来年が、すぐそこまで ・・・ ?

  
 寒さに身震いします。 今年も残すところ2日です。

 休暇になった会社が多数のためか、暖房の排気が減って寒気も一段と増すようです。

 29日は苦を払う・・・で、正月関係の準備は一休止。 掃除に精出す日柄とか・・・。

 と言っても、現代では忘れられる縁起でしょうか。
 


 正月は日本文化の集大成で、縁起をかつぐ物事がいろいろで・・・・。


 正月行事・風習の由来
 
・ 時代が変わっても、正月行事や風習は受け継がれていますが、それぞれに深い意味が込められています。

【大掃除】  

               大掃除

・ 年神様をお迎えする前に、神棚や仏壇、家屋を清めます。 1年間にたまったほこりを払い、隅から隅まできれいにすると、年神様がたくさんのご利益を授けてくださるそうで、12月13日に江戸城で行っていた「すす払い」に由来します。 すす払いから正月準備が始まるので、12月13日を「正月事始め」といいます。


【門松】

・ 年神様が迷わずやってくるための案内役であり、年神様がいらっしゃる目印として、玄関前に飾ります。 古来より松は神の宿る木とされており、古くは庭先に一本松を置いていました。 やがて門のところに雄松と雌松を左右一対に並べるようになり、さらに縁起物の竹や梅が添えられるようになって現在に至ります。

・ 門松を飾っておく期間=年神様がいらっしゃる期間となるので、これを「松の内」(一般的には1月7日まで)といい、年始の挨拶や年賀状のやりとり、初詣をするのも松の内とされているわけです。


【注連縄(しめなわ)/注連飾り】

               注連飾り

・ ここは年神様をお迎えする神聖な場所という意味で、注連縄を張ったり、注連飾りを飾ったりします。


【鏡餅】

・ 年神様へのお供えものであり、依り代。正月に固い餅を食べる「歯固め」という儀式に由来します。 鏡餅という名は、神様が宿るところとして神事に用いられる円形の鏡からきており、丸餅は魂も表しています。

               鏡餅

・ また、大小2段で太陽と月、陽と陰を表しており、円満に年を重ねるという意も込められています。


【年越し蕎麦】

・ 細く長く長寿であるよう願い、大晦日に食べます。 江戸の町人の間で慌ただしい月末に手っ取り早く食べられるそばを好んだ「晦日そば」という風習が大晦日にだけ残ったもので、日本各地で細く長く長生きできる「寿命そば」、運がよくなる「運気そば」、金運上昇の「福そば」、苦労ごとと縁が切れる「縁切りそば」といった呼び名やいわれがついて親しまれるようになりました。

                年越し蕎麦

・ 薬味のネギは、疲れをねぎらう意の「労ぐ(ねぐ)」、祈るという意の「祈ぐ(ねぐ)」、お祓いしたり清めたりする神職の「祢宜(ねぎ)」という言葉にかけ、1年間の頑張りをねぎらい、新年の幸せを祈願する意味があります。


【除夜の鐘】

・ 大晦日は、年神様を寝ずに待つ日とされていました。 その前にお祓いをするために、寺院では深夜零時をまたいで108回鐘を打ち、108つあるという人間の煩悩を祓います(十二か月と二十四節気と七十二候を合わせた数で108という説もあります)。

・ 神社では罪や穢れを清める「大祓(おおはらえ)」「年越しの祓」を行います。


【初日の出】

・ 初日の出は、新年の幕開けの象徴です。 

                初日の出

・ 年神様は日の出とともにやってくるという説もあり、見晴らしのいい場所へ出掛けて、その年最初の日の出を拝むようになりました。 とくに山頂で迎える日の出を「御来光」といいます。


【おせち】

・ 年神様に供えるための供物料理。 もともとは、季節の節目に行う節供の料理を「御節供」「御節料理」といい、やがて正月だけをさすようになりました。

                おせち 

・ かまどの神様を休めるため作りおきできるものが中心で、家族の繁栄を願う縁起物が多く、めでたさが重なるよう重箱に詰めます。


【おとそ】

・ 新年も健やかに過ごせるよう、邪気を祓い不老長寿を願ってのむ薬酒。 「お屠蘇」と書き、邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇らせるという意味があります。


【雑煮】

・ 年神様に供えた餅を下ろして頂くための料理で、食べることで新年の力(年魂)を頂戴します。 もともとは、酒宴の前に食べて胃を安定させるための前菜料理で、臓腑を保護するため「保臓(ほうぞう)」と呼ばれていたという説もあります。 やがて、お餅を入れて雑多なものを煮込む「雑煮」となり、各地の特色がでるようになりました。


【若水(わかみず)】

・ 年神様に供えたり雑煮を作ったりするために、新年に初めて汲む水のことで、これを飲むと1年の邪気も祓えるといわれています。


【お年玉】

・ 新年の力(年魂)の象徴である年神様の魂が宿った餅玉を家長が家族に分け与えたのが始まりで、「御年魂」「御年玉」と呼ばれるようになりました。

               お年玉


【年賀状】

・ 年頭に祝賀を交わすために、当初は先方に出向いて年賀のあいさつをしていましたが、あいさつに行けない人は手紙を送るようになり、やがて現在のような年賀状を送る習慣となりました。


【初詣】

・ 年の初めにお参りすると、新年の幸福が増すとされています。

                 祈願 

・ 本来は、自分たちが住んでいる地域の氏神に新年の挨拶をするものですが、やがて、ご利益を求めて年神様のいる方角の社寺にお参りする「恵方参り」をしたり、有名な社寺にお参りするようになりました。


【書き初め】

・ 新年の抱負や目標をしたためます。 「吉書」ともいい、年神様のいる恵方に向かって祝賀や詩歌を書いたことに由来します。 本来は事始めの1月2日に行います。


【初夢】

・ 初夢にその年の運勢が表れるとされたことから、夢の内容で新年の運勢を占いました。 吉夢を見るために宝船や獏の絵を枕の下に敷いたり、回文を唱えたりします。


【七草粥】

・ 1月7日に七草粥を食べると、1年間病気にならないと言われています。 本来は「人日の節句」という五節句のひとつですが、正月のご馳走で疲れた胃腸をいたわる効果もあります。
 

【鏡開き】

・ 年神様の拠り所だった鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、無病息災を祈ります。 また、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、お正月に一区切りつける意味もあります。 本来は1月20日でしたが、徳川家光の月命日と重なるため、仕事始めと同じ11日に変更されました。


【小正月】

・ 1月15日に小豆粥を食べて無病息災を祈ったり、柳の木に紅白のお餅をつけた餅花(まゆ玉ともいう)を飾って豊作を祈願します。 その昔この日を正月としていた名残で、元日を「大正月」、1月15日を「小正月」と呼ぶようになりました。 元服(現在の成人式)が行われたのもこの日です。

・ 大正月が年神様をお迎えする行事なのに対し、小正月は豊作祈願や家庭的な行事が多いのが特徴で、松の内に多忙をきわめた女性をねぎらう休息日として「女正月」とも呼ばれています。


【左義長・どんど焼き】

・ 1月15日の小正月に正月飾りや書き初めを燃やす行事で、その煙に乗って年神様が天上に帰ってゆくとされています。 「左義長」は、三毬杖(さぎちょう)という青竹で正月飾りを焼いたことに由来しますが、「どんど焼き」「とんど」など各地に様々な呼び名があります。 

                  どんど

・ この火で焼いたお餅などを食べると無病息災で過ごせる、書き初めの火が高く上がると字が上達するなどと言われています。


・ このように年神様を見送って正月行事も無事終了となるので、1月15日を「正月事じまい」といい、15日までを「松の内」とする地方もあります。



  いろいろな正月行事ですが、一連の由来を知っておくと、心豊かに過ごせそう ! 

  新年もよい年となりますように・・・ !




 「ウィンナー」と「ソーセージ」の違いをあなたは知っていますか?

・ このふたつ、明確に使い分けている!という人はかなり通なイメージ。 なにが違うんでしょう? ちょっと調べてみました。


「ソーセージ」と「ウインナー」の違い

「ソーセージ」とは、”腸詰め”のこと

         ソーセージa

・ 一般的には、塩漬けされた肉を挽き、これを香辛料等によって味付けして腸に詰め、乾燥、または燻製することによって作られます。 ソーセージの語源は諸説ありますが、salsus(ラテン語で「塩漬けされた」の意)が語源だという説が有力なようです。


「ウィンナー」は、そのなかの一種

・ つまりは「ウィーン風」という意味。 正式には「ウィンナーソーセージ」と呼ぶそうです。 では、どんなソーセージがあり、どんな違いがあるのでしょう? 

            ソーセージとウインナーa

・ 日本農林規格(JAS規格)にはその基準がこう記されています。

01.ウィンナーソーセージ

・ ケーシング(動物の腸、なかには人工のものも)には、羊の腸が使用され、太さが20ミリ未満のもの。

02.フランクフルトソーセージ

・ 豚の腸が使用されており、太さが20ミリ~36ミリのもの。

03.ボロニアソーセージ

・ 牛の腸が使用され、太さが36ミリ以上のもの。



日本で親しまれるようになったのは、第一次世界大戦時から

・ では、ソーセージはいつ頃日本に伝わったのでしょうか。 そのルーツは、第一次世界大戦時まで遡ります。 千葉市に新設された農商務省畜産試験場の求めに応じて、捕虜として収容所に連れられてきたドイツのカール・ヤーンら5名のソーセージ職人が、ソーセージの作り方を伝えたと言われています。


お弁当用の赤いウインナーは日本発!その理由は…

・ ところで、お弁当に入っているウィンナーといえば真っ赤なウィンナーが定番。 実はあれ、日本発祥なんです。 昔は、材料にいい素材を使えなかったので、発色の悪さを隠すために表面を赤く着色したウィンナーを作ったのだそう。

・ この日本独自のものも、日本製のアニメなどで海外に広まっています。


魚肉ソーセージも日本のアイデア!

・ 大正時代に地方の水産試験場で試作されたのが始まりといわれています。 昭和三十年代後半、卵一個が10円、コロッケ一個が5円の時代、魚肉ソーセージは130グラムで130円だったそうで、非常に高価なご馳走だったそうです。


みなさんもよく食べますか? ホットドッグの誕生秘話

・ ソーセージを使った料理で一般的なのがホットドッグ。 これは、寒い日にアメリカでソーセージを売っていたドイツ人が、熱々のソーセージを売ることを思いついたそうですが、そのまま熱くするだけだと持てないので、パンにはさんで売ったのが始まりだそうです。

             ホットドッグa

・ 海外では、ダックスフンドをウインナードッグなんて呼ぶ人もいますが、当初はホットドッグを「ダックスフンド・ソーセージ」と呼んでいたのだとか。 いつの間にか「ホットドッグ」になったそうです。



   羊、豚、牛の腸 ・・・ 人間の食欲は果てしなくですね。 



               ムーミンがやってきたa


               来年が、すぐそこまで ・・・ ?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード