を、ローマ・カトリック(フランシスコ会)、東方正教会、アルメニア使徒教会が区分所有しています。


              キリストの誕生の地a


・ コンスタンティヌス1世の時代に、イエス・キリストが生まれたとされていた洞穴の上に聖堂の建設が始められ339年に完成しました。 この聖堂は6世紀の火災で失われ、モザイクの床がわずかに現存するのみです。

・ 再建はユスティニアヌス1世の時代に行われ、この6世紀の聖堂が基本的に現存する聖堂に受け継がれています。

・ 聖誕教会に隣接してローマカトリック教会(フランシスコ会)により聖カテリナ教会が1882年に建てられ、その後モダンな教会堂に改築され、現在クリスマス・イヴに世界へ向けてテレビ放送される生誕記念のミサはそこで行われます



  
  キリスト生誕の本家本元 ? は、こちら~でございます。 

  キリスト キリストご本人も ・・・

   「世界中でこんなに祝われるとは・・・」 感激の涙です。


   しかし、昨今の主役は・・・ 

   サンタクロースとクリスマスケーキ サンタクロースさんでございますよ。


   レ・ミゼラブル  プレゼント大作戦に負けたぁ~   キリスト 
 

  

 コロンビア沖に沈む財宝船発見 ・・・ 300年の謎に終止符

・ カリブ海で約300年前にイギリス艦隊によって沈められた、金や財宝を積んだスペイン海軍のガレオン船、サンホセ(San Jose)号が発見されことをコロンビアのサントス大統領が発表しました。

・ 発見現場に近い北部カルタヘナでの会見でサントス大統領は、「人類史上、最も価値ある発見物」 と述べています。


         コロンビア沖に沈む財宝船発見a


・ サンホセ号の捜索は、トレジャーハンターらにより数十年にわたって行われていました。 その間、多くの沈没船が見つかったものの、サンホセ号の沈没地点だけはこれまで不明でした。

・ スペイン継承戦争さなかの1708年6月、船を奪おうとするイギリス艦隊との戦闘の末、同船はコロンビアのカリブ沖にあるロサリオ諸島近くの海に沈みました。 船は、金や銀、その他の財宝をアメリカ大陸の植民地からスペイン王フェリペ5世のために運ぶ船団の主船でした。

・ サントス大統領によると、専門家らは11月27日に船をサンホセ号と特定。 銅製の大砲に刻まれていたユニークなイルカの図柄が特定の決め手となったとか。 船は海底で横倒しになった状態とか・・・。



    おお、サンホセ号さまさま ・・・ で、時価にすると How much ?



    世の中、お金がすべてではないよ。 愛こそすべて・・・!!


              ムーミンタンブラーa


                それで、 How much ?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード