明日は・・・冬至ですね。

 
 小雨が舞い落ちる週明け・・・相変わらずの悪路になりました。

 12月も残すところ・・・10日です。


             冬至a

              カボチャを食べますか ?
           

 さて、今年は・・・と顧みるまえに、クリスマスというイベントがございます。

 そろそろ、プレゼントを持ったサンタクロースが現われる頃 ・・・ ?

 
  



              サンタa

             さあ あなたから メリー・クリスマス
            わたしから メリー・クリスマス
            Santa Claus Is Coming to Town
            ねえ 聞こえてくるでしょ
            鈴の音がすぐそこに
            Santa Claus Is Coming to Town

            待ちきれないで おやすみした子に
            きっとすばらしい プレゼントもって
            さあ あなたから メリー・クリスマス
            わたしから メリー・クリスマス
            Santa Claus Is Coming to Town

            さあ あなたから メリー・クリスマス
            わたしから メリー・クリスマス
            Santa Claus Is Coming to Town
            ねえ 聞こえてくるでしょ
            鈴の音がすぐそこに
            Santa Claus Is Coming to Town

            クリスマス・イブを 指おりかぞえた
            幼ないおもいでも こよい なつかし
            さあ あなたから メリー・クリスマス
            わたしから メリー・クリスマス
            Santa Claus Is Coming to Town
            Santa Claus Is Coming to Town!

            待ちきれないで おやすみした子に
            きっとすばらしい プレゼントもって
            さあ あなたから メリー・クリスマス
            わたしから メリー・クリスマス
            Santa Claus Is Coming to Town



       そりに乗ったサンタクロースa




 今日、12月21日は「遠距離恋愛の日」・・・です。


       こいびとa


・ 日々、働いていると、恋人に会う時間を作るのもなかなか大変なものです。 ふたりの予定が合わなくて、気が付いたらしばらく会っていない・・・そんなことも起こりがち。

・ それが遠距離恋愛となれば、さらにハードルがあがります。 「今から会える?」など突然の誘いはムリなワケです。
 
・ 日本記念日協会の公式サイトによると、「遠距離恋愛の日」は、遠距離恋愛中のカップルにエールを送る日とされているとのこと。 12月21日の「12」と「21」の両端の1がひとりを表し、中央の2がふたりを表しているらしい・・・♪

・ 「遠距離恋愛の日」の発案者については諸説あるようです。あるラジオアナウンサーが発案したといわれていますが、それ以前に女子高生たちの間で都市伝説としてウワサになっており、それが広まったという説もあるとか・・・。



  まあ、もうすぐ年末年始の休み。

  遠距離恋愛中の恋人たちもゆっくり会えるのではないでしょうか ? 




 「週刊文春」に初の女性版「週刊文春 Woman」が登場

・ 文藝春秋は2016年1月1日、「週刊文春」 初の女性版 「週刊文春 Woman 2016 新春スペシャル限定版」 (税込430円) を 「セブン-イレブン」 店舗とセブンネットショッピングで発売されます。


           週刊文春 Woman


 「週刊文春 Woman」 は、社内の女性編集者が中心となって編集した完全女性目線の週刊文春。 井粼編集長は入社17年目。 1959年の週刊文春創刊以来、臨時増刊を含めて初の女性編集長となるとか・・・。

・ 内容は、ラグビー日本代表の五郎丸歩選手が登場する巻頭カラーグラビア 「新春美男図鑑」、ジェン・スーの巻頭言「私を『女』で括らない週刊文春じゃなかったの?」、「新春ワイド」のスクープ、「週刊文春」皇室担当記者がスクープの裏側を初めて明かす座談会「平成女性皇族 妻として母として女として」など。

・ また長年のファンにうれしい「清水ちなみ あの頃、私はOL委員会だった」、「ナンシー関 『テレビ消灯時間』スペシャル再放送!」 も。 桐野夏生の書き下ろし小説「悪い妻」も一挙掲載するといいます。

・ 井粼編集長は「『文春もついに女性活用か』と、思っていただいて結構です(笑)。 こんな時代じゃないと、『女性版 週刊文春をつくってみたい』 というプランは通らなかったと思うので」 とコメントしております。





                 今年もサンタは来る ?

          プレゼントは


           う~ん、プレゼントは用意したらしいよ !



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード