まだ、北風がこの街に 雪を降らしています !

  
 2月a

 
 いよいよ、2月・如月 ( きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることも ) です。

・ 「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは関係がないのです。 

・ 「きさらぎ」という名前の由来には諸説あります。

· 旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣(きぬ)を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」

· 草木の芽が張り出す月であるから「草木張月(くさきはりづき)」

· 前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから「来更来(きさらぎ)」

· 陽気が更に来る月であるから「気更来(きさらぎ)」


  旧暦二月は新暦では3月ごろに当たり、梅の花が咲く時期です。



       
   ● 2月の花  マーガレット

   マーガレットa

   ● 花言葉  「恋を占う」 「心に秘めた愛」




  パパ考えるa 2月の訪れに春遠からじ・・・ですが、北の大地はまだまだ厳寒の季節です。

  遅い春を待ち望む気持ちは、一層のものがあります。

  暖かい陽ざしの中に、スパーク・ジョイ (ときめき) を感じましょう。




     冬の街a

        北風今 君がこの雪に気付いてないなら
       誰より早く教えたい 心から思った

       小さなストーブじゃ窓も 曇らないような夜
       毛布を鼻まであげて 君のことを考えるよ

       だけど知らないことばかりで 思い出せることは
       斜め40度から見た いつもの君の横顔だけ

       さっきより ひどく窓がないてる
       カーテンそっと開けて 僕は言葉なくす

       北風がこの街に 雪を降らす
       舗道の錆びついた 自転車が凍えている

       今君がこの雪に 気付いてないなら
       誰より早く教えたい 心から思った ・・・


       北風がこの街に 雪を降らす
       舗道の錆びついた 自転車が凍えている

       北風今 君がこの雪に気付いてないなら
       誰より早く教えたい 心から思った

       明日もし この雪が積もっているなら
       小さく好きだといっても 君に聞こえない ・・・



            北風aa

           北風 ~君にとどきますように~

  

  

 3日は節分!  豆撒きの仕方や時間帯にポイントがある !?

・ 3日は節分です。 節分にはどのような意味が込められているか、正しい豆の撒き方は知っていますか?


      節分


□ 季節の分かれ目という意味の「節分」

・ 現在、節分といえば2月3日か4日を指しますが、もともと節分とは季節の分かれ目や移り変わりを意味する言葉で、「立春、立夏、立秋、立冬」の前日を指していました。

・ この4つの季節の中でも冬から春を迎える「立春」は一年の始まりとされ、特にこの日を「節分」と呼ぶようになったと言われています。


□ 邪気を払うために撒く豆まき

・ 節分の日にすることといえば、豆撒き。 「鬼は外、福は内」といって撒くことは知っていますね。 では、なぜ豆を撒くのでしょうか。

・ 古くから季節の変わり目には「邪気が入ってくる」とされ、この邪気を追い払い、福を呼び込むために撒くと言われています。 そして豆といってもさまざまな種類の豆がありますが、なぜ大豆なのでしょうか。

・ これにも意味があります。 大豆は五穀のひとつで、お米などと同様、神事によく使われていました。 そして、豆撒きに使われている大豆は必ず炒ってありますが、その理由は生の豆の場合、撒いた後、芽が出てしまっては縁起が悪いからと言われています。


□ 行う時間帯は夜! 外に撒いたらすぐに窓を閉めて!

・ 豆の撒き方のポイントが2つあります。 まず豆撒きをする時間帯。 鬼は夜中にやってくるとされているため、夜に行うのがよいと言われています。 「鬼は外」と言って外に撒いたら、すぐに戸や窓を閉めることです。

・ すぐに窓や扉を閉めないと鬼が家の中に入ってくるからです。 「福は内」と言って部屋に向かって撒き、福を部屋の中にとどまらせることも忘れずに。 そして、豆撒きが終わったら、自分の年の数だけ豆を食べると縁起がよいとされています。 地方によっては年齢プラス1、もしくはプラス2とする場合もあります。



     節分のイラストa


・ 節分の日に食べる 「恵方巻き」 はある方角を見ながら黙って食べると縁起がよいとされています。

・ その方角は毎年変わるのですが、2016年は 「南南東の方角」 を向いて食べます!

・ 正式に言うと 「丙(ひのえ)の方角 南微東」 と言われ、南と南南東の間を指し、ほぼ南南東を向いて食べるということになります。

・ この 「恵方」 というのは歳徳神(としとくじん)という神様が居られる方向です。

・ 歳徳神さまはその年の幸運や金運を司る神様で、毎年居られる場所を変える神様なんだそうです。



 いわしの頭も、信心から~ですが・・・・。

 節分に込められた意味や風習を知って、日本の伝統文化を受け継いでいきましょう!




      dvdboxa.jpg

      季節の分かれ目 ・・・ ?  でも、寒いね !


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード