まずは、ともあれ・・・・愛しき人に !

  
  
 何となく、気ぜわしい年末になってきました。

 昨日、今日と2日間、 「EXILE」 のドームツアーが札幌で開催。

 地下鉄は若者でいっぱい・・・・。


 

 明日からは・・・いよいよ、クリスマス ウィークです。


          merry_xmas2.jpg


  子どもたちの期待が高まるプレゼント ・・・ さて、サンタさん、準備は ?

  
 クリスマス サンタクロースa  サンタの贈り物 ・・・ トップは知育玩具。 ゲームソフト抜く 


      知育玩具a


・ クリスマスは学べるおもちゃをプレゼント? 玩具メーカー「バンダイ」のインターネット調査で、親が子に贈る今年のクリスマスプレゼントは「知育玩具」がトップとなり、長く首位だった「ゲームソフト」を初めて抜きました

・ 調査は1995年から毎年実施。今年も11月、12歳以下の男女各400人と、その親を対象に調べました。

・ 「親から子へのクリスマスプレゼント」は知育玩具(13・5%)が初の1位で、昨年まで13年連続トップだったゲームソフト(13・1%)は2位でした。

・ ぬいぐるみ・人形・フィギュア・ロボット(10・4%) ▽車玩具(7・8%) ▽絵本・本・図鑑(7・0%)と続き、6位のブロック・パズル(6・5%)は昨年の11位から急上昇です。

・ 担当者は 「少子化で、遊び相手が友達より親という未就学児が増えたという結果もある。 家の中で指先を動かして脳に刺激を与えたり、言葉や数を1人で学んだりできるおもちゃが、親子にとってありがたいのではないか」 と話しています。


         知育玩具2a


・ 室内で水を使わずに砂遊びができるおもちゃや、タブレット端末に似た操作で文字や計算、英単語などが学べるおもちゃなどが売れているとか・・・

・ プレゼントの平均予算は6512円(昨年比393円減)。 価格帯では「5千円以上、6千円未満」 (48・0%) が最も多く、次いで「1万円以上、1万5千円未満」 (18・3%)、「3千円以上、4千円未満」 (12・3%) でした。



  現代のお子様はシビアでございますよ。 くれぐれも万全の準備を ・・・ です。 ハイ


 present クリス ● プレゼントの起源 ・・・古代ローマのお祭りであるサトゥルナリア祭(サトゥルヌス祭)が起源と言われています。

・ 農耕の神サトゥルヌスのお祭りでギリシャ神話ともつながりがあります。 このお祭りの間、奴隷も自由民も身分の差はなく無礼講で楽しんだそうです。

・ じつは、このお祭りの開催される時期がとても重要で、この時期はちょうど冬至の時期にあたります。 長い冬が折り返し地点になる冬至に、冬のために蓄えた食料を使用してたっぷりごちそうを作ります。

・ そして、そのごちそうを隣近所で分けあい、残りの冬の期間を元気で乗り切ろうとしていました。

・ この時に、親しい人同士でろうそくや小さな人形を贈物として交換したのが、クリスマスプレゼントの発祥と言われています。

・ その後、ローマはキリスト教を国教と定めました。 そして、異教徒と対立することなくキリスト教を受け入れさせるために、このサトゥルナリア祭をクリスマスとして慣習化させたのです。


 東方三博士a ・ この習慣はキリストに賢人が贈り物をしたことに名残りがあります。

・ キリストが誕生したとき、東方の三賢人(ガスパール、メルキオール、バルタザール)が外国から訪れ、金と乳香と没薬の贈り物をしました。

・ 人に「優しく」したり「親切」にすることは、キリストに贈り物をしていることになると言われているのです。 それにより、お互いを思いやり、プレゼントを交換することが習慣化していきました。

・ これが現在のクリスマスプレゼントを贈る意味となっています。



   まずは、ともあれ・・・・愛しき人に  For you


 
 有力3誌が特集競う・・・週刊誌が元旦に特別号  セブン限定で販売

・ 有力週刊誌の「文春」、「現代」、「ポスト」が、2016年1月1日に元旦特別号を発行します。 販売はコンビニ首位のセブン―イレブン・ジャパンの限定販売です。 いずれも40代以上の読者を狙って、読み応えのある特集記事を競うようです。


         セブンイレブン限定発売の「週刊文春」a


・ 出版業界は12月下旬に増刊号や臨時号を出し、年末年始は休むのが慣習になっていますが、雑誌売り場を活性化したいセブンが「特別な一冊」を要請。 15年の元旦に実現した文芸春秋に加え、新たに講談社と小学館が応じました。

・ 16年元旦号は文春が430円、現代とポストは500円。 計30万部弱の予定で、全国の約1万8千店舗で取り扱います。


 
  寝正月を決め込むオジさんたちへの朗報 ? ・・・ すぐに買い求めなれば・・・ですか。

     
  
 来春より連載開始、漫画 『NARUTO』 ・・・ 次世代描く新作 『BORUTO』 


     『BORUTO-ボルト-』a


・ 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1999年9月より連載をスタートし、アニメ化&映画化もされ海外でも高い人気を誇る漫画 『NARUTO-ナルト-』。 

・ 昨年11月に連載700回で幕を下ろしましたが、主人公・うずまきナルトの息子・うずまきボルトらの世代の活躍を描く 『BORUTO-ボルト-』 が、来春から毎月1回、同誌で連載されることになりました。

・ 待望の新作 『BORUTO-ボルト-』 は、原作・監修を 『NARUTO-ナルト-』 の作者・岸本斉史、脚本を小説家の小太刀右京、漫画を池本幹雄が担当します。 

・ 今年8月には、ボルトの活躍を描いた映画 『BORUTO-NARUTO THE MOVIE-』 が公開され、シリーズ歴代最高の大ヒットを記録していますが、活躍の場を“ホーム”の 『少年ジャンプ』 に戻し、新たな物語を展開していきます。


         『BORUTO-ボルト-』ティザーカットa


・ 同誌公式ウェブサイトでカウントダウンが表示されていた 「COUNT DOWN TO NEXT GENERATION」 ページでも、連載開始を告知されました。



     えっ、カマボコ が ネジ に・・・・とお考え ? ナルト2




 
             すこし季節がちがう ? 


          ぷれぜんとa


            南半球は・・・ナツだものね。           






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード